ツルカメ?

サビガッたぁ

 今朝は冷え込んだ。零下7~8℃になった。隣んちのヒロオ君は勤務先に向かうときに南外村と大森町の境界グリーンロードの峠越えをしてゆくはず。おそらく、その頂上では零下10℃には下がっていたと思う。
 朝、日の出近くに木々の枝を見ると霧氷がついてる。
P1264407.jpg
何だか不気味な感じですが霧氷です。
 日中は気温が5℃前後まで上昇。雪消えが進み、積み重なった雪の壁も低くなった。ありがたいことである。


今日の衆院予算委員会は仕事で見ることができなかった。そこで、テレビやラジオのニュースを聴いてみるとやっぱりスガーリン政権は最悪だ。
COVID-19の入院拒否などについて国民の自由な権利を制限する罰則や罰金などを設けるとのこと。そのことについて野党は罰則や罰金は設けるべきではないと主張。当然のことである。
誰が話したの忘れたが
「罰則や罰金を受けるべきは、COVID-19対策を先延ばしして蔓延させた政治家・政権だ」
と、追及した議員がいたことに鋭く納得した。
スガーリン政権はCOVID-19の対策だと言いながら国民の自由の制限やマイナンバーカードの強制をしようとしている。火事場泥棒そのものだ。
これじゃあ国民のほとんどが納得しない。スガーリン政権の支持率はもうすぐ30%割れになるのは確実だろう。
そうそう、もう一つラジオで放送してした内容で印象的だったこと。
立憲民主党の議員がスガーリンに質問したことだ。自民党が10年ほど前の野党時代にスガーリンが予算委員会で質問したとのこと。内容は不祥事をおこした金と政治姿勢についてだった。不祥事を起こした議員はとっとと議員辞職をすべきだし、裁判を受けている状態だったら議員辞職勧告をやるということを堂々と主張したという。
そのことについて、今、カワイアンリやアベシンゾー、卵議員たちを抱えている立場としてどう考えるかを問われたスガーリン
「記憶にございません」
だと。バカヤローである。お話にならない。
こんな人間が首相ではCOVID-19感染症の対策には期待が持てない。とっとと辞めてくれ。


当たりました

お年玉付き年賀状の番号を調べたら去年は外小友郵便局長が初めて見たという2等が当たったが今年は3等が6枚当たっていました。それでもありがたい。
今日、余った年賀状の交換のついでに引き換えてきた。
IMG_20210126210253cf3.jpg
今年はシール式の切手が2枚。63円が鶴と84円が亀の絵柄である。何となくモフモフの犬っぽいが「大入」マークなんだろう。
鶴亀と言えば母が元気だった頃の話を思い出す。母は妹の出産の手伝いで鎌倉に行っていた。妹の子どもたちの子守りがてら鶴ヶ丘八幡宮に散歩に出たとのこと。
その時に母はティッシュが必要になり売店に寄った。
「チリ紙ください」
と、言ったつもり
「はぁ?」
店員さんは聞き直した。母は秋田弁で
「ち・り・が・み」
すると店員さんは
「エッ?鶴亀ですか?」
訛っているから、わかるように母は「発音(はちおん)」よくしたつもりで
「ツ・リ・ガ・メ」
などと言ったんだろう。どうも秋田弁の「はちおん」を文字で表現するのがムズガシーがチリ紙とは聞こえなかったんだろう。
我が家では、それから母が亡くなるまでティッシュ類のチリ紙はすべて「ツルカメ」だった。
「ツルカメとって」
「ほれっ」
って感じですね。
我が家だけで通じる「言葉」を作って得意げにその時の話をする母ももういない。


本日のアマチュア無線

今日は結構多くの局と交信できた。基本的には呼ばなくてもいいのだが、デジタル通信初心者なのでどんな飛び具合かあるいは応答具合かを確かめながらやってみる。
午後3時過ぎ14メガではマリアナ・オーストリア・イギリス・ドイツと交信。ロシア圏と中国がズラーッと並んでいる。
その後7メガ。UAE・サウジアラビア・USA・エクアドル・フォークランド島(VP8)・アンドラ(C31)・ベリーゼ(V31)など。前に後進したブラジルの局が何だかしつこく呼んで来る。しばらく無視していたが応答したら、今度は向こうがいなくなっちゃう。何てこった。
そして、難儀したのがその昔3.5メガや7メガCWで交信してDXCCや5バンドDXCCなどに申請したGW3YDXである。CQ JAを出しているのだが、どこで呼んでいいのかわからない。何回、呼んでもさっぱり見向いてくれない。
午後6時になり一杯やる時間だ。そろそろあきらめようと思い明朝のためにアンテナをロングバスから北の方向に回しておこうとしていたら信号が強くなる。アレッ?ショートパスかと思い、ご本尊の出ている周波数からかなり離れた場所で2~3回呼んだらコールバックがあった。何十年ぶりかにデジタルで交信できた。
なかなか難しいもんですね。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

  母校にて突然勤務することになっちゃったボクは慌てふためく

内閣支持率続落

今日も好天

 朝、午前6時半過ぎ。東の空は赤く染まってきた。
P1250366.jpg
今日も一日中好天で過ごしやすい。仕事先でも温かくて何だか眠くなりそうな感じ。ありがたいですね。


スガーリン支持率続落

 朝日新聞にスガーリン政権の支持率が掲載されていた。
Screenshot_21-01-25_21-31-24.jpg
支持率は内閣発足の時からほぼ半分まで下がり65%から33%に。そして不支持率は13%から45%に上昇。こちらは3倍だなぁ。
ただ、支持する人が33%もいるのが不思議でならないし不支持も45%でとまっているのも信じられない。あくまでもボクの実感だが支持率は10%で不支持率は85%ぐらいのもんだが・・・。
それでも、無党派層の支持率が51%から16%に落ちたというのがスガーリンの政策のひどさ(特にCOVID-19対策)を裏付けている。
東京五輪については、この夏の開催が11%。再び延期が51%で中止が35%ということだ。この「再び延期」の多いのが気になる。延期を考える人たちってアスリートを考えていないんだろうなぁと思うのだが・・・。だって、アスリートの旬?は大会を先に延ばすことによってどんどん新鮮さが失われることを慮っていないからだ。
毎回書くが世界的にCOVID-19蔓延の「今」は東京五輪中止にすべきだ。

今日は衆院予算委員会がおこなわれてた。職場の往復のラジオでチラッチラッと聴いていて家に着いてからテレビを少し見た。
スガーリンはダメだなぁ。自分の考えが全くない。官僚から「ここを話して」と指示されて答弁している始末。
こりゃあCOVID-19の収束はおぼつかないとつくづく感じた。しかも、あのガラガラ声。野党の議員に質問されていたが「たいしたことがない」と誤魔化していた。
そう言えば代表質問の時にもゲホゲホやっていたなぁ。大丈夫じゃないかも・・・。
明日からの予算委員会見たいんだけれど仕事だし。残念。


本日のアマチュア無線

 21メガを聴いてみた。するとルーマニア、ロシア、韓国、アラブ連合などと交信できた。J8のセントビンセントも一瞬見えたので呼んでみたが消えてしまった。それよりも何よりもエフさんに呼ばれたのでオーッ!と無線機の前で声をあげてしまった。ありがとうございます。
 7メガではカナダ、USA、スペイン、カナリー島は2局などと交信。
 ま、楽しんでおります。ハイ

本日はこれにて。

  出会いとは奇蹟の一つ好き嫌い?そりゃあもちろんヒトなんだもの

大寒はひと休み?

今日も晴れ模様

 気温は少し低かったが薄雲の合間から太陽が顔を出してくれた。軒先では屋根の雪が溶けて水の雫がポタポタと落ちている。
P1244405.jpg
今日も冬としてはありがたい日曜日だった。


それにしても自民党はいいなぁ。イシハラノビテルという元大臣。イシワラシンタローの息子。COVID-19に感染したとのこと。ところが無症状にもかかわらず、とっとと入院したとのこと。東京では多くの妖精社が待機しているにもかかわらず・・・。立憲民主党の国会議員は自宅待機していたが病院に向かう途中で亡くなったそうだ。ネットでは「上級国民」だのと非難囂々である。非難は当然のことだ。
スガーリン政権はノビテルを優先的に入院させる措置などでCOVID-19の治療に関して優先順位(トリアージ)をつけるってことを明言してるのかもしれない。
自民党って「自」分の事しか考えずに「民」のことは考えない「党」ってことなんだろう。こりゃあスガーリンたちに頼ったらトンデモないことになりそうだ。

東京五輪。参加国が少なくても、無観客でも、絶対に欠かせない医療チームの人数が足りなくてもとにかくなりふり構わずやるつもりらしい。国体に毛のはえたような大会になってしまうと昨日も書いたが、世の中にはミニリンピックだと言う人もいる。
つまり、オリンピックの憲章に背くような東京五輪をやろうとしている。オリンピックを「金儲けの道具」と考えているだけだからだ。
アスリートのことを可哀相だなんて言っているが、実際は考えてなんかいない。アスリートのことを考えるんだったら早く中止の判断をすべきだ。


本日のアマチュア無線

 午前9時からのADXAオンエアミーティングに声を出して秋田市内の皆さんの元気な声を聴く。
 午後3時頃からデジタル通信のFT8とFT4の周波数を1時間ほど聞いてみた。7メガでアメリカの奥深い地域とかメキシコと何局か交信。14メガではヨーロッパと何とか交信できた。呼ぶタイミングがなかなか難しいと感じる。
 でも、普通ならば交信できない(聞こえてこない)地域とも交信できるのが面白いし不思議である。


と、言うわけで本日はこれにて・・・。

  軒先に水の雫がポタポタと落ちる大寒ひと休みの日

♪ビー・マイ・ベイビー

快晴の1日

 朝方は気温が-5℃前後。日中は晴れ上がった。写真は雲が出始めてから1枚撮ったが青空が見えている。
P1230368.jpg
隣のタダヒロ君が除雪機を稼働させている。ボクも真似してやるなら今日しかないと思い除雪機を引っ張り出して屋根から落ちた雪を飛ばした。ついでにスライム研究所の屋根に登って積もった雪もおろした。これでかなりスッキリした感じになった。
 ありがたい晴天の一日である。


誰も責任をとらない

 先日、カワイアンリが東京地裁で懲役1年4ヶ月執行猶予5年の判決を受けた。そのことを聴かれたスガーリン。簡単に言えば「オレは知らんよ」的なことを言っていた。フザケルンジャネー。カワイアンリに最もかかわったのはオメーだろう。そして、アベシンゾーに二階から目薬だ。そのチラシがある。
カワイアリンちらし
『だから河井あんりさん』だって。ホットケーキおじさんよしっかりしろよな。
 責任をとれよ責任を。鉄面皮ドモめ。

ついでに東京五輪。

 昨日のブログにイギリスの新聞が東京五輪開催は断念すると政府高官が話していると伝えたことを書いた。それについて今朝の朝日新聞に『英紙「非公式ながら(中止の)結論」』の記事について『五輪中止報道、日本政府が否定』と報じている。
Screenshot_21-01-23_20-32-33.jpg
だが『「昨春に似た空気」懸念の声も』という小見出しもある。
 政府や悪い方のコイケ東京都知事たちがイギリスの新聞に掲載されたことに異常(異様)に反応していることが妙である。裏に絶対に何かがあるはずだ。そうでなければこんなに必死に打ち消しをするはずがない。英紙に堂々と抗議でも何でもすべきだ。そうした後で堂々と胸を張って「抗議しました」と言えよ。
 それよりも何よりも朝日新聞もそうだが日本の大新聞が、これだけのCOVID-19の状況にもかかわらず、一つも五輪への懸念を表明しないことだ。
しかし、チラッとは今朝の朝日新聞の『聖火リレー規模縮小も』とは書いている。でも、開催前提にしていることは間違いない。
Screenshot_21-01-23_20-33-29.jpg
聖火リレーの規模縮小は書いているが・・・・
 緊急事態宣言の延長を必死になって防いで聖火リレーをやるのかどうか。もしも緊急事態宣言が長引いたらその都府県を通らないことになるのか?などの疑問については全く書いていない。
 例えば福島まで行った聖火リレーが栃木県で緊急事態宣言が出ていた時に車で運ぶんですかなどなど・・・。
 最大の問題点はスガーリン政府や東京都知事や鮫の脳みそモリたちが「人類がコロナウイルスに勝った証」などと威勢のいいことを言っていることだ。彼らはこの威勢のいいことを言うための証拠あるいは証明を全く出していないことだ。
 つまり、東京五輪は絶対に無理。やれるわけがない。思いや気持ちだけでコロナウイルスの絶滅ができるはずがない。
 もしも、強引に東京五輪をやったとすれば参加国は少なくなり国体にちょっと毛のはえた程度の大会になるだろう。それよりもあちこちの国の人々から新型コロナウイルスや変異したウイルスが紛れ込んでハイブリットの超新型コロナウイルスが日本に蔓延する可能性だって否定はできない。
 早急にやるべきは東京五輪の中止判断。そして、COVID-19の対策にその金を使うことだ。


本日のアマチュア無線

 今日は休日だったので除雪の合間に無線をチラッとやってみた。何だかボクにはVPとかZDとかPJとかZのプリフィックスのついた局を見ると呼ばなくてはという強迫観念がありそうだ。
 と、言うわけで14メガでアンギラ、キュラソーなどと交信。夕方、ロングパスでポーランドを呼んだらなんと言う事でしょう。ドイツ、フランス、オランダなどなどから次ぎ次ぎに呼ばれてしまった。悪い気はしませんね。ハイ
 7メガではセントヘレナとロングパスで交信。しかし、東欧圏を中心としてヨーロッパとは交信がなかなかできない。そうそう、あまりFT8やFT4ばかりで交信していても(デジタル通信の勉強中だから仕方がありませんが・・)仕方がないのでCWもたまにはやろうと思い朝方ロングパスを聴いたらペンシルベニアの局が599で聞こえている。DAVEと久しぶりにリズミカルなトンツーの交信を楽しめた。
 そうそう、新年のQSOパーティーのステッカーが届いた。今年は丑年。
IMG_20210123203655a11.jpg
12支をそろえるにはもう7年かかる。はたして・・・。まずは1年ですね。


先日、安野光雅さんとフィ・スペクターの死去が報じられていた。安野さんには絵本や算私語録などの本でいろいろと楽しませてもらった。
フィル・スペクターは何と言っても晩年のビートルズのプロデューサーとして有名だ。ほとんどの曲を聴いている。ただ、ボクは彼の初期作品1963年のロネッツの『ビー・マイ・ベイビー』が大好きだ。

その頃、大好きな子がいてこの曲を聴くと今でもその人のことを思い出す。
2人の冥福を祈りたい。

本日のブログはこれにて。

  ロネッツの『ビー・マイ・ベイビー』イントロで六十年に時間はワープ

梅田クン

雨になる

 今朝、起きて見ると雨が降っている。気温は1~2℃前後なので雪解けはたいしたことはないが「今のところ」はとてもありがたい。
なぜ「」付かというと、これから大雪になるのかそれとも屋根から雪が落ちてくるのか半分はわからないという不安があるからです。
 今日から金曜日も勤務があり仕事が終わってからホッとしてスライム研究所でギターをかき鳴らしていたらノブ君がやってきた。
 地域の児童館の今後について打合せ。その後、ノブ君が帰ってから空を見上げたら上弦の半月が出ている。
P1224401.jpg
こんなに天気の良い日がどれだけ続くことやら・・・。


国会中継を見ることができなかったので録画されているのをチラッと見た。国会ではコロナ特措法について休業要請などで守らなければ罰則(罰金など)を設けるということについて野党から文句が出ていた。
文句が出るのは当然のことだ。罰則を設けることがスガーリン政権の火事場泥棒的な「きも」だと思うからだ。結局、スカスカスカーリンたちは国民の自由を奪いたくて奪いたくて仕方がないことの意思表示である。
こんなことを火事場泥棒のように決めてしまえば、ヤツらは味をしめ次はマイナンバーカードを作らなければ罰則などと言い出すはずだ。もっともっと国民の自由に手をツッコんでくることは間違いない。スカスカスカーリンの緊急事態宣言の火事場泥棒には充分に気をつけなければ・・・。
そう言えば、スガーリンが答えるときに咳き込んでいたのがとても印象的だった。この男はコロナ感染したのではないかと一瞬思ってしまった。どうなんでしょうかね。
来週からの一問一答の予算委員会でどのような振る舞いにでるのか楽しみと言えば楽しみ。でも、とっとと辞めてもらいたい。

東京五輪についてイギリスで「「五輪中止の結論」と英紙」が報じたとの。当然である。ところが政府は打ち消しに躍起になっているようだ。五輪中止は早く決めた方が各方面への影響が少なくなる。とっとと決めろ!



本日のアマチュア無線

夕方から7メガで聴いて(見て)みた。エクアドルはなんとか交信できた。ウルグアイ、チリ、USAは割と楽に・・・。その後、ロングパスでイギリスのジャージー島が見えている。2日前から見ていたが交信できなかった。難儀したが何とか相手が拾ってくれて交信成立。レポートはこっちが-18相手からは-24だから向こうには届きにくくなっているのだろう。その後でイギリスの2局とも交信。そのレポートは
相手 -16
こっち-22
そしてもう1局は
相手 -20
こっち-24
コンピュータが判断した信号の強さだからリアルな値だろう。するってぇと、もしかしたら500Wではパワー不足かもしれない。ま、免許状の通りだし高出力のリニアアンプもないので届けばいいのだが・・・。その後はノルウエイと交信。そっちはほぼ同じレポート交換。
アマチュア無線は奧が深いですね。

本日は少々疲れ気味。これにて・・・

 ヒロユキを思い出します今の時期彼の苗字は梅田クンです
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR