冷静に考えると

アベシンゾーは負けたんじゃね?

 確かに当選者を見ると勝っているように見える。でも、アベシンゾーやガースーや自民党のコイズミとかいう客寄せパンダたちが大挙して秋田に押し寄せてナカイズミを応援した。ブルドーザーで寺田候補を押しつぶすかのように。
 それに乗ってサタケをはじめとして県職員のオエライさんたちが勤務時間内にナカイズミのために応援コールまでした。秋田県内の主立った企業や自治体の首長たちが「為書き」をナカイズミによせていた。
 だが、彼らは負けたのである。原因はアベシンゾーをはじめとした自民党や公明党が秋田県民をあまりにもバカにしたからである。
投票前に
「今回はナカイズミ50票足りねくて危ねーがら一票頼む」
と、言う声が聞こえてきた。ふざけるんじゃネー。誰が入れるか。
 そんなこんなで秋田県は良識を示してくれた。

 昨夜は宮城で宿泊。ズーッと選挙結果のテレビ中継を見ていた。宮城県は60年以上続いた職業政治屋自民党アイチ一族とまったくの素人の石垣のりこ氏との戦い。秋田と同じように政府・企業・行政一体になってブルドーザーのように石垣候補を押しつぶしに来たのである。
 ところが、午前1時前に突然石垣のりこ候補の当確が出た。
やったぁー。と、思い安心して寝た。

 今朝の河北新報には下のような記事が掲載されていた。
P7220364.jpg
東北、見事である。
 ネットでは拍手を数字で表しているようだ。真似して「8888888」である。

 言いたいことは山ほどある。だが、秋田県民や宮城県民が意思表示した結果は大きい。岩手、山形、新潟ももちろんそうである。
 アベシンゾーは「勝った、勝った」と喜んでいるようだが自分が2回もてこ入れで行った秋田や宮城で見事に惨敗。アベシンゾーよ今回の選挙は完敗だったということだ。誤魔化すなよな。と、言っておこう。

 ま、冷静に冷静にですけれどね。


近くの家のガクアジサイがいいなぁ。今回も一枚。
DSC_0820.jpg

  pHで紫陽花の色決まるとふここん家の土は最高の夏

本日はこれにて。

まずは良識があったエガッタぁ

今日は宮城に来ています。と、言うよりも前から約束していた楽天の試合です。
P7210366.jpg
残念ながら楽天イーグルスは負け。

さて、今日は二つほど良い話が。

一つは秋田県の高校野球。秋田中央高校が甲子園出場を決めたのである。いやぁ良かったねぇ。
楽天の試合を見ていた時に突然思い出したのである。
それは今から二十年程前のこと。楽天生命パークスタジアムが宮城球場のときにボクが高校野球の顧問の頃である。ボクの所属するチームが初めて東北大会に出た。
その時に前年の東北大会優勝校である秋田高校の顧問として優勝旗返還の引率としてきていたのが若き頃の秋田中央高校の監督さんであった。エガッタエガッタ。

その二。今回の参院選。楽天の試合が終わってからテレビを見たら秋田県は何と言うことでしょう。アベシンゾーに対抗する寺田静氏が当選確実とのこと。イージスアショアの問題。農業の問題。消費税の問題。などなどを考えたら秋田県民は正しい選択をした。エガッタエガッタ。

あとは宮城県が心配ではあるがとりあえずこれにてブログは終了です。

秋田は捨てたもんじゃないですね。

期日前投票

スイカの名産地

 今日は6年間通い続けた雄物川町に出かけた。空はあくまでも青く気温は30℃近くに上がっている。
P7200364.jpg
雄物川町と言えばスイカの名産地。
 写真の建物は雄物川町JAでスイカを集めている場所である。残念ながらまだ最盛期には10日ほど早いということだった。
 それでも関東地区に運び込む大型トラックがどんどん入ってきていた。スイカのシーズンになりました。


今日、不在者投票をやってきた。もちろん、アベシンゾーの退陣を願っての意思を投じる。
明日は選挙本番。アベシンゾー政権の退陣を願う投票がどれだけあるのか。ある意味楽しみである。

本日はこれにて生存証明です。

  二つ折り投票用紙を放り込む軽い一枚微妙な重さ

久米宏さんの話がよかった

 向かいの家の紫陽花がとても鮮やかである。ガクアジサイの色合いがとてもよくなった。
P7190365.jpg


 終日、断捨離の一環であるアルバム整理。分厚いアルバムの写真を取りだしてスキャナーに読み込む作業である。
 単純作業だからテレビをつけながらやっている。
 楽しみにしている朝ドラ『なつぞら』を見終わって画面を見たら、何と言う事でしょう。あの久米宏さんがゲストに出ているではありませんか。
 ラジオでは結構NHKに対して耳の痛いと思える提言をしている人だ。NHKの敵のような人でもある。この人がゲストとは・・・NHKもたまにはやるもんだ。こりゃあ見なくてはと思った。
 その中で久米さんはNHKと政治との関係について実に的確に述べた。
P7190364.jpg
話した内容をテレビを見ながら書き出してみた。

『私(久米宏)はNHKに対してズーッと批判的なんですよ。私が言いたいのはNHKに関してですよ。
 NHKは民間放送になるべきだと思います。NHKは独立した放送機関になるべきだと言った方がいいと思います。
 人事と予算で国家に首元を握られている放送局があってはいけないですよ。そういう国は先進国とは言えないです。絶対、報道機関は独立してなきゃいけない。
 で、NHKが民放になったら他の民放はひどい目に遭って地獄をみることになります。けれどNHKが国会だとか政府に首根っこをつかまえられてるような放送局でなくなるんだったら、そっちの方がよほど良い社会になります。
 僕は放送がどうなるかよりも、そのことだけはズーッと思っているんですよ。
 やっぱり政治のニュースや社会を伝えることや世界情勢を伝える放送局が、その国の国家に人事と予算の首根っこを押さえられているということは絶対的に間違っています。これはあってはいけないことだと思いますね。先進国でそういうことがあってはいけません


そして、
『あのね何代か前にね、ひどい会長がいてね・・・』
と、話そうとしたら博多大丸華丸と女子アナがあわてて発言をストップするという一幕もあり大笑いである。
 そりゃ、そうだモミイなんて名前が出たら大変だものなぁと思った。それにしてもズバッと話してくれた。

そして、番組終了近くになって次のことを話した。1944年7月14日生まれの久米さんは

『(今の状況は)あの頃(太平洋戦争当時)と似ている。とっても危機感をもっています。政府を強烈に批判する放送局があってしかるべきですよ。フランスにそういう放送局があってね・・・・。
アンチ国家、アンチ政府の放送局や新聞社があってしかるべきなんですよ。だいたいみんなおなじになってここのところ流行語になった「忖度」のようになって良くないと思いますよね。

 今の日本の困ったところは若い人が先のことを心配していないんですよ。
「もう、なるようにしかなんないよって」
それはいかんって。少しでも自分の暮らしからよくしていこうって若い人こそ思ってくれなくちゃ。僕、一番心配ですね。年寄りはどうでもいいんです。若い人は20年後30年後のことを本気で心配してもらわなくては』

 だから選挙に行こうという話になっていった。
 久しぶりにスカッとした番組を観た。あらためて書いておく。NHKもなかなかやるもんだなぁと思った。
 でも、アベシンゾー忖度の放送局であることも確かだと思う。

 さぁ、明後日は参院選。忘れずに選挙にゆこう。


本日のブログはこれにて終了です。

   アルバムに父母弟の写真あり思いであふれ断捨離進まず   

あきらめないことですね

ハス

 今回も南外村田屋村のハス沼にあるハスの花
P7180365.jpg
朝から気温はぐんぐん上昇し30℃は超えた。
 しかも湿っぽいので汗が滲み出てくる。午後からは曇り空になったので気温は下がるかと思ったが体感の気温はまったく下がらない。全く梅雨空そのものだった。フーッ。ビールも不味いなぁ


 このブログのコメントにパパさんが朝日川柳2019.7.18付のことを書いてくださった。

  昭恵さん昔の恋人誘ったら  千葉県 加賀昭人さん

☆がついている。素晴らしいと思う。
 昨日のブログにボクが不倫の推進策だと書いた、アベシンゾーが街頭演説で話したことを言っている。加賀さんの川柳はもう一歩踏み込んでいる。まったくその通りだ。

今日、我が家のオッカアがしょっちゅう行っている美容院での話を・・・。と、思ったがあまりにもバカらしいのでやめます。
ところで、いつも考えるのだが自民党や公明党に票を入れる人たちは自分たちが政治的にどんなに虐げられても「そちら側」にいることに存在価値があると感じているかもしれないと。
それが秋田県民性かもしれないとも思う。つまり、自主性がない。どんなに辛くてもいつかは・・・。長いものに巻かれる精神なんだろう。やがて必ずぼろきれのように棄てられるのだ。三文小説のように・・・。
しかし、今回の選挙は少し様相が違う感じがする。あきらめないことですね。

宮城県の選挙も気になる。先日、自民党に対抗する石垣さんの事務所に寄って来ようと思ったがドタバタしてできなかった。残念。宮城県の人たちの良識を待ちたい。

と、言うわけで本日はこれにて終了です。

  炎天下一投一打球児たち見ている方がハラハラドキドキ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR