伊方原発再稼働却下!!!

いい天気

 朝方は少し冷え込んだ。マイナス3℃以下かもしれない。午前7時を過ぎると太陽が上がってくる。晴れているので外の景色は何となく輝いてくる。
P1170364.jpg
そして、カケスが雪のない場所の餌を探してやってきた。

 午前中にシャバに出かけてみたら青空が広がる。
P1170367.jpg
毎日の話で申し訳ないが「こんな天気でいいのかよぉ」と思ってしまう。

本日もブツブツと・・・

 まずはコイズミという環境大臣。男子誕生とか。それはおめでたい。いいですねぇ。でも、それはそれとして「オメ、みでーなやつが育休とる」と言っている。それは申し訳ないが冗談じゃないよ。と、思うのだ。
 WHY?あなたには育休なんかとらなくてもいくらでも世話をする周囲の人もいるだろうし、それだけの金もあるだろう。もちろんヨメだって「おもてなし」をするだろう。
 しかも、期間がたったの2週間なんて言うのは単なるパフォーマンスに過ぎないとしか思えない。そんなことよりも申し訳ないが先日週刊文春で報じられた「浮気とか政治資金」の問題をしっかり説明してくれよ。
 普通の社会人の男性が育児休暇をとるのは今後とも進める必要がある。しかし、コイズミのように風船のよりも軽い浮気男がパフォーマンスで育児休暇なんて言うことがチャンチャラおかしい。と、書いておく。

 昨日のブログにも書いたがカワイという前法相の選挙違反問題での「突然会見」。今朝(2020.1.17付)の朝日川柳に次の一句が載った。
   雲隠れやめて捜査を隠れ蓑  京都府 桑原宣彰さん
そのとおりである。地検が捜査に入った途端に顔をだすとは・・・・。それはアベシンゾーの「OK」の手が入ったから、つまり安全圏に入ったから出て来たとしか思えない。
 もっと言えば、地検が捜査に入ったというのは「説明責任をはたさなくてもいい」というお墨付きを与えたようなもんだと思う。
 地検が捜査に入るとか、一般の人たちが訴えるというのはけっして良いことではないかもしれない。なぜかと言えば、モリトモの時に佐川という男が証人喚問されたときに一般人に訴えられていたことを盾に核心になったときに「訴追の恐れがあるので答えられません」というのと同じ事を昨日のカワイ夫婦はやっていたのである。
 ま、いずれにしても話にならない。日本のためには早く辞めてくれという人たちばかりである。

 一ついいことがあった。それは広島高裁が伊方原発の再稼働を却下したということだ。広島地裁が再稼働の許可をしたのを地元の住人が銃弾じゃネーと控訴したことに対しての判決である。
 素晴らしい。日本にも正しい判断をする裁判官がいることに拍手を送りたい。

と、言うことで本日のブログはこれにて終了です。

   薄らと積もった雪の輝きにもう降らないで祈る我あり

五輪のボランティアとは?

久しぶりの雪

 今朝方から久しぶりの雪が降り始めた。我が家から金屋方面を見た景色。
P1160365.jpg
バサバサと雪が落ちてくる。
 日中も降ったりやんだりで我が家の周辺では5~6㎝ほど積もった。それでも気温はそれほど低くないので明日はどうなりますか。


説明責任

 アベシンゾーは任命した法務大臣や通産大臣が一ケ月ほどで辞任したことについて「説明責任は本人にある」などと逃げていた。
 その前法務大臣のカワイ夫妻の事務所に昨日地検が捜査に入ったという。それを受けて突然の記者会見をやったようだが、それで説明責任をはたしたと思っているらしい。しかも、議員辞職も離党もしないという。バカヤローである。
 はっきり書いておきたい。腐っている夫婦だと。彼らが所属している党も含めてである。しかもヨメのカワイアンリとかいう女史は辞任しない理由を「日本を変えたいから」と話したようだ。
 そうかぁ、選挙違反をやっても何しても議員を辞めなくても良いような日本にしたいんだろうなぁと思ってしまった。
 アベシンゾーともどもとっとと辞めてしまえ。と、思う。

ついでに書いておきます。
サッカーの23歳以下のアジア選手権についてである。AFC U-23とかいう大会である。
日本のグループにはサウジアラビア、シリア、カタールの四チームで二位以内が決勝トーナメントに進む。しかも、三位以内が東京五輪に出場できることになる大会である。
初戦のサウジアラビア、2戦目のシリアの試合を見た。見事に負けた。これで予選リーグ敗退が決定。ま、仕方ねーベナァと思って昨夜の第3戦のカタール戦も最後まで見たら引き分けで結局四チーム中最下位であった。スポーツだから勝ちも負けもある。それは勝負のならいである。
ところがあんた聞いて下さいよ。日本チームは地元開催だから東京五輪に出場できるというのだ。
サッカーは(も)こんな体たらくならば東京五輪の出場は辞退すべきだとボクは考える。お情けで五輪に出場するなんて恥ずかしくてできないだろうに。まったく・・・。スポーツのフェア精神もおとるゼ。

東京五輪といえば11万人にも及ぶ無償ボランティアが話題になっている。その意味は完全にブラックボランティアになるからだというのだ。ただ働きで、もしも熱中症などになっても保障はないと言われている。もちろん保険なんかはかけてもらえない。
ところが高額の有償ボランティアもいるというのだ。無償ボランティアはやってられないと思うのだが・・・。
結局、東京五輪のボロ儲けは大企業に吸い込まれてしまう。
こんなところに書いても仕方がないのだが、東京五輪で無償のボランティアを希望している人たちは即刻やめるべきだと思う。そして、東京五輪なんか返上してしまえと心から願っている。

本日もとっちらかってしまった。これにてブログは終了です。

ワークショップ

駒ヶ岳

 今日も雪は降らない。朝方、勤務先に向かう田屋付近で奥羽山脈の遠くを見ると駒ヶ岳が朝日に輝いている。
P1150365.jpg
おそらく例年の雪の季節には南外村から駒ヶ岳はこのように見えないだろうなぁと思う。
 昨日もブログに書いたがありがたいことなのか、それとも残念なことなのか。今日、とわちゃんとわかちゃんに会った時に
「ジジ」
「ン?」
「スキーまだ1回も行ってないよ」
「そうかぁ」
「新しく買ってもらったのに・・・」
こうなれば気の毒なんですねぇ。彼女たちにとっては雪が降らないのは残念な事なんです。ボクも子どもの頃からスキーが大好きだったので心から気の毒だと思うのである。
 でも・・・。あとは書きません。


ワークショップ

 南外の外小友地区に「さいかい市」という小さな販売所ができた。南外の温泉施設ふるさと館の敷地内にある。
 その「さいかい市」の活性化について地域の人たちが集まって話し合うという企画があった。題して『さいかい市活性化のワークショップ』というものだ。
 正直に言えばワークショップなどと言われてもどんなものかよくわからない。ところが参加してみたら結構楽しかったし面白かった。
 進行役の人が徳島から秋田の保呂羽地区にヨメになってきた人でワークショップの内容をテキパキと指示してくれる。
 口下手で話し下手な地域住民はどんなことを考えているのか、話し合いはどうしたらいいのかを指導してくれるのだ。その内容を瞬時にポスターのようにして参加者が共有できるようにしてくれる。
DSC_0876.jpg
そして、2時間後には参加者のほとんどの人が納得できる話や良い話については自然に拍手が起きたりして情報を共有できるようになっていた。
 結局は「さいかい市」をどう動かすのか。どのような施設にしてゆくのかなどが課題なのだがその道筋のような「もの」が垣間見ることができた。
 ワークショップおそるべしなのだった。あとは実行に移すことなんですけれどね。

と、言うわけで本日は勉強になりました。

本日はこれにてブログは終了です。少々、疲れ気味です。

    口下手で内気な我らに話させるワークショップの貴重な時間

カジノ法案は廃止せよ

久しぶりに職場へ

 冬休みが終わった。今日から仕事に出かけた。ボクにとっては最後の冬休みかもしれない。もっとも冬休みとは名ばかり。実際には契約が切れているので無給の状態である単なる無色透明の立場だった。
 久しぶりに雄物川の河畔を勤務先に走ったが雪はまったくない。遠くの奥羽山脈に朝日が当たって輝いている雪しか見えない。
P1140366.jpg
テレビでは雪不足を心配する声が出始めた。横手ではかまくら作りができないとのことで市長に雪を調達する要望書を提出したという。スキー場では雪がなければお客さんがこなくてあがったりだろう。
 さらに秋田県の言い伝えでは「大雪にケガヂなし」と言われる。「ケガヂ」とは「干ばつ」のこと。雪はある意味「水のパッケージ」でもある。除雪や屋根の雪おろしは大変だがある程度の雪は欲しいと思うようになってきた。
 もっとも降れば降ったで「あや、キシャワリデ-」となるのでしょうけれどね。要するにワガママってことです。
 話がずれてしまったがもう少し仕事にがんばろう。と、言うことです。


カジノ問題

 アキモトとかいう男を再逮捕したという。しかし、アキモトという男だけを捕まえてその周囲の人間(自民党や維新)に手をつけないのは納得できない。
 しかも、このアキモトというヤツ。カジノ法案の委員会で委員長として強行採決した男なのである。カジノ法案がどれだけ問題ある法案かを物語っているかは言うまでもない。アキモトと同様にカジノの甘い汁に蟻のように群がっている議員が山ほどいるはずだ。
 他人の不幸をあてにして経済成長とはまったく自民党のやり口はヤバイ。エグい。こんな法案は廃止すべきだ。

 昨日のブログでアベシンゾーの支持率上昇を書き嘆いた。ところが今日のNHKの世論調査ではアベシンゾーの支持率が少しではあるが下がっていると報じた。下がるのは当然のことだ。と、思ったのだが・・・・はたして。


本日のブログはこれにて終了です。

  雪不足嘆く人ありその逆に喜ぶ人あり世はままならぬ

内閣支持率とは・・・?

晴れ

 今日も雪は降らずに晴れ模様。
P1130365.jpg
 実は隣の家のお母さんが先日(10日)亡くなった。享年87歳(満年齢は85歳)である。
 元気だったのだがクモ膜下により急逝してしまった。このお母さんが60年以上前に嫁入りした日を思い出す。
 田舎でも華やかな「ヨメとり」の日だった。近所のガキどもは珍しそうにその家の周りをウロウロしていたのである。何かおこぼれでももらえるのかと・・・。その日が隣の家のお母さんが嫁入りした日だった。
 それから60年以上経った。今日、出棺したのである。見送るときに「時間って短いよなぁ」とつくづく感じた。
 とても働き者のお母さんでボクは隣のお母さんが屋根の雪おろしをするのを見て「そうかあんな風にやれば疲れないんだ」と言うことを知った。
 ボクはそれまで雪おろしを手当たり次第力任せにやっていた。要するに雪と格闘する感じなのである。ところが隣のお母さんは、端っこからゆっくりときれいに雪おろしをする。雪おろしした後がとてもきれいなのである。一列にズーッとおろすと次の段にかかる。そして、ジワリとゆっくりとおろしてゆく。けっして慌てない。今でもその雪おろしのやり方を真似させてもらっている。もっともそんなに作業は上手じゃないけれど気持ちは真似している。
 寂しくなりますね。合掌。


さて、今朝の秋田魁新報を見てビックリ。アベ政権の支持率が6.6%も跳ね上がり49.3%になったのだ。
しかし、個々の内容をみると・・・

  IR見直しを            70.6%
  海自中東派遣反対          58.4%
  桜を見る会首相の説明十分ではない  86.4%

どのように考えても理解できない。これはどんなに非道いことをされても(頭をひっぱ叩かれても)目がさめないってことだと思う。アベシンゾーたちがノウノウと好き勝手をやっていいよと言っている感じなのだ。
こんな数値は信じちゃいけないってことなんだろうなぁ。と、思うが統計的な手法は信頼できるはずだから国民が馬鹿にされているだけだろう。残念ながら・・・。不思議で仕方がない。


先日ネットで『赤旗日曜版 20201.12付』が面白いということでぜひ読んでみたらいいといわれて1部240円也のタブロイド判を入手した。
IMG_0001_stitch_20200113193306f3a.jpg
これによれば2018年の桜を見る会に招待したのは自民党地方議員が多くの人数いたという。
その心は。イシバ(と、いう男・・この人が総理になっても今の日本の問題は解決しないと思う)が獲得する地方票をアベシンゾーが引っ剥がすために「桜」を利用して地方議員を大量に招待したというのだ。
赤旗日曜版では自民党地方議員のSNSやFacebook(FB)などを徹底的にチェックして参加した地方議員を確認している。自民党議員は大喜びでSNSやFBにアベシンゾーと一緒に写った写真を掲載しているのが笑えてしまう。
しかも、桜を見る会の前日に「研修会」をセットして県議の地方票をかき集めていた。アベシンゾーは研修会に出てから下関の「桜を見る会前夜祭」に出かけていたという。
しかも、自民党総裁選が終わった途端に「研修会」セットは終わりになったともいう。何とまぁ現金なヤツである。
結局、アベシンゾーの私利私欲のために「桜を見る会」が使われていたことがはっきりとした。だから名簿も出せないし説明もシドロモドロになっているのだ。反社の正確も場面によるなんてとんでもない閣議決定までしている。
アベシンゾーよとっとと辞めてくれ。

赤旗日曜版1部240円也。良い買物だった。

昨日、新宿など大都市ではアベシンゾーを追及する集会やデモが広範囲に行われたという。それがテレビではやらないし新聞でもろくに書いていない。なんだよお、マスコミはアベシンゾーとの会食で飼い慣らされているのか。がっかりしちゃうゼ。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

  海岸線数多の風車クルクルリ何だか君たち嫌われてるね
  「その白はカビではないよ甘いよ」と言われ干し柿カリッと囓る
  何にでも名前をつける孫たちはタヌキの足跡クロチャンとする
  このところ俺の見る夢いやだよね地面すれすれ浮かび上がれず

湯ノ又自治会にて

本日も生存証明

 雪が降りません。だから気温も低くない。なんて表現だつまり正確に言えば「ノギ」のである。
 本日は我が地域湯ノ又の自治会総会。
P1120366-1.jpg

ひたすら呑んでウロウロと・・・。無事、終了したので良かった良かった。
 さきほどまで酔いつぶれていたのだがようやく目がさめた。
と、言うわけで本日も生存証明。もうしばらくは酒はやめます。と、書いておきます。

かりん秋田の会

 今朝、神宮寺駅8時18分発の電車で秋田市へ。朝は晴れていて飛行機が秋田空港に降りて行く様子が見える。
P1110364.jpg

 秋田駅前のメトロポリタンホテルで我らが短歌会「かりん秋田」の歌会と新年会がおこなわれた。
 午前中歌会。午後から新年会の二本立て。
P1110370.jpg
楽しく遊んできたのであります。しかし、呑むのがほとんどボク一人。酔っ払ってしまいました。
 帰りの時間帯午後3時の秋田市内は湿った雪が10㎝ほど積もっていた。ところが何と言う事でしょう。南外村に帰ったらほとんど雪はない。ありゃりゃでありますが明朝はどうなっているのか・・・。
 さっきまで酔いつぶれていましたがようやく起きだしてブログをたたいています。これにて本日のブログは生存証明です。ウーイ。

小さな奇跡ってあるんですね

アレッ荒れていない

 予報ではマイナス10℃近くになると報じられていたが全然・・・。温かくはないが寒くもない。せいぜい0℃付近。
 しかも日中は5℃前後まで気温上昇。我が家から見える金屋付近の新バイパス付近はこんな感じになっている。
P1100365.jpg
ほとんど雪がないんですねぇ。


さて、今日は若き友人のお父さんが亡くなったとのことで葬儀に出かけた。亡くなった方とボクの父とが同僚だった縁がある。そして喪主である息子さんとボクとは同僚だった。
そこには奇跡的な出会いはあるのだが酔っ払っているので詳しいことは面倒で書けないが、簡単に言えば「野球」の縁があったのです。
その野球の縁が「まさに奇跡」とボクは思っている。元我が社のKクンとも会えたしなぁ。いつか詳しく書きたいと思っています。人生には小さな奇跡ってあるんだなぁと思い直す1日だった。
冥福をお祈りします。

そして、今日は隣の家の婆ちゃんが今朝亡くなったという。そのことについても書きたいがそのうち書きます。ちょっと疲れ気味です。
今日はこれにてブログは終了です。

  人ってねフイッと気づくと消えていて聞きたいことも心に沈む

すらいむ研究所

今日も雨

 大荒れになると予想していたら雨降り。それはそれでありがたい。本日も、とわちゃんとわかちゃんが来ていたのでシャバに遊びに出た。
 小雨模様の中で空を見ると太陽が雲の中に見える。
P1090364.jpg
気温も4℃くらいまで上昇するので、ありがたい。

 ふたりはプレハブの名称を『スライム研究所』としているのだが看板をあげたようだ。
P1080364.jpg
ちょっと見えにくいが「とっぱスライムけんきゅう所」と書いている。
 「とっぱ」って何だと聞いたらテレビでやっている番組らしい。とんでもないことが起きたときに突破する考えを示すそうだ。見たことがないからわからない。
 そして、いろいろなことを書いて窓ガラスに紙を貼りだして筆記用具を下げている。
P1080365.jpg
これを見ると「どんなスライムを作ってもらいたいですか」とリクエストを書いているのだ。
 なるほど研究所だなぁ。2人のおかげでプレハブの中はグシャグシャです。まったく・・・。無線ができないぜ。ま、それはそれでいいのですが。


さて、昨夜のレバンノンにおけるゴーンの記者会見。何が残念かと言えば誰でもが期待していた政界の関係者の名前が出なかったことだ。ゴーンが忖度して名前を出さなかったのである。まったくヤツも話にならない。
名前が出たらヤバいと思っていたアイツとアイツとアイツとアイツはホッと胸をなでおろしたに違いない。
しかし、そいつらの名前もほぼ出そろっているらしいのでやがて出てくるんだろうと思うが。
それよりも非道いのがこの記者会見に合わせて、日本で記者会見した法務大臣モリマサコと言う歌手の名前のような女性。
「(日本の)法のもとで無罪を証明すべきだ」と発言し資料にも書いたという。ところが法の精神である「疑わしきは罰せず」の論理から逸脱しているので、あちこちからバッシングを受けた。つまり「証明」とは何だ。証明するのは検事のほうだろう。日本はそんなにひどい司法制度かとも出たとか。ま、確かに非道いですけれどね。一度、出された逮捕令状が直前で引っ繰り返るという令があるくらいですから・・・。それはともかく。
その途端、彼女は「証明」は「主張」と言うべきだったと訂正したというのだ。記者に配布したプリントにも「証明」と書き、会見で実際に話しても「証明」と言うくらいだから、この法務大臣は間違いなく上から目線で「疑わしきは罰せず」などとは考えていないことをあらわしている。
ま、言い間違いというのは譲らないでしょうけれどね。ひどいもんだ。この人も辞任すべきだろうね。

ひどい、ついでに・・・。アベシンゾーは中東歴訪を予定どおりにやるとのこと。トランプが戦争には至らないような発言を受けてのことだ。秋田弁でこういう人間を「みのごなし」と言う。「カンジョワリー人間」とも言う。
こんな人間の命令で中東に派遣される自衛隊のメンバーのなんと気の毒なことか。アベシンゾーは中東へ行け。がんばってこい。できれば帰ってこなくてもいい。
しかし、自衛隊は絶対に派遣してはいけない。何がおこるかわからないのだ。自衛隊派遣はダメだ。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

  「♪バデユアヤン」大声出して孫たちはクイーンを歌うWe Will Rock You

自衛隊中東派遣即中止を

終日雨降り

 今日は大荒れの予報だったがシトシトと雨が降るだけで穏やかと言えば穏やかな1日。
 とわちゃんとわかちゃんの子守りがてらシャバに出た。シャバから西山方面を見ると空模様は不穏な感じがするが今のところ天候は問題はない。
P1080366.jpg
この写真を撮っていたらわかちゃんが
「何を獲ってるの?」
「空がカッコいいからねぇ」
この空の様子をカッコいいと感じるか感じないかは人それぞれだが・・・。ボクはとてもカッコいいなぁと思う。
天気予報を見ると強い冬型になりそうである。明日は大変かもしれないなぁ。


さて、アベシンゾーである。
中東に歴訪してデカイ顔をしてくるとの話を、イランの在アメリカ軍基地(イラクにあるらしい)をミサイル攻撃をしたので歴訪を中止するとのこと。
バカヤロー。この前までデカイ顔をしてアメリカとイランの仲介をすると言っていたはず。それが身に危険が迫ったと思ったのか「止める」とのこと。
そのまま中東に行って必死に説得し続けて帰ってこなくてもいいと思っていたのだが・・・。
自分がそれだけ危険だと感じているのなら自衛隊の中東派遣も止めるべきだろう。それが男だろう。それもしないで単にトランプの機嫌をとりたいだけで自衛隊を差し出すつもりだとしたら最悪のバカヤローである。日本男児とはけっしていうことはできない。何が「外交のアベシンゾー」だ(怒)
そうそう忘れていけないことがある。イランとアメリカが緊張関係になったのはトランプがイランの司令官を殺害したことに原因がある。それをどこのマスコミもこんなイランの主権を侵害するようなことをやったトランプが悪いと言う論調を書いていないし報じていない。それこそ日本の問題だろう。
そりゃあ確かにイランの司令官がこれまでとんでもないことをやっていたかもしれない。しかし、それと今回のトランプのやったこととは別問題だろう。と、ボクは思う。要するにトランプは自分の点数稼ぎのために戦争をしかけているのだ。
自分だけは危険から身をかわし、自衛隊は危険な場所に行け。こんことは絶対に許せられるものではない。
アベシンゾーはトランプに尻尾をふるのみ。はやくやめてくれ。

と、言うわけで本日も腹立ち紛れでブログ終了です。

  ラジオから「暴風警報発令」と流れていても無風が恐い
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR