まともな頃もあったんだぁ

今日も秋晴れ

 昨日までのように快晴ではないが寒くはなく過ごしやすい秋晴れの天気。我が社では「なべっこ」をやったようだがボクは参加しなかった。後で聞いたら皆が楽しそうだったとのこと。エガッタナァ。そんな秋にいろいろな菊の花が咲き始めた。
PA220364_20201022211239b2f.jpg
ついでに我が湯ノ又、別名台林の景色。
PA220365_202010222112375dc.jpg
村の婦人部で作った花壇にまだ赤いサルビアが咲いている。


本日のアマチュア無線

 朝方、7メガでコソボが出ていたがボクの場所では信号が弱い。残念ながら途中であきらめた。と、言うわけで今日は時間的なこともあり聞くことができなかった。
 ま、こんなもんでしょうね。


来年の東京五輪が中止になるという情報がSNSでにぎやからしい。しかも、来年もしも実施したら30カ国しか参加できないとのこと。そりゃそうだ。COVID-19の終息はアベシンゾーやスガーリンが「五輪をやることは決めている」と言っても無理。ウイルスとの戦いに勝った証に開催するなどと叫んでも誤魔化し東京五輪なんか中止するのが筋である。
考えてみれば(考えてみなくても)猛暑の東京で開催するのは問題外だが、南半球は冬。インフルエンザなどが蔓延しているはず。COVID-19が猛威をふるっている間は東京五輪は開けないのだ。
COVID-19が危険視されていた3月の末頃に東京五輪を開催したいために国民への自粛を躊躇った。そのために第1次COVID-19の蔓延が日本国内に広がった。
今、東京五輪を開催したいがタメに経済だのなんだのでGO TOだのなんだのと必死にやっている。幸い、爆発的に感染は増えていないが、いつ爆発的な感染が広がるかは予断を許さない。
とっとと開催中止の宣言をすべきだ。中止は正しい判断だ。

スガーリンが『政治家の覚悟』という本の改訂版に、政治家の肝とも言うべき自分の考え方「公文書は大切だ」という部分を削除して出版したという。
朝日新聞にも秋田魁新報にも大きな広告が出ている。買う人もいるんだろうなぁと思っているのだが・・・・。
ところがスガーリンのブログには今でも残っているらしい。オッそうかぁと思って見たら2012年のブログだが今のところ削除していない。
https://ameblo.jp/suga-yoshihide/entry-11148791469.html
上のアドレスで「今のところ」読めますので「正しい政治家」の時だったスガーリンの主張を興味のある人は読んでみて下さい。かなり「まともなこと」を書いています。
スガーリンにもまだ、まっとうな頃があったんだなぁと思われると思います。やがて削除される可能性があるのでお早めに・・・。

書くまでもありませんが今のスガーリンは最悪です。

本日のブログはこれにて終了です。少々、疲れ気味。

 あの頃はまともなことを言ってても今では立派な独裁者なり

残念なりオリオン流星群

今日も一円玉天気

 今日も朝から秋晴れ。昨日のような濃霧ではなかったが一日中さわやかな天気。ノブ君ちの柿の木も少しずつ色付いてきた。
PA210364_20201021212931f13.jpg
この秋晴れも明日からは下り気味のようだ。

 夕方、三日月が裏山に沈むところだが時々薄雲に隠れてしまう。写真でも月の周りに雲がただよっている。
PA210368.jpg
ここ2~3日はオリオン座流星群が流れる可能性があるという。とくに今日は多く見ることができるかもしれないようだった。だが、さっき外に出てみたら薄曇りで星もそれほど見えない。残念ながら流れ星は見ることができないだろうなぁ。


今日(2020.10.21付)の朝日新聞の朝日川柳にスガーリンのことが出ていた。
  有ることを無いものにする得意技  神奈川県 堀口助さん
  事務方が削除したのと言いそうな  東京都 村田正世さん
まったくだよなぁ。国会での所信表明をやらずにベトナムやインドネシアに出かけたスガーリン。ASEANをアルゼンチンと読んだりしたらしいが、折角の機会だから国会の討論の練習をしておけば良かったのに・・・・。
ま、自分が本にまで書いた最も言いたかった「公文書の大切さ」をシラッと削除するような人だから誤魔化せると思っているんだろうなぁ。
来週からの国会を注目したい。


本日のアマチュア無線

 7メガは聞いている時間的なこともあるのかもしれないがあまり状態は良くないと思う。夕方の14メガのロングパスもイマイチ。夕方、21メガの東欧圏が聞こえるようになったので、もしかしたらCONDXは変わりつつあるのかもしれない。
 ニューワンとなったコソボはパパさんのアドバイスを得てOQSLというの挑戦してみた。ネットで何だかあっちこっちを入力したりしながら若干のドネーションをプラスしてPayPalで振り込んだ。すると、Z66DX QSL Order Confirmationから次のようなメールがすぐに届いた。
Thank you for using Club Log OQRS to complete your QSL request. Here are your reference numbers:
この後にナンバーがありいろいろ書いているが、大丈夫ってことにしておきます。ダメかなぁ。

本日はこれにてブログは終了です。

  「国民のために働く」なんか変これまで何もやらなかったの?

一円玉天気

濃霧から・・・

 朝、我が湯ノ又地区は濃霧。
PA200365.jpg
 この写真は我が家(台林)から大向の山を見たのだが霧に隠れて向こうがよく見えない。こんな日は超秋晴れになる。
 勤務先に向かう時のカーラジオでは天気予報士の伊藤みゆきさんがおもしろいことを話していた。
「今日のお天気ワンポイントは、一円玉天気で夜空も見ておこう、一円玉天気で夜空も見ておこうです。今日はふっくら楕円形の高気圧に覆われて広く晴れ。九州から北海道の降水確率は0%の所も多いです。天気を崩す要素もない、もう崩しようがない晴天ということで一円玉天気と呼んでいます」
そうかぁ。こんなにデンと高気圧が居座った良い天気の日は「もう崩れない」ということで一円玉天気と呼ぶのか。と、少し賢くなった。業界用語らしいですけれどね。こんな日は夜空もきれいに見えるので夕方以降に空を見上げたらイイネと言ってました。
 確かに夕方は東に火星が真っ赤に見えていて南西には木星が見えている。
 ところで、仕事先で知ったかぶりをして
「今日のような高気圧の日を一円玉と言うんだと」
と言ったら、隣近所の人たちはキョトンとしていた。
「なんで一円なの、百円じゃだめ。五百円だったらもっといいのに」
ウーム・・・・。意味が違うようだなぁ。
 ま、いいでしょう。その一円玉天気の高気圧が夕方のニュースで出いた。
PA200370.jpg
日本は一個の太陽で覆われている。
 そんな良い天気でした。ただ、秋の夕日は釣瓶落としと言われるくらいだから自宅に帰ってノブ君ちのススキを見たら、裏山に沈む夕日の影と太陽の光と半々になっていた。
PA200368.jpg
この写真を撮ってから30分後には暗くなってしまった。
 こんな天気の良い日にはカメムシ(アネッコムシ)が大挙して家の中に潜り込んでくる。アネッコムシも必死のシーズンである。


それにしてもスガーリンってポリシーも何もない男だなぁ。今朝、見た朝日デジタルに『菅首相の著書、改訂版が発売 公文書管理の記述消える』だ。
Screenshot_20-10-20_07-04-33.jpg
その著書というのが『政治家の覚悟』。

この著書に関してはスガーリンが官房長官の時に朝日新聞の記者が
「歴代のとくに保守の政治家は、歴史的検証に耐えられるようにということで、公文書管理の管理ということはかなり力を入れてこられたと思うんですけども。その中でですね、ある政治家の本では「政府があるゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」と、そういうことをおっしゃっている政治家もいるのですが、これを本に記されているのはどなたか、官房長官はご存知ですか」
これに対して官房長官は
『知りません』と一蹴。すると朝日の記者は
『これは官房長官の著作に書かれているのですが』

この著作が『政治家の覚悟』である。
ま、ゴーストライターが書いた著作かもしれない。だから「知らない」だった可能性もある。しかし、自分の著作だったら一応は読んで頭に入っているはずだろう。

今回、この改訂版からこの「政府があらゆる・・・・」を削除したとのこと。公文書なんか残す必要がないと言うことを公言しているに等しい。
もちろん、ボクはこの本を買いはしない。読みもしない。内容はどこが違うかもわからない。しかし、スガーリンのポリシーのなさ。情けなさにはがっくりする。
せめて、戦争中の失敗をくり返さないように教科書をクロヌリしたときのように、あるいは公文書を「海苔弁」のように真っ黒にして出すときのように該当部分をクロヌリすればよかったのに・・・。

少なくても、ボクは削除前の文章には同調する。しかし、こうやって削除するような、こんな人は信じることができない。彼には政治家の覚悟もなにもないのだ。こういう人を秋田弁では「カンジョワリ人」という。

支持率が秋の日の釣瓶落としのように落ちるのが腑に落ちるのである。


本日のアマチュア無線

 7メガでコソボがカスカスで聞こえている。これじゃあできないなぁ。サラッと更新する人もいるがボクには無理だ。
 ADXAの掲示板でQSLカードをゲットする為にOQRSのアドバイスをもらった。早速、試してみたが今のところチンプンカンプン。もう少し(秋田弁で言うナジンデ)挑戦してみよう。


本日のブログはこれにて終了です。

 予報では崩れることのない好天を一円玉の天気と言うと

ニュー・ワン!

なんとなく夕焼け

 大仙市民短歌大会の資料作りでドタバタ。多くの人の短歌を入力しデータ化するのはなかなかに大変なものだなぁ。何しろ原稿などが思ったように集まらないのですからねぇ。こりゃあ自分が逆の立場だったら迷惑をかけちゃいかんと感じた次第。
 夕方には夕焼けに。
PA190365.jpg
明日は好天になりそう。アンテナ作業には最高かもしれませんね。


ところでスガーリンの支持率がガクンと下がったようですねぇ。
共同通信社系列では内閣支持率5%ダウンで60%。この数値の多さにはクラクラしますが・・・。それでも5%下がったことは次回にはもっと下がる気配があるってことだ。そして、学術会議の説明不十分と考えているのが72%。
朝日新聞では前回の調査から8%下がり53%の支持率。学術会議任命拒否についてスガーリンの説明が十分ではないが63%。
調査するマスコミによって多少のブレはあるのだろう。でも、言えることは間違いなく当初の支持率から確実に下がっていることは間違いない。
そりゃそうだ。アベシンゾーのただの亜流。いや、それよりもヒドイやり口をしているのだからね。
それだけスガーリンの正体がわかってきたってことなんだろう。何しろ、やろうとしていることが携帯電話の値下げだ。そりゃあ若い人たちの支持は厚いだろう。
ま、皆でスガーリンのやり方・やり口が良いのか悪いのかをきちんと見てゆくことが大切だと思う。


本日のアマチュア無線

 朝方は狙い目のコソボが出ているとネットにある。その周波数を聞いていると何となく聞こえる。しかし、呼んでも届くような気持ちはしない。何度か呼んだがダメなのであきらめて別の周波数を聞く。
21メガでカリブのVP2Mモンセラットがフワフワと聞こえている。もしかしたらと思い呼んでみたらコールバックがあった。へーッ、21メガでカリブと交信できたとコソボと交信できない痛みを少し忘れる。するとOが三つ続く我らが会長が同じ局を呼んでゲット。エガッタナァと思い聞いていた。
夕方、14メガでコソボが聞こえている。しかし、カスカスでノイズレベル。ムムッ、このシーズンはロングパスかも・・・。で、アンテナをグルッと南東に向けたら信号がスーッと上がり53くらいになった。ダメもとでアップ2~3で呼んでいたらコールバックがあった。エガッタァ。ニューワン!。今宵は乾杯です。

そうそう、JARDから電話がきた。申請が届いたのだが家族共用で機械が1台でも一人一人が機械の申請料4100円が必要とのこと。アリャリャそういうことか。アマチュア無線のライセンス級によって少し柔軟に免許申請できることも教えてくれた。と、言うわけで残りの3人分の保障申請書と申請料を送付した。これで移動局の新スプリアス規定はクリアになるはず・・・。法令を守るってのはなかなかにしんどい部分もあるなぁ。
何だかとってつけたかのような話ですがスガーリンのように法の支配をしないで人の支配でやろうとしちゃいけないってことで・・・。

四半世紀、アマチュア無線から離れていたのでやることなすことすべて新鮮で楽しい。でも、イライラも結構ありますデスね。何だか文章が変だ。ま、いいか。チェリオ!

本日はこれにて。

  しなやかに秋明菊は揺れている風のまにまに 見習いたいゼ

談四楼師匠はいいなぁ

コスモスロード
 
 最近はせいぜい仕事先でちょこっと歩くだけ長い距離を歩いたことがない。今日はとても良い天気だったので久しぶりに我が家の周辺を歩くことにした。まずは大向地区のR105のコスモスロードを通った。
PA184246.jpg
道路の両側に200メートルほど地域の人たちによってコスモスが植えられている。今年は何だかさえないなぁと思っていたがようやく華やかになってきた。
 結局、家に着いたら汗だく。風呂に入るほどではないが何だかんだで4㎞くらい歩いた。


本日のアマチュア無線

 今日はドイツのコンテストがおこなわれている。参加するつもりはないのでコンテストに参加していない局を見つけるしかない。
 ハンガリーの局が出ていたので100Wで呼んだら応答があって交信できた。
 あとはADXAのネットに出て3.5メガのアンテナとタワードライブのアンテナの話を聞いて興味がムクムクとわいてきたのだが・・・。
 そうそう、散歩の途中で遠目に我がアンテナの風景をみたのがこれ。
PA184242-1.jpg
こうやって見ると山に囲まれて飛ばないはずですネ。
と、言うわけで本日のアマチュア無線です。


スガーリンは外遊に出かけたらしい。
落語家の立川談四楼師匠がツイッターで次のようにつぶやいている。

『デマ屋が後を絶たない。フジテレビの平井文夫、自民党の長島昭久、下村博文、甘利明、あ、橋下徹という常連もいる。デマを放置し、行き渡った頃を見計らい「誤解があった」と言い出すのが手口で、つまりデマの効用を知った上での確信犯なのだ。言葉を正業としながら、羞恥心の欠片もないのが不思議だ』
『国立大の弔旗・半旗の掲揚は「強制ではない」という強制だから大方が応じると思ったら、掲揚56、掲揚しない19となった。その中で東京学芸大は偉いよ。「不偏不党、公平公正であることが求められてる国立大法人としては、通知にあったような対応は控えさせていただく」と極めて真っ当に反旗を翻したんだ』

談四楼師匠はいいなぁ。ボクの考えていることをピタリとつぶやいてくれている。
スガーリン政権は危険極まりない。早々の退陣を願いながらブツブツ文句を言い続けたい。

本日のブログはこれにて終了です。

 さしすせそ故郷訛りに騙されちゃいかんよ彼は横浜の人
 うしろ指さされることも減ったから来ているのかよぉGOTOトラブル

フェイクですけど

ローリエ

 昨日、編集会議に出た時にもらったローリエ。
PA174238.jpg
この葉っぱをスープなどいろいろなものに入れるらしい。でも、あまり使うことがないなぁ。と、思いながらながめている。でも、ほのかに良い匂いはしていて何となくホッとする。


ナカソネの葬儀が政府・自民党の合同葬でおこなわれたようだ。私的なことに国民の税金を1億近く使うのはダメだとボクは考えている。それに弔慰の強制。ひどいなぁ。

話変わって今日、友人からメール。
地元の人たちと話していたときのことを書いている。
こには、
地域の60歳超えのおじさんたちと学術会議のことを話したらスガーリンの判断を支持していることに驚いたとある。
その話の内容がこんな感じだったとのこと。
「金をもらっているのだから、言うことをきくのは当たり前」
「学術会議に入ると年金が250万円もらえる」
「すごくお金がかかっている」
「中国朝鮮の学者を会員にするためにつくられた」
このすべてがフェークである。完全にフェークニュースを信じているんだなぁ。
テレビに出ている評論家という連中が口から出まかせをしゃべって、追及されるとチョコッと謝罪する。その謝罪したことはテレビではほとんど報じない。
だからフェークを信じ込むという図式だ。
スガーリンたちのやること(アベシンゾーも含めて自民党がこれまでやってきたこと)が見事に浸透している。
だけど、そんなに悲観的でもないともメールには書いている。それはNHKの世論調査でスガーリンの学術会議任命拒否問題に
  大いに納得できる  10%
  ある程度納得できる 28%
  あまり納得できない 30%
  全く納得できない  17%
納得できない層が50%近くいることは、あれだけのフェイク垂れ流しとマスコミ恫喝をやっても、しっかりと考えている人が多いことに希望があると見ていた。
ボクもそう思う。あきらめちゃイカンということだね。このイカンは政治家が使う「遺憾」とは違いますからね。それにしても「大いに納得できる」人が10%もいるのには驚いてしまうが・・・。

またまた話変わって。横浜スタジアムで入場者を満員近くにしてコロナウイルスの人体実験をやるらしい。東京五輪のために「大丈夫感」を出すためだ。
この人体実験にはまずはスガーリンをはじめとして東京五輪に賛成するメンバーを優先して入場すべきだ。アメリカのトランプがやっている大量動員の選挙運動のようなもの。感染がどんどん広がってしまったらどうするんだ。
もう一度書く。東京五輪はとっとと中止しろ。

今朝の朝日新聞『天声人語』に昨日ブログに書いた朝ドラ『エール』について書いていた。当たり前のことだが文章がうまいなぁ。この中の一文を引用しておきたい。
『芸術家や文学者、マスコミの戦争協力は何度も反芻せねばならないテーマだ。(古関裕而のように)自責の念にさいまなれた人も、そうでなかった人も』
アベシンゾーやスガーリンのような政治家はあの戦争の惨禍をまったく考えることもなく戦前に帰ろうとしているように見える。ダメだよなぁ。


本日のアマチュア無線

 さっばり聞こえないなぁ。夕方、7メガでペルーやらアルゼンチンと100Wで交信したくらいかなぁ。
 新スプリアス規定のために我が家の家族で移動局として共用で2台の無線機を使うことにして申請書を4人分保証認定のためにJARDに発送した。はたして、どうなりますか?面倒な手続きの国だなぁと思いながら・・・。


と、言うわけで本日のブログはこれにて。

 カメムシにキャーキャー言ってる男子たち君らの弱みオレは握った
 我々がカメムシたちの縄張りに侵入したんだ謙虚になろう

『エール』を見ながら

夕暮れの鳥海山

 今日は午後から秋田市で仲間の短歌会で発行する冊子の編集会議で秋田市まで。会場となる場所で母さんと会えた。やはり、母さんと会うとホッとする。彼女の結婚式当時の話を聞いて、ボクはすっかりその時のことを忘れていることを聞き愕然と・・・。

 編集会議は無事、読み合わせなどの編集会議が終わり南外村に帰ってきた。南外村田屋村付近から鳥海山が全部見える場所がある。夕暮れの鳥海山が見えている。
DSC_0072.jpg
それにしても今朝は寒かったなぁ。
 ストーブにまだ火を入れていないので朝方起きたときにオッカアが
「電気毛布を持ってゆけ」
と命令する。そりゃあ良い方法だと思い電気毛布を引っ張り出して寒い寒い(5℃くらいだったろう)スライム研究所に入った。
 電気毛布をかぶって無線を聞いたりしたが手を出すのが寒くて面倒。体はどんどん冷えてくる。仕方がないので早々に退散することに・・・・。
 そんなわけで朝ご飯を食べてから意を決してストーブ周りの清掃と準備を始めた。ストーブを焚こうと思い立ってから一週間放っておいたのが今になってようやく動き出した。泥縄状態のヤバイ状態である。
 ま、明日からはストーブを焚ける状態になったので寒さはなんとか凌げそうだ。


本日のアマチュア無線

 そんなわけで寒い寒い。7メガを聞いていたらJWスヴァールバル諸島が聞こえる。ノルウェーの局が出かけたようだ。5UPで呼んだらコールバックがあった。呼ぶ人が少なければなんとかなるってことだろうなぁ。
 Z66DXが出ていると情報があったが全く聞こえない。そして、FT8でZ81Dが出ているのが見える。しかし、デジタルの免許がまだ届かない。この二つができたら嬉しいんですけれどね。
 寒いので北極圏の局と交信して本日は終了。


ここ2~3年NHKの朝ドラを欠かさず見ている。なんとまぁ、ミーハーなことか・・・。今年は古関裕而の伝記『エール』。
昨日はインパール作戦で古関裕而(ドラマは古山裕一)が慰問に行っていたビルマで恩師が、彼の目の前で死んでしまった。空襲で古関裕而の奥さんの実家が焼けてしまう。
そして、今日からは終戦後になった。戦争で死んでしまった身近で愛する人たちのことが彼のもとに知らされる。戦争を鼓舞するために歌を作ってきたと自負していた主人公はそれで落ち込んでしまう。
この2日間の状況を朝ドラでは「やり過ぎだ」という声があるらしい。バカヤロー。何を考えているんだ。実際はドラマのような状況では無かったはずだ。まさに地獄だったと思う。
このドラマを靖国神社崇拝者のスガーリンやアベシンゾーに見せてやりたい。彼らは涙を流せるだろうか。
と、思いながら見ていた。
独裁者スガーリンがあの当時の世界に導くのを絶対に阻止しなければならない。しかし、現実は「元総理の葬儀に弔慰を示せ」などと戦前の様相を呈している。
絶対に許してはならない。

そんなわけで本日はこれにて終了です。

 朝ドラで涙を流すの情けない?戦地に散った叔父を思いぬ

オレって認知症か?

弱々しくなった朝の光

 朝の日差しも弱々しくなってしまった。地面にはっているツタも赤く色付いている。
PA150365.jpg

南外村田屋村の我が通勤路にある蓮池の蓮も枯れてきた。
PA150367.jpg
 知らなかったが蓮の花を昔は「はちす」と呼んでいたらしい。花が枯れた後は確かに蜂の巣のような形になっている。
 花が咲いている時にきれいな花を乗せているのが「はちす」であるという不思議な花らしい。この蜂の巣の中に実があるようだが食べたことはありません。


認知症

 来ましたねぇ。「あなたは認知症かもしれないので検査しなさい」という通知が・・・。
PA130369.jpg
車を運転するのはあまり好きじゃないので免許証はなければなくてもいいと思っている。でも、南外村に住んでいるともう少し車を利用する必要がある。
 だから、できれば免許証の更新はしたいと思っている。もしも、この「認知機能検査」で「オメは認知症気味だ」と診断されたらと思うと夜も寝られない。
 仕方がないので酒ッこをたっぷりと吞んで寝ることにする。検査を要請されている期間は半年ばかりあるので、そのうち重い腰を持ち上げることにしよう。


本日のアマチュア無線

 14メガでカリブ海のFS(セント・マーチン島)と交信できたのが不思議である。この島にはPJ5も同居しているとか。この局がオランダとの国境を越えてコールサインを変えて出てきてくれないかなぁ。そんなうまくはゆかないか。
 夕方、北極圏のJWスバールヴァル島が聞こえていた。7メガで聞こえていてスプリットだったがご本尊の出ている周波数に国内の局が59+20dBもの強さで話し始めた。結局、つぶされて聞こえなくなりダメだった。
しばらくしたら14メガでも出始めた。もしかしたらと呼んでいたら
「7 B ???」
みたいに応答がある。ムムッ俺か?喜びましたねぇ。
するとなんと言うことでしょう。福島のウイスキー・タンゴという人がサラッと持っていった。オレは日本酒だし強さはウイスキーに負けるワイ。と、いじけたがあきらめずに呼んでいたら2局後くらいにコールバックがあった。ウイスキー・タンゴおそるべしだ。
 以上、本日のアマチュア無線でした。


いやー、ひどいもんだ。ナカソネという元首相の葬儀に一億近くの金を税金で出したほかに公立の大学などに葬儀の日は黙祷をするような閣議決定をして通知したという。
葬儀は政府と自民党の合同らしい。そんなら金は自民党で出したらいいだろう。
申し訳ないが当日は赤飯は炊かないにしてもビールをひっかけて美味しい酒でも吞もうと思っている。全然、申し訳わけないなんてことはないのが本音。
日本をどこまで独裁の国にしようとしているのか。冗談じゃない。スガーリンはとっとと退陣だ。何が秋田県出身だ。怒りしかない。

本日のブログはこれにて終了です。

  蜂の巣と見事に似てる蓮の台汚れた水も浄化してるか

末期症状?

濃霧の朝に

 朝、起きたら外は濃霧。アリャリャこれじゃあ写真も撮れない。気温も10℃以下で寒い。
 日中の気温は20℃くらいまでは上昇したが曇り空。そんな日中の写真を2~3枚。
まずは気温が下がってきて昼夜の気温差が大きくなったので周囲の紅葉が進み始めた。これはサクラですね。
PA140365.jpg
八幡平の紅葉のようにきれいではないが平地はこんなもんですね。
 そして、空を見上げるとプロペラ機がブーンと飛んで行く。
PA140366.jpg
遠くには定番の鳥海山。
PA140374.jpg
完全に景色も身のまわりの空気も秋深しです。


今日、日刊スポーツの『政界地獄耳』を見てウームと納得。
DSC_0069_stitch.jpg
リードが『これが自民党のやり方』で、しかもコラムの書き出しがいいですねぇ。
『早くも政権末期の様相だ』である。
スガーリン政権は本質的なことは答えないで論点ずらして誤魔化してしまえということを自民党ぐるみでゴリ押ししていると言う。
なぜ、学術会議の推薦者6名を除外したのかの説明はしないで「やれ10億円もかかっている」だの「学術会議の体制を変える」だの「前例踏襲はやめる」だの本質を誤魔化しているだけだ。

ところが、これに見事に騙されるのがほとんどの国民のようなのが辛い。我が家のオッカアが得意然としてボクに話しかける。
「学術会議って10億円も使って何もやっていないらしいね」
「エッ?研究や会合などで10億円は安いと思うよ」
「何もしない人たちに10億円は高いよ」
こんな具合なのだ。完全にテレビのワイドショーに毒されている。ボクは反論に出る。
「10億円が税金だとしたら何百億もの政党助成金も税金。どっちが有効に使われていると思う?」
「・・・」
「政党助成金なんか無駄中の無駄。あのカワイ夫婦にいった1億五千万も政党助成金かもしれないし・・・」
まぁ、こんな話で我が家はどんどん険悪になる。
話がずれてしまったが『政界地獄耳』に戻ろう。
「自民党のやり方」が誤魔化しだとすれば、現在そこの頭領のスガーリンの頭脳は推して知るべしだ。コラムの最後を少し長いが引用したい。
『首相・菅義偉と40年以上の付き合いで浜のドンと呼ばれる港湾運送業「藤木企業」会長・藤木幸夫は近年、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の横浜港誘致を巡り激しく対立しているものの、菅の首相就任に寄せ、先月15日の神奈川新聞で「おめでとうございます、といわなきゃいけないよな」とし、貧しい農家に生まれながらも明治国家の礎を築いた初代首相・伊藤博文になぞらえ「菅さんは総理大臣も村長も務まる。(伊藤にはない)村長のような魅力がある」とも語った。当初、それは伊藤にない庶民性を語ったのだと思われていたが、学術会議問題の推移をみていると改めて別の読み方もできることがわかり、1ヶ月前の藤木の慧眼(けいがん)に舌を巻く』

「別の読み方」「藤木の慧眼」とは???ボクは秋田で言うジャンゴタロってことだと考えた。秋田県人でもカンジョワリ思いをするジャンゴタロだ。
政権末期さもありなん。


今朝のS紙の片隅にボクの所属する短歌会メンバーの短歌がまとめて掲載された。ボクの書いたものもある。すると「あれは短歌すか?」とボクは質問された。
ウーム・・・。「短歌ってことです」と答えたが腑に落ちないような感じだったなぁ。
ちなみにここに書いておきます。
 「酒呑んで政治の話はしないでよ」「政治イコール生活だけど・・・」
ま、こんな感じです。

P.S
本日のアマチュア無線

書くのを忘れてしまいましたので少々。
夕方、8J1RL南極の昭和基地と14メガで交信できた。珍しい局ではないと思うが久しぶりに南極まで電波が届いたようだ。
朝方、スペイン領のBalearic is.が7メガで聞こえていた。届くかなぁと思って呼んでいたがダメ。宮城のDXサーはすんなりと交信できるのに・・・。TZ4もダメだったし。


本日のブログはこれにて終了です。

 このところ超能力が身についてマスク越しでも相手が見える

冬鳥のシーズン間近

名前も知らないピンクの花

 秋も深まった頃に我が家ではピンクの花が咲いている。名前も知らない花ですけれどね。
PA130364_202010132058089e9.jpg


水辺の鳥

 今日、通勤時の途中で南外村田屋村を流れる小川に目を向けたらシラサギ(チュウサギだと思う)とカルガモが泳いでいる。近くに駐めると逃げ出すので少し離れたところで一枚。
PA130366.jpg
まだ渡り鳥を見ていないが渡り鳥が来る池や川では既に白鳥などがきているんだろう。ま、そのうちに見ることができるでしょう。

本日のアマチュア無線

 インドネシアは不思議なコールサインで出ていることが多い。エッ?こんなコールサインがあるのかよぉと思い呼んでみると返信がありあわてて身構えたりする。
 先日、交信したのが8G264YOGという局である。何ダベなぁと思っていたら本日メールでアワード(サーティフィケート)がPDFで届いた。
JH7BDS_.jpg
迷惑メールフォルダーにも振り分けられていないのでありがたくいただくことにします。

 ところで久しぶりにアマチュア無線をやってみると、聞こえても飛ばないと言いますか、競争相手が多すぎると言いますかアマチュア無線のストレスを感じているところ。ま、仕方がありませんけれどね。


さて、スガーリンの学術会議任命問題の迷走ぶりがテレビラジオ新聞(つまりマスコミですね)で取り上げられる機会が増えてきている感じがする。
簡単に言えば彼がこの件でやったことは学術会議もっと言えば国民に対する恫喝とも言える。
この件に関しては著述家の菅野完氏が官邸前でハンストをやっている。今日で11日目くらいになる。できれば東京に行って応援したいがそれもできない。
遠くでがんばってくれと心で応援しているだけなのが歯がゆいが仕方がない。
フリージャーナリスト田中龍作さんのブログに詳しく載っている。
https://tanakaryusaku.jp/2020/10/00023795
よろしければ見てくだされ。

今宵は火星が東の空から南に向かって静かに動いている。とても明るい惑星である。

本日はこれにてブログは終了です。

逆光に浮かぶ数多の点点はアキアカネ死に向かわんとする
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR