勝手に南外村観光局ーその1

民俗資料館→荒沢→滝

 いよいよ夏休みも終わりです。それでも30℃超え。本日も暑さしのぎにスーパーカブで南外村をちょっと走った。勝手に南外観光局派遣員として・・・。

 まずは南外村の民俗資料館。
P8190366.jpg
ここには、かつて南外村で使われた農機具などが集められて展示されている。その中でも「南外の仕事着」として絣を縫い込んだ作業着がたくさん展示されていて秋田県の民俗資料として重要なものとして指定されているようだ。
 絣の作業着を着た娘っ子がデザインされた缶バッジを作ってみた。
P8190364.jpg
もし、機会がありましたらぜひどうぞ。入館料無料という太っ腹であります。

 その後、荒沢地区から滝地区に向かう山道を走ることにした。道路がちゃんとしているのか心配したのだが問題なく通れた。アスファルトでばっちり舗装されている。
 峠の頂上で撮影した出羽丘陵(と、言っても南外の標高200メートルくらいの山)である。この35㎞向こうには由利本荘市がある。
P8190368_stitch.jpg
そして、どんどん山道を下って行く。
 それにしてもスーパーカブは下り坂でエンジンブレーキがきかない。クラッチのないギアだからかもしれない。ブレーキを踏み続けてブレーキパッドが焼き付くのも怖いのでローギアにして爆音を鳴らしながら恐る恐る下って行く。
 峠の上り1㎞、下りを1㎞都合2㎞ほど走ると滝地区に入る。今は亡き同級生や遠くに住んでいる6人ほどいた同級生の家の前を、彼ら彼女たちの顔を思い出しながら通過した。
 ほどなく、いわゆる滝地区の「滝」の名称がつく不動の滝に到着。そこを道路上から一枚。
P8190370.jpg
水量は少ないが子どもの頃から「滝」だと言って見に行った瀑布(ってもんじゃありませんが)をみることができた。

 こうやってみると南外村もすてたもんじゃありませんゼ。勝手に南外観光局の特派員報告その1を終わります。その2はあるかどうか・・・。

朝っぱらから例のあおり運転殴打事件ばかりのテレビである。昨日も書いたがけっして許される行為ではない。でも、そればっかりテレビがやっているのは・・・どうかと思う。
できればアベシンゾーのくだないゴルフはやめろとか、横浜のカジノ問題はガースーに配慮した選挙公約違反だとか、昭和天皇が南京虐殺はもれ聞いたと発言していたとか、オリンピックやめちまえとか・・・・。まだまだ伝えるべき内容があるだろう。まったくなぁ。

本日はこれにてブログは終了です。長い夏休みが終わりました。時間は風のように過ぎるもんですねぇ。

  茄子キュウリ枝豆トマト茄子インゲン村の実りは我が家に引っ越し
  五十パー拒否する世論調査ってあてにならぬと思っていいよ
  五十パー投票しない日本とは白紙委任か?それでいいのか?

海水浴もしない場所?

リベンジ?

 今日も30℃超え。
 「リベンジ」変なタイトルだが実は先日大失敗したのである。それの挽回をやろうとしたのがリベンジの正体。
 失敗は50CCのスーパカブで出かけたときである。あまり、暑いので南外村の山中を走ってみようと思った。ルートは南外村大和野から釜坂に向かう山道である。距離にすれば5㎞くらいか。
 そのルートに出るときにガソリンを確認しないで出かけた。この路線はグニャグニャと上り切ると次にズーッと下りるという単純なパターンだ。
 順調にバイクは登り坂を走る。もうすぐ頂上に着く頃にエンジンの調子がおかしくなった。ヤバイッ。おそらくガソリン切れだろう。タンクを確認するとチャポチャポと液体の音はする。しかし、エンジンはかからない。気持ちがあせっているので予備タンクのことなんかまったく考えることが出来ない。
 どうしよう。エンジンはかからなくてもニュートラルでもと来た道を下りられると思い100メートルほどエンジンをかけないで下る。で、一度エンジンをかけてみたら何と言う事でしょう。かかりました。
 そこでバイクをなだめながら自宅までなんとか到着した。そこでエンジンはストップ。

 本日、出発しようと思ってもエンジンはかからない。待てよ予備タンクがあるはずと思いコックをひねってみた。すると、かかったのです。何とかGSまでたどりつき満タンにしてもらう。
 で、リベンジです。山に向かう前に一枚写真を。
P8180364.jpg
この山間に向かって走ってゆく。
 日陰になると涼しいのであります。結局、完走してリベンジ終了。
 教訓。落ち着いてよく考えること。事前の準備はしっかりすること。以上です。ハイ


テレビニュースでは常磐道でのあおり運転一色。そりゃあ絶対に許せない行為である。
しかし、ほとんど報道されない裏ではとんでもないことが起きている。
その一つはUNKOまみれの東京五輪トライアスロン会場。考えてみるとお台場にある会場で海水浴をしている人なんかいないことに気づく。WHY?汚いからでしょう。そこのけそこのけ東京五輪が通る。やめてしまえとまたまた書いておきます。

次、外務省が森友問題の改竄で中心人物だったナカムラという男を駐英公使に発令したとのこと。アベシンゾーの悪だくみを隠蔽すればエラくなれるということをまたまたやったってことだ。
許されるわけがない。アベシンゾーよ早くやめてしまえ。と、またまたまたまた書いておきます。


本日はこれにてブログは終了です。

   大昔プラスチックは生きもので生き物の危機呼び込む「物」に

教育も破壊してゆく

今日もぐずぐずの天気

 台風10号の余波だと思うが降ったり止んだり。気温は30℃をいったりきたりで蒸し暑い。写真を撮るものもないので近くにある菊のはなのようなものを一枚。
P8170364.jpg


国語教育の危機

 今朝(2019.8.17付)の朝日新聞天声人語に高校の国語教育が新指導要領で大きな変化が出てくる可能性のことを書いている。その変化は悪い方向になるという危惧する内容だった。
 新指導要領による試験の例では行政のガイドラインや駐車場の契約書などの「実用文」が試験の例として出されているとのこと。天声人語氏がこの試験問題を見ると「これが国語か?」と思える内容だという。
 歌人の元高校国語教師の俵万智さんは「実用的な文章が読める力は必要だけど、そんなものを国語の教材としてえんえんと教えるとは」と述べているという。俵さんは続けて「言葉や表現の豊かさに、あえてふれさせない意地悪を、なぜするのだろう」ともいう。
 さらに俵さんは「短歌は31文字だが百字分でも千字分でも伝えられる。一方で百字で百字分伝えるのが契約書。それを国語で教えるのは「言葉を、現実を留めるピンとしか見ていない」と指摘している。

 ここまで読んで、アベシンゾーたちは教育の破壊(ばかりではなく日本を融かすような破壊も含めて)を次々におこなってきた。より、具体的に教育分野の破壊に踏み込んできたと思った。簡単に言えば彼らは勉強なんかしなくてもいいよ。と、言っているに等しいことをやろうとしている。つまり、国民は余計なことは知らなくてもいいよ。との意思表示に過ぎない。国民が普通に疑問を疑問として表現するようになればアベシンゾーたちは困るからだ。
 ついでに書いておけば小学校から英語を学ばせるなんてことは余計なこと、つまり無駄だとボクは考えている。これで勉強嫌いの子供たちが山ほど増えることだろう。それを狙っているとしか思えない。けっして英語教育を否定しているわけではない。英語は必要であることは間違いない。だが、学習する「時期と必要さ」が問題となるのだ。

 天声人語の結論は「教科書で出会わなかったら一生出会えない。そんな文学がある」と作家の小川洋子さんが語っていることを紹介。
 そして文学は「広い世界へ行くためのドア」になるのだと、自分の狭い世界、狭い価値観から解放されて。と、結んでいる。

 わかったかアベシンゾーたちよ。もっと広い世界観と価値観を持つべきなのだ。彼は「云々」を「でんでん」と読むくらいだから現代国語なんかは必要ないと考えているのか。と、ついつい勘ぐってもいる。

 で、私事になりますが「教科書で出会わなければ一生出会えなかったかもしれない」短歌を思い出した。
 それは先日発行された『かりん秋田 77号』という冊子にボクは「かりん」主宰者馬場あき子さんの一首鑑賞を二百字で書くことになった。
 馬場さんの短歌は山ほどあるなぁと思い何を選ぼうと思案した。そのときに高校一年生の現代国語の教科書を開いたらなんと言うことでしょう。短歌の部門に馬場さんの短歌が掲載されている。「これだっ」と思い早速引用して二百字を完成。
 我田引水ですがその時に書いた二百字を書いておきます。

『   むくむくと春の綿雲ふえてゆき桃咲き梅散り椿狂へり  馬場あき子
 高1の大修館書店「新編国語総合改訂版」に掲載されている一首である。春の綿雲の躍動感がまず詠われる。続いて地上では咲くものがあり散るものがあり狂い落ちるものありと花の有為転変とも言うべき世界が広がる。「椿狂へり」にたどり着いた時にはゾクッとした。そして、生きることの意味とは何かと考える。このような深い世界観の短歌を教わる高校生っていいなぁ』

 こんな内容である。二百字だけのスペースだからこれだけ。もっともっと書き込めば書くことが出来る。つまり、俵万智さんがいう31文字は百字でも千字でも思いを伝えたり書いたりすることが出来る。
 教科書で出逢わなければ一生会うことがなかった可能性が高い一首である。
 アベシンゾーよ早くやめてくれ。

本日のブログはこれにて終了です。

   実はその日々の課題の筋トレを最近サボってグータラなんです

送り盆

久しぶりの雨降り

 台風10号の余波と言いますか昼頃から雨が降り始めた。
P8160381.jpg
大曲の市役所からは災害の可能性があるとのメールも入ったがほとんど被害がなかったのでありがたい。ちょうど良い湿り具合をもたらしてくれたと思う。

とわちゃんとわかちゃんの夏休みももうすぐ終了。今日も朝から二人で我が家に遊びに来ていた。
夏休みの工作の手伝い。今日は「画用紙の版画」で鬼の顔を作ることにした。
B4ほどの画用紙を半分にして顔に。残りの半分は目や鼻や角や牙など顔のパーツにする。
要するに福笑いの要領で好きなように切り取った顔のパーツを糊付けしてゆく。乾いたら好きな絵の具をローラーで塗って半紙を置きバレンでこする。つまり画用紙の版画ができる勘定である。
こんな要領で1時間ほど楽しんだ。
で、できあがったのがこれ。
Marge001_20190816214314e9a.jpg
パーツにまだ色をつけていないので完成まではもう少しである。残りは明日にしましょう。


送り盆。
雨が降ったが少し火を焚いて送り盆の真似事をした。
P8160383.jpg
信心なんかほとんどないのだが、それなりに気持ちに納得させるってことでしょうね。

ところで今朝の新聞に昨日の終戦記念日について書いている。新天皇は不戦の誓いと「深い反省」をこれからも引き続き持ち続けたいと表明したとのこと。
ところが例によってアベシンゾーは「加害」について触れなかったという。本当に救いようのない男である。
早くやめてももらうしかない。諦めずに思い続けることにする。


本日のブログはこれにて終了です。

  着実に送られる方になっている送り盆の火ゆらりゆらゆら

いいね仲間は

神湯舘にて

 恒例の同級会。敗戦の日わが中学校のクラス会。
P8150370-1.jpg
今年は7名集まりました。
 出欠を確認していなくて「いつもの日にちにいつもの時間でやるので」という案内で来てくれた。エガッタエガッタ。
 何も詳しいことを話すわけではない。劇的な出来事はない。でも、60年前に同じ校舎で過ごした仲間たちは「いるだけ」で嬉しいのであります。
 ボクたちクラス仲間は戦中派と戦後派がいるのです。エッ?つまり1945年8月15日前を戦中、それ以後を戦後とすればほぼ半分が戦中戦後となるのであります。べつに「ある」なんて威張るわけではないがとっても辛い時期を過ごしたクラス仲間である。
 日本が平和になった節目に生まれた子どもたちともいえますね。
 だからこそアベシンゾーのやっていること、やりかねないことは許せないのであります。
 平和なことこそ一番だ。

 と、言うわけで今日もひたすらチビッチビッと呑んでいて結局グデングデン。これにて生存証明です。
 お盆ですね8月15日。

   語ること何もなくても中学のクラス仲間はフフフフフフフ 

『たのしい切り紙 ガイコツ君』

暑いですねぇ

 今日は台風10号の影響で新潟では40℃超えの気温になったという。フェーン現象がおきたとのこと。秋田もそんな感じである。
 写真は昨日の南外村。
P8130372.jpg
及位(読めますかねぇ・(のぞき)と読みます)という場所である。向こうの立派な家は南外と言えば銘酒出羽鶴の社長のお宅である。
 この場所(R105)をバイクで通ったときに身体にあたる風が熱風だなぁと思って温度計を見たらなんということでしょう36℃を示していたのであります。
 このあと、バイクのガソリン切れなどで暑い中とんでもない苦労をしたのでありますが・・・。
 それはともかくとして今日も33℃前後まで上昇。暑いですねぇ。


こんな日は仕方がないのでエアコンをかけて家の中でウロウロと。昨夜の酒が残っていて若干の二日酔い。
仕方がないので先日多賀城でおこなわれた「たの授フェス」でもらってきた『たのしい切り紙 ガイコツ君』をコピーしてチョキチョキと切って遊んでいた。
A4の紙一枚で写真のようなガイコツ君ができる。
P8140379.jpg
これを、黒い糸でつるしておくとエアコンの風でフワリフワリとなびいてくれる。なかなかリアルで可愛いガイコツ君であります。

お盆です。なんとなくグダーッとしている状況です。これにてブログは終了です。

  あったなぁ十年前のお盆には帰省の友に「村、涼しいべ」

孫の写真

今日は最初から生存証明。
お墓参りをしてから迎え火に来てくれた親父おふくろ弟たちと(呑んだ)のでへべのれけ。
お墓参りしたときに、とわちゃんがジジバカを写してくれた写真はこれ。
image1.jpg
孫が写真を写してくれるとは・・・ありがたいですね。

本日はこれにて・・・

そこのけそこのけ五輪が通る

百日紅

 今日は依頼された原稿を書くために一日中キーボードをたたいていた。頭がまったく回転しない。回転してもろくなものは書けないのだが・・・。
 煮詰まってきたのでバイクで走った。そうだ、この時期は百日紅が満開だと思い百日紅のある場所までゆく。
P8120372.jpg
鮮やかなピンク色の花が咲いている。
 深紅の百日紅も咲いている場所を知っているがそのうち行ってみます。今日も30℃を超える日になった。


ATさんからLINE。今日も『香川照之の昆虫すごいぜ』があるとの情報である。LINEに気づいたのが放送時間が終わってからだった。そこでバイクで走ってからタイムシフトで確認した。
WS000083_20190812213536c43.jpg
ニカラグアに昆虫観察に行った時の詳しい内容である。
 プラチナコガネがキラキラと輝いている。日本のコガネもキラリと輝くのはいるがこれほどではないなぁ。
 カマキリ先生、つまり俳優の香川照之さんの言う言葉がとても良い。
「夏休み。子どもたちはすぐに野原に出て虫を捕まえに行こう」
そうですね。そのとおりだと思います。

 ところで身近な昆虫と言えば「アリ」です。先日、多賀城で開かれた「たの授フェス」で『身近なアリけんさくブック 仮説社刊』という本を買ってきた。
WS00001.jpg
これはなかなかのすぐれもの。身近に見ることができるアリ22種類を同定できるようになっている。
IMG_20190812215051eb2.jpg
子供用なのだがとても奧が深い内容だ。
 これからはこの一冊と虫眼鏡を持ってアリを見てみようと思っている。暑いんですけれどね。

と、言うわけでいつもINFOありがとうございます。ATさんに感謝です。


大嫌いな東京五輪の話題。トライアスロンの会場つまり海がUNKO臭いというのだ。つまりドブってこと。しかも水温が30℃を超えているから水質の悪化はどんどん進んでゆく。大腸菌も多いと言うから水温が繁殖には適温。バンバン増えるだろうねぇ。
こんな東京五輪なんかやめた方がいい。先日も書いたが百歩譲って10月にずらせばいいだけだ。
それから高校のスポーツの最高の舞台であるインターハイができるかどうかが危惧されている。もともと来年は北関東を中心におこなわれる予定だったとのこと。それが五輪で宿舎の確保などが出来ないので全国に分散させることにした。ところが全国に分散しても6億円とか8億円とかの予算がない。これでは開催はできない可能性が高いらしい。
アベシンゾーよ。戦争の道具を爆買いするくらいなら高校生に対する6億だか8億だか知らないが出してやれよ。五輪をゴリ押しするならその程度のことはやるべきだろう。
高校野球も関東地区は大きな被害が出るようだ。甲子園の開幕も遅れるという。

そこのけそこのけ五輪が通る。今からでも遅くはない。やめてしまえ。

本日のブログはこれにて終了です。

  道路上軍手片方落ちていてそのリアルさに物語出来

民主主義が問われる

月と木星

 今月は新暦と旧暦の「日」が同じである。エッ?と思うでしょう。つまり8月1日が旧暦の7月1日になっているってこと。満月が8月15日になるはず。
 だから今日は旧暦の7月11日になる。午後8時頃に空を見上げたら十一夜の月が上がっている。その右側には木星が明るい。
P8110370.jpg
写真にしてみたが月はボーッとしているし木星は右側に白く小さな点にしかなっていない。それでも月と木星の接近ってことで・・・。


『森友捜査集結 民主主義が問われる』との社説が今朝(2019.8.11付)の朝日新聞に掲載された。
IMG_3633.jpg

内容を簡単にまとめると。
『特捜部は「必要かつ十分な捜査をしたが起訴するに足りうる証拠を収集できなかった」と説明したが何をどう追加で捜査したのかが全くわからない。はっきりしているのは、国民共有の財産が超格安で払い下げられ、それらの経緯を書いた公文書は書き換えられ改竄されたことだ。しかも、アソー財務相がまったく責任をとっていない。アッキードの関与が書かれていた文書は削除されている。「私や妻が関わっていれば、首相も国会議員もやめる」と発言したアベシンゾーは解明にも動かず知らんふりを決め込んでいる。これらのことは日本の民主主義が問われているのだ。行政が正常に機能しなければ国会がただすしかない。捜査当局による「森友事件」は終わった。しかし「森友問題」を終わらせてはならない』

昨日のブログでサガワのことを「刑事訴追のおそれがある」から証言拒否のことを書いた。
今朝の天声人語にもそのことを取り上げている。引用します。
『財務省が改竄を認めているのに、有印公文書変造の罪にあたらないとの検察の判断は、法律の素人には理解に苦しむ。残念な結論の中に希望を探すなら、佐川氏が言い訳できなくなったことか▲首相婦人らの名前を消すに至った経緯を、その口から語ってほしい。あるいは言い訳に困って、こうおっしゃるか。「下手なことをしゃべると、財務省から再就職先を世話してもらえなくなるので・・・・」(中略)
「森友のキーマンの腹からは、何も絞り出せてはいない」』


今日は朝から家の周りの草刈り。汗だくだくになって1時間ちょい作業をした。家の周りには風で折られたたくさんの木の枝が落ちている。それを拾い集めてノコギリで30㎝くらいに切り、細い枝は鉈で短くしてストーブで燃やした。
すると近くに小さなトンボが1匹とまった。
P8110366.jpg
何となく「秋」を感じさせるトンボである。でも、気温は30℃前後ですけれどね。


本日はこれにてブログは終了です。

  久しぶりミンミンゼミの声を聞くムックリに似るていよいよ暑い

瓜に爪あり

大雨・竜巻・洪水注意報

 午前4時前頃からピカピカゴロゴロと遠くで聞こえてくる。大気の状態が不安定であると昨夜からの天気予報があたったのだ。
 午前5時には屋根をたたく雨音がとんでもない強さで響く。アリャリャこれで当面の水不足は改善されるかなぁと布団の中でボーッと考えていた。
 ところが雷の音はどんどん強くなる。しかも、雨音が屋根をたたく音も変わらず強い。そんな朝だった。

 ところが午後になったら夏空。さすがに気温は30℃にはならなかったが青空が出た。
P8100383.jpg

 ところで昼頃のテレビニュースを見ていたら「大仙市で屋根が飛ばされた」と報じている。画像もついていた。映っているお父さんを見たら何だか知っている人の感じがする。ムムッ南外村でも場所によっては竜巻のような突風が吹き荒れたのかなぁと思った。ただ、それはテレビを見ていたボクの目の錯覚かもしれません。明日の新聞で確認します。ありがたいことに我が家の周辺ではそれほどの被害もなく雷雨は通り過ぎてくれた。

昨日の長崎の原爆投下に対する祈念式典で長崎市長や被爆者の方が「核兵器禁止条約」への批准を強く促したことに対してアベンシンゾーは否定的な姿勢を示した。
しかも、式典で読んだ内容が日付と時間を変えただけの先日の広島でのコピペ。もちろん何年も同じ内容を読んでいる。ヒロシマ・ナガサキに対しての心なんかまったくないのだ。こんな人間がどうして長崎や広島に行くのだろうか。ムダだと思う。ただのカッコつけだろう。まったくお話にならない。

大阪地検特捜本部は森友問題の捜査はすべてにおいて嫌疑不十分という事で全員を不起訴処分にしたとのこと。これで検察の捜査は終わるらしい。
それじゃあサガワが国会に証人喚問で呼ばれたときに「訴追の恐れがあるので」とか言って何回も証言拒否したことは何だったのか。
これからの国会ではサガワを再度証人喚問して刑事訴追がないので内容を詳細に話すことを追及してもらいたい。
結局、これも司法によるアベシンゾーに対する忖度そのものだ。日本はどんどん壊れて行くような感じがしてならない。

本日のブログはこれにて終了です。

  「爪」の字を覚える方法わが父は「爪に爪なし瓜に爪あり」
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR