「魁」スクープ素晴らしい

気温上昇

 今朝、職場に向かう前に我が家から新しくできたバイパスをみた風景。
PC110364.jpg
田んぼに雪は積もっているのだが何となくのんびりした風景が広がっている。一日中気温も最高気温が7~8℃くらいで過ごしやすい一日だった。


イーズアショア配備見直し!

 今朝(2019.12.11付)の魁新報を開いたら一面にドーンと『イージスアショア新屋配備見直し』の記事が目に飛び込んだ。
IMG_3665.jpg
そりゃあ当然のことだ。
 秋田犬では参院選挙で自民党は現職が負けているしトンデモない測量データもあったので当然新屋配備は諦めた当然だよなぁとボクは一瞬考えたのである。だいたいイージスなんかは効果があるかどうか疑問視されている。しかもイージスはアメリカにアベシンゾーが押し売りされている代物なことが明らかでもある。それを秋田・新屋に押しつけようというから見直しというか中断は当然のことだ。
 と、思っていたら夕方のテレビニュースで秋田出身のガースー官房長官が「そんなことはない」などと会見で話している。バカヤローである。オメはどこの出身だ。秋田のためになることぐらいやれよ。
 と、思ったが人の噂で確証はないのでとりあえず書いておくが・・・。ヤツは横浜かどこかの閣議決定で定義されない人たちの推薦で当選したとの話もある。何とまぁ推測だらけの書き方で申し訳ないがアベシンゾーたちの言い回しを真似してみたのであります。
 イージスアショア新屋配備なんか絶対にダメだ。
 そう言えばボクの住む大仙市議会は「イージスアショア配備の反対請願」を否決したとのこと。大仙ってボクの住んでいるところだ。そこの市議会で反対決議を否決したとは話にならない。
 ボクが住む大仙市市議会はイージスアショアに反対する気持ちがない。あるいは一度立ち止まって考えみようという意識がない。残念で仕方がない。もちろん反対議員はいる。その人たちは応援するし支持したい。
 考えてみれば大仙市に広域合併したこと自体が問題がある。と、言うことまで思いが進んでしまう。

 何だかごたごた書いてしまったが・・・・本日はこれにてブログは終了です。

   
   「酒のむな?」そりゃあ無理です甘露なる酔い覚めの水やめられません

定義って何?

朝は冷えました

 朝方の気温は-5℃以下に。濡れていた道路は凍結してブラックバーン状態。夕方、聴いていたラジオでは秋田道の横手-大曲間で多くの事故があったと報じていた。スリップ事故である。
 昼頃には曇り空ながら少しずつ気温が上がってきて、この時期では過ごしやすい気温7~8℃になった。写真は雄物川の河畔である。場所は南外村春木沢付近。
PC100364.jpg
向こうにポコンと見えているのが神宮寺嶽。


スッゲーなぁ

 何がスゴイって?それはアベシンゾーの政権のことである。桜を見る会に反社会的勢力を招いたことがバレたら反社会勢力の定義を閣議決定したと毎日新聞のWEB版に載っていた。
『政府は10日、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定した。政府による「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」とした』

要するに自分たちが招いた人たちは反社会的勢力ではないという「言い訳」「誤魔化し」に過ぎないとボクは読んだ。サッカーのゴールボスとを移動するようなルール違反である。野球だったらスリーアウトになってもチェンジをしないルールを作ったようなもの。
もしかすれば警察も検察も不要ってことになるのかもしれないなぁ。
 もっと言えば、この政権の人たちは「自分たちが決めれば一般の国民も反社会的勢力だ」と言い出しかねない危ない人間たちの可能性もある。と、思う。

早く、辞めてもらうしかない。諦めずに辞めてもらうことを願い続けたい。


一つ、いいなぁと思ったことがある。それはボクは今でも返上しろと思っている2020東京五輪のこと。東京五輪への小学生の見学などが相次いで辞退しているとのことだ。
当然のことです。先生方の判断は児童生徒のことをしっかり考えていて素晴らしい判断と言える。
その判断を誉めたいのです。さっきも書いたが今でも良いから東京五輪なんか返上してしまえ。


本日のブログはこれにて終了です。

   わが日本どこまで底が抜けるやら「反社の定義」閣議がずらす
   サッカーのゴールをどかすようなことを平気でやるか政権幹部

「いだてん」は良いねぇ

好天の工事

 今日は友人の電気屋工事士UXNが来て一日我がプレハブなどの配線工事をやってくれた。工事の途中だったが素晴らしい好天の様子を見て7NHzのダイポールを作ることになった。
PC090364.jpg
 大雑把に周波数の計算をしてワイヤーを切って途中に仮止めして測定。目的の周波数で「いいねー」となりタワーのトップに上げたら何と言う事でしょう200KHzも中心周波数が上がってしまう。ま、その辺はもう一度調整し直して仮止め。
 アンテナを無線機につないで聞いてみると7MHz全体のノイズがひどい。Sメーターが9までザーッという音で触れている。これはひどいなぁ。それでもCWを聴いたら『KH6/KU1CW』だったが聞こえていたので「・--- ・・・・ --・・・ -・・・ ー・・ ・・・」とモールスを打ってみたらすぐに「599 TU」と返ってきたので「599 TU」と返信。聞こえれば何とかハワイまでは飛ぶことがわかった。
 鉄塔に登ってもらい写真を撮ってもらい見たが結構錆びている。春からの課題ですねぇ。と、言うわけで少しずつ少しずつです。


NHK「いだてん」

 昨夜の放映を観た。
 その中で1964東京五輪を呼んできたと言われ組織委員会の委員長だったがクビになった田畑政治さんが、どうしても準備などの状況が納得行かないので五輪の組織委委員会に乗り込んで話した言葉が素晴らしかった。

『アメリカにおもねって原爆に対する憎しみを口にし得ない者は、世界平和に背を向ける卑怯者だ!』

見事である。その通りだと思う。広島出身の東京五輪の最終ランナーを選ぶときの話である。この最終ランナーに選ばれるはずの坂井君はボクと同学年。彼は1945年8月6日広島生まれで早稲田大学の陸上部だった。つまり、原爆投下の日に広島市で産まれたのである。
 その彼を選ぼうとするときに組織委員会のメンバーはアメリカに忖度して逡巡している。それに対して田畑氏は憤って乗り込んだのである。そして言った言葉が素晴らしい。
 さらには聖火リレーの出発点を当時アメリカ占領下にある沖縄にする。しかし、沖縄に「日の丸」を掲げたり持ち込んだりすることを躊躇う組織委員会に田畑氏は「日の丸」を持ち込むのである。アメリカに忖度して日の丸を掲げることさえしない日本政府に対する猛烈な抗議とボクは感じた。
 ボクは基本的に「日の丸」は嫌いです。「日の丸」のもとにどれだけの人たちが不幸になったことか・・・。そう思えば好きにはなれないのである。しかし、この田畑氏が沖縄で考えた「日の丸」については許せると感じた。

 こんな内容だから(つまり、政府に反抗する態度が明らかな内容ともいえるのだが・・)「いだてん」は妙に人気がないのかもしれない。だが、この反骨魂とでも言うべき展開がボクにとってはとてもおもしろいのであります。生まれて初めてNHKの大河ドラマを最初から最後まで(来週が最終回)観ることができるのがありがたい。


今日、臨時国会が終幕。午後8時からフジテレビ系列のBSで「桜を見る会」を中心とした政治討論会をみた。フジテレビはアベンシンゾー応援放送局である。どんな内容になるのかと思った。結構、司会者のソリマチというMCは政権寄りの話の誘導をしているのでボクは時々バカヤローとテレビ画面に怒鳴りながら見ていた。
立憲の長妻氏と共産党の田村氏が食い下がるからMCの思うようにはなかなか番組は進行しない。いいですねぇ。
アベシンゾーの税金の私物化を許されるわけがない。と、番組を観ながらあらためて感じた次第。

本日のブログはこれにて終了です。

12月8日

天候は一段落

 今朝から大雪は一段落して時々青空も顔を出した。
PC080364.jpg
この場所は南外公民館である。
 ここで短歌会「楢岡」新年号の編集会議がおこなわれた。
 7人が集まり楽しく短歌についていろいろと話ができたのが良かったなぁ。
そうだぁ、今日は12月8日。日本の卑劣な真珠湾攻撃から太平洋戦争の始まった日である。そして、ジョンレノンの撃たれた日でもある。どちらも「平和」と密接な関連があるメモリアルデーと言える日ですね。

 今日も生存証明でブログは終了です。


   国会の延長断る与党って全く見てない国民のこと
   絶対に納得できない「桜を見る会」私物化を追及しようゼ
   「逃げ切った」冗談じゃネー「逃がさねー」オレの税金返してくれよ

同窓会

同窓会です

 一年ぶりでした。やはり学生時代同じ国の空気を時代は違えども吸ったメンバーは年代は違えども良い。
PC070366.jpg
だから楽しい。

酔っ払っていますので本日はこれにて生存証明。楽しかったぁ・・・・・。また呑もうぜ!
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR