テレビを消せる?

各地で梅雨明けとか

我が南外村から職場方面の朝方は猛烈な雨。しかし、天気予報では各地で梅雨明け宣言が出されるだろうと言っている。
帰りの車でラジオを聴いていたら関東地方など軒並みに例年よりもかなり早い梅雨明け(らしい)宣言が出た。
今日は夕方から大曲で教職員組合の大曲仙北地区大会が開催された。それに向けて出発する時間になったら西の空に沈む夕日の木漏れ日が見えている。
P6280003.jpg

セロリー日記

夕方からの大会はCOVID-19のためにいつもの親睦会もおこなわれなかったので帰りに皆で飲むはずだったお土産があった。
それを持ち帰ったらセロリーが興味津々で近寄ってくる。
P6280004.jpg
フフフフ。中味はなんだろうね。


本日のアマチュア無線

まったくボウズでした。


今日の帰り道。ラジオでは政見放送をやっている。ちょうど立憲と自眠党だった。最初に立憲を聴いたが具体的に当選したら今後やりたいことを話している。それは物価値上げについても年金削減についても学費の問題にしても具体的である。
ところが自眠党になったらキシダメが、あのドリルオブチと掛け合いで話している。内容はまったく具体性がない。物価の値上がりについて話しているのを聴いて車の中で吹き出してしまった。
「もしもガソリンの値上げがこのままだったら今は210円になっています」
と、言う。フーン、ガソリンの中にどれだけの税金が含まれているのかも言わずに、さも自分の手柄のように言うのだ。
また、すべての値上がりの元凶はロシアのウクライナ侵略だと言うような論調だ。物価値上がりはある程度仕方がない部分があるとしよう。しかし、ここ20~30年賃金や年金がまったく上がらないと言うよりも下がっている状況では国民の生活は値上げによって直撃される。
ところがキシダメとドリルはそんなことには全く言及しない。さすが自眠党である。

少し話はかわるが・・・。
今、東京では電力が逼迫しているという。しかし、熱中症で病院に運ばれる人の数が半端ではない。
だからエアコンはつけて普段使っていない電気の点灯を抑えようなどとキャンペーンをはっている。
ところがネットを見ていたらそんな電気を消したり点けたりするすよりも、もっと節電できる方法があるという。それはテレビを消すことらしい。
ある調査によると1時間あたりエアコンの消費電力は130Wだが普通の液晶テレビは220Wとのこと。
しかも、エアコンをつけなければ命を落とす危険があるがテレビだったら点けずに昼寝でもしていればいいから命は落とさない。
そんな話をしたらオッカアが
「オラ、テレビがネーば死んでしまう」
と、いう。なんてこった。自眠党の回し者か?アレッ論点がずれた感じもするが・・・。
ボクはテレビなんかつけなくても全く問題ない。ラジオがあれば十分。ラジオの方が世の中をしっかりと分析している。
節電でテレビを消せますか?と聴かれたらボクは消せると答えるだろう。

話がずれたが物価高は政権の責任が大きい。こんな政権でよいのかと考えたら自ずから投票先は自眠コーメー党じゃないはずなんだが・・・。
あきらめないことにしよう。


本日はこれにて

  キュンは恋ジンワリは愛フンは粋どれを選ぶか?そりゃあカ行さ

タチアオイ

雷雨

朝から雷雨。
ピカッゴロッと一発で鳴ったのでヤバイッと思ったが無線室に向かうのも怖いので、そのままに・・・。
今日は蒸し暑かったですねぇ。
職場でも大変だった。それでも勤務が終わって帰る頃には雨が上がった。
今、タチアオイが満開になりつつある。
P6270001.jpg
道路を走っているとカラフルな花が目立つのだが南外村に入ってから白い花を一枚。


本日のアマチュア無線

21MHzの交信だから写真にしませんでしたが2月にエジプトと交信したカードが届いた。やはり紙のカードは嬉しい。


セロリー日記

セロリーの足はかなり回復してきたようだ。怪我した左足も少しずつ床を踏むようになっている。餌に薬をまぜて飲ませているので日中は寝ている時間が長いらしい。
P6270002.jpg

本日はこれにて生存証明です。

  マスコミは両論併記で政権に忖度しつつ権力応援

歌人懇話会総会・短歌大会

まずはセロリーから

あまりにも足を引きずって歩くので心配で獣医さんのところに出かけた。
P6260001.jpg
ここの「かざわペットクリニック」は日曜日も午前中はオープンしているので満員の盛況。それにしても犬が多いなぁ。梅干しの種を食べたので心配でとかけつけた人もいた。ウーム・・・。
スズメも10年飼っているらしく嘴を切ってもらいにきていた。
で、セロリーは診察室に入った途端にドクターを睨みつけ威嚇し脱兎(猫)のごとく走り飛び回りだした。ドクターはあきれて
「これなば大丈夫だんす」
と、呆れて化膿止めの薬を出してくれた。
P6260080.jpg
とりあえず一安心だが座り方が何だか不格好。


で、午後から開催される秋田県歌人懇話会の総会と短歌大会に間に合うことになった。
会場の秋田市川反の近くにある協働社大町ビル。昔は何度も合宿などで利用した施設だ。P6260016.jpg
大町ビルの向かいには赤れんが舘があり勝平得之の展示がある。
P6260017.jpg
総会も短歌会も無事終了。
今日の総会ではなかなかに、おもしろい意見や話が出てボクにとっては結構おもしろかった。と、書いておこう。


今日のアマチュア無線

朝方、7MHzで何げなく読んでいたジンバブエができたようだ。よかったよかった。


と、言うわけで少々疲れ気味。本日はこれにて

  川反でコンビニ探し見つからずそりゃあそうだよ飲み屋しかねぇ

自民公明は強いなぁ!

フェーン現象

午後から大曲に出かけた。DIY店近くから空を一枚。アッチーナァと感じる空が広がっている。
P6250001.jpg
今朝、大雄村に住む友人からは「妙な強い風が吹いています」とラインが入っていた。
朝からそれこそ妙な風が吹きあれていた。おそらく常時風速は10mを超えていたと思う。
気温も30℃近くまで上昇。おそらくフェーン現象だろう。

と、思いながら久しぶりに平山書店に寄ってきた。
注文の雑誌類を受け取ったついでにNHKテキスト『危機の時代の歌ごころ』を一冊も購入。
パラパラと見ると「戦争」「災害」「社会の差別と偏見」「パンデミック」「声をあげることの意味」などについて歌人の今野寿美さんが解説している。

「戦争と短歌」の項目で森鴎外の『うた日記』を取り上げている。
アレッ森鴎外・・・・どこかで見たなぁ。思い出した。昨日のブログで朝日新聞の天声人語を引用して東京五輪のご都合主義の居直りについて書いた。
その天声人語の枕の部分が森鴎外の『うた日記』だった。
天声人語によると軍医でもあった森鴎外は従軍中に詩歌を集めた『うた日記』の冒頭に「世の批評家よ、あんまりうるさく咎めてくれるな。日記の歌がみんな秀作だったら、俺は歌の聖だろうよ」と書いたらしい。東京五輪の犯罪的な居直りとは違うから森鴎外の居直りはメンコイなぁと思っていた。
そんな森鴎外と『危機の時代の歌ごころ』の中で出会ったのである。気になることを頭に入れておくと出会うという法則があるらしい?。
森鴎外の部分だけをチラッと読んだ。今野寿美さんは『うた日記』の解説に森鴎外の「ますらお」ぶりを褒め称えていると感じた。そりゃあそうかNHKのテキストだから「おおきみ・天皇」の悪いことは言えないのかもしれないだろうなぁ。
そんな意味でも『危機の時代の歌ごころ』は短歌ばかりではなく詩、俳句なども取り上げているので忘れないうちに読もう。
ついでに森鴎外の『うた日記』は読んだことがないので岩波文庫の古本を見つけてポチッとした。


参院選公示になった途端に新聞紙上では状況の分析である。
自眠コーメー党やイシンなどが安定して強いようだ。
物価高はウクライナ戦争のせいだと人のせいにしても、軍事費を増やすと言われても、給料は安いままで我慢しろといわれても、消費税は下げないといわれても・・・・あれだけウソをつかれても・・・。
自民コーメーを支持するんだ。ある意味、日本人ってマゾヒストなのかと思ったりする。
そのうちに気づく人も出てくるとあきらめないことにしよう。
それにしても自眠コーメー党は強いなぁ。ある意味すごい。でも、ボクはこんな政権や政治の姿勢は絶対に嫌だ。


今日のアマチュア無線

21MHzでコロンビア、中国、キルギスタン、ルーマニアなどと久しぶりに複数の交信ができた。でも、いわゆる珍しいジンバブエやアンゴラなどは見えても交信できない。
7MHzでカナダとできたのが妙に嬉しい。と、思っていたらその後フォークランド・ウルグアイ・アルゼンチンなどの南米と交信できたので7MHzも悪くないなぁと思った次第。でも、奥深い所はみえない。


セロリー日記

昨日、高いところから飛び降りておそらく怪我した左足をひきづりながら歩く。瞬発力はなくなっているが何となく動き回る。
自業自得と言えば言えるが気の毒だなぁ。そのうち治ると思うが・・・。
P6250002.jpg
無線室のボクの椅子の上で寝てばかりいるセロリーである。


本日はこれにて

  「飲みすぎよ」言われる度に反省はしてますけれどアル中なんだ
  沖縄の小二の読んだ詩に涙『こわいをしって、へいわがわかった』

セロリーが怪我を


久しぶりの雨模樣。
気温もそれほど上昇しなかったが梅雨特有の蒸し暑さはあった。
無線部屋から眺めても雨で濡れている。
HORIZON_0001_BURST20220624170510689_COVER.jpg


昨日、沖縄慰霊の日で小学校二年の子が読み上げた詩の全文が朝日新聞(2022.6.24付)にあった。
こわいをしって、へいわがわかった
平和とは何か。
見事に言い表している。



今朝(2022.6.24)の朝日新聞天声人語を見てスッゲぇなあと思った。
今日のブログは朝日新聞におんぶに抱っこ状態ですが・・・・。
東京五輪の公式報告書が出された内容についてツッコミを入れている。
天声人語はタイトルはつけないのだがネットで見ると『五輪の居直り』とのタイトルがつけられていた。
その居直りについての一つ目は次の通り。
『大会前に、組織委会長だった森喜朗氏が「女性が多い会議は時間がかかる」と発言し、批判を浴びた。辞任にまで発展した件をどう総括するのかと思いきや、「ジェンダー平等に関する日本社会全体の議論を活発化させた」と評価したのだ▼ことは五輪の掲げる多様性に関わる問題である。まさか議論に役立ったと書いてしまうとは。いじめっ子が友人のおもちゃを壊し「俺のおかげで新しいのが買ってもらえる」と言うようなものか』
そして、大会経費について
『立候補時の見積もりから倍増し、1兆4千億円余りに達した。そのことを反省するでもなく「経費削減に努めた」と繰り返している。さもなくば、もっと多額になったはずだと』天声人語には1兆4千億円と書いているが巷では4兆円は使途されていると言われている。それよりも少ない額が公式報告に記録されているようだがやオーバーした額をどこが補填するのかが書かれていないという。結局は国民の税金を充てるのだろう。
森鴎外の文章をもとにこの内容を書いている。さすがの文章だなぁと思う。

さらに、東京五輪の報告書については同日の社説でも『「財産」の名に値しない』として厳しく追及している。
シンキロウのジェンダー発言について
『開いた口がふさがらない』
と、あきれかえっている。
最後に『IOCの独善的な体質や、肥大化した五輪そのもののあり方を問い直し、改革の議論の先頭に立つことが、東京大会を開催した者の世界に対する責任だ。30年の札幌冬季五輪の夢をいくら語っても、国民の胸には届かない』
と、一刀両断。
まったく同感である。
アベシンゾーのウソでまみれた誘致の言葉から始まった東京五輪についてボクは終始反対の立場だった。それが報告書になっても相変わらずは「バカヤロー」なのだ。
レガシーだの何だのと言っていたことにもどんな言及があったのか・・・。
国民は忘れるとでも考えているのだろう。フザケンジャネー。
と、書いておこう。


今日のアマチュア無線

相変わらずジンバブエを呼ぶ人たちは見えるのだがボクには見えない。こりゃあアンテナが壊れてたのかなぁと思い、クウェートが見えたので試しにベアフットで呼んだら普通以上のレポートが帰ってくる。
もしかしたら交信しなくてもいいよ。というボクの気持ちを電離層は気づいているのかも・・・。


セロリー日記

例によってやんちゃな態度を誇っていた。その時の写真
P6240003.jpg
ところが高い所からジャンプした時に何かに左脚を引っかけたらしい。突然、おとなしくなってしまった。動かなくなったのである。
ところが鳴きもしないでジーッとしている。猫って我慢強くて偉いなぁと思ったが心配で近寄ったら痛いらしい所をなでさせてくれるのだが痛い部分にたどりつくと齧り付く。
仕方がないので時間をかせぐしかないと考えジーッとさせておくことに。明日の朝にどうなっていることやら・・・。獣医へGOかなぁ。

本日はこれにて

   カルガモが一羽道路を横断す子どもはいないそれでもいいのだ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR