エッ不採択かよぉ!?

八幡神社

 我が湯ノ又地域にある八幡神社の祭典が今日明日。今朝はその準備で午前五時半に向かう。東の空はまだお日様が出ていない。
P9210364_20190921072321060.jpg
それから1時間ほど皆で作業をして形ができあがった。
P9210365_201909210723231d7.jpg
ただ、残念ながら今日明日は出かけるので祭典には参加できない。

呆れてしまうゼ。
今朝の新聞を見たら魁新報に下の記事がある。
IMG_3639.jpg
イージスアショアの配備についての反対請願を不採択にしたというのだ。総務委員会では採択すべきとして案を本会議で否決したのである。わが地元でこんなことが起きるとは・・・。
朝日新聞秋田版では「イージスアショア反対請願・陳情採択広がる」と報じて県内11市町村で反対請願などを採択しているという。それが大仙は否決。今回の結果を見て次の選挙じゃ絶対に・・・である。

と、言うわけで今日はとわちゃんとわかちゃんの学習発表会(昔だったら学芸会)を見てからちょっと遠出をします。夜は酔っ払っていると思いますのでこれにて本日のブログは早め早めで終了です。

そうそう、昨夜から始まったラグビーW杯。一瞬、我が目を疑った場面があった。それはアベシンゾーが貴賓席でラグビーのユニフォームを着て観戦している場面だった。一瞬にして試合の熱気が冷めてしまった。バカヤロー。そして、もう一つ考えた事があったのだが、もう出かけるのでそれは次回にでも・・・。

やりたい放題とは・・・

寒いっ!

 夕方から朝にかけての気温が最低で12~13℃になってしまった。こりゃあなんじゃあと思っているのだが秋分の日がもうすぐだからしかたがないですねぇ。ただ、この前までアッチーと言っていたのが突然気温が下がるので鼻がグスグスしてしまう。
 今日も秋田市まで出かけて所属している短歌会での編集会議。帰り道、秋田空港の上空に大きな綿雲が出ているので路上に駐車して一枚。
P9200364.jpg
朝方は強い雨が降っていたので、こんな青空になるとは思わなかった。
 女心(男心?)と秋の空と言われるくらいの秋になってきました。

アベシンゾー政権はひどいなぁ。名前は忘れたが大嫌いな最近女性大臣になった「放送を止めますよ」とほざいた女。ウーム・・・思い出したタカイチとか言ったなぁ。
この女は前の選挙で政治資金の寄付を禁じられている企業だか個人だかから政治献金をもらっていたとのこと。タカイチはこれが事実であることを認めながらの言い分がスゴイ。
選挙期間中に寄付をしてはいけない団体とはわからなかった。もうすでに返金しているから問題はない。と、言う。
エーッ。それってチョコレートを万引きをして捕まったときに、返したんでしょう、だから問題ないんでしょう。と、同じことでしょう。それがタカイチ大臣の言い方である。
よく言われるが「ゴメンと言って許されるのなら警察いらね」なのである。幼稚そのもの。こんなのが大臣だからナァ。

昨日のフクシマ原発事故について東電幹部の無罪判決。
想定外の事故だから問題ないので無罪であるという判断と今朝の新聞では解説している。
じゃあ本当に想定外だったのか?
どうもそうではないようだ。震災前(アベシンゾー第一次政権の時)に共産党の議員が国会で巨大津波が襲ったときに炉心溶融が起きる可能性がある。その対策はしているのかと質問していること。
それに対して政権側は「絶対にそんなことは起きません(だから対策はしなくてもいいんです)」のような答弁をしていた。
その後、実際に震災で未曾有の原発事故が起きた。それに対しては後の国会で認識が甘かったような謝罪をしている。
つまり、想定されていたことに対して「そんなことは起きません」とアベシンゾーたちの政権は否定して原発を推進したのだ。ところが想定外が起きてしまった。それを裁判所は想定外は無罪と言うのだ。アベシンゾーへの忖度だろう!想定されていただろう。と、言うしかない。
そうそう、もう一つ書いておこう。19日に裁判所が東電経営陣の無罪が出た朝のアベシンゾー首相動静を朝日新聞で見ると次のように書いている。
『9時35分大谷直人最高裁長官。10時29分ニュージーランドのアーダン首相を出迎え。記念撮影』
これは最高裁長官を呼んで少なくても30分以上は「何か」を話してているってことだ。よりにもよって東電のフクシマ原発の責任問題の判決が出る日にである。
ここに「何か」があると思うのは当然だと推測する。「何か」って「越後屋そちも悪よのぉ」ってやつだ。要するにやりたい放題である。こんなヒドイ政権は早くやめてもらうしかない。

本日のブログはこれにて終了です。

  猫の目のようにクルクル変化する秋の天気に右往左往す

東京五輪は返上を

穫りいれの秋へ

 今朝、我が湯ノ又地区から薬師堂方面を見ると黄金の波がうっている。
P9190365.jpg
どこかにある学校の校歌のような台詞ですねぇ。
「黄金波打つこの大地」
秋の穫りいれのシーズンになったようです。今度の土日は雨模様の予報なのでこれから一気に刈り入れ作業は加速するだろうなぁ。

 それにしても急速に涼しくなった。夕方は12℃くらいまで下がった。何だか鼻の奥がグスグスする。


本日も日刊スポーツ紙から

 2019.9.17付の日刊スポーツのコラム『政界地獄耳』からコピーします。
DSC_0838.jpg
今回は『五輪主催国ってやり放題!?』である。
内閣改造後の政権のお粗末ぶりは来年の五輪で大輪の花を開かせるためにはマイナスに働くだろう。台風による大規模停電やそれに伴う列車の遅れ、断水の被害がもし五輪の最中ならと頭をよぎった国民は多いかもしれないが、初動から被害を甘く見ていた官邸の判断ミスや、二十年東京オリ・パラ組織委員会が「旭日旗は日本国内で広く使用されており、旗の掲示そのものが政治的宣伝とはならないと考えており、持ち込み禁止品とすることは想定していない」と判断したことを受け、新五輪相・橋本聖子は「旭日旗が政治的な宣伝にするかということに関しては、決してそういうものではないと認識している」と政府も容認するという立場を示した。

こうなると火種を自ら作っているとしか思えないが、08年8月の北京五輪では北京の日本大使館が「安全の手引き」を作成。「中国では競技場やイベント会場では政治・民族・宗教的なスローガンや侮辱的な内容を含む旗や横断幕を掲げることは禁じられています。また、過去の歴史を容易に想起させるものの(例えば「旭日旗」)を掲げるとトラブルを生じる可能性があります」と明記している。

ところが、組織委員会と五輪相が「旭日旗は広く使われている」などとお墨付きを与えるものだから、15日にはさっそく政治団体が東京都錦糸町で旭日旗を掲げたデモを行った。政府はこれらを「広く使われている」と言っているのだろうか。確かに明治以来軍旗や軍艦旗に用いられ陸自や海自が引き継ぐ形になっているが、それは韓国や北朝鮮は「戦犯旗」と反発している。ついこの間までは世界の中の日本を意識してきた日本だが、五輪主催国はやり放題と思っているのか。寛容なのか鈍感なのか。井の中の蛙(かわず)は世間知らずか

 来年の東京五輪なんかやめてしまえ。の、考え方は今でも変わらない。おそらく万が一来年五輪が開始してもやめてしまえとの思いは変わらないだろうなぁ。大輪の花なんか咲くはずがない。

 旭日旗を万が一サッカー会場で掲げた途端、その人間や集団は永久にサッカー場に入場できないだろう。野球場でも「君が代」は歌うが(ボクは絶対に起立脱帽はしない・・・)さすがに旭日旗は見たことがない。つまり、スポーツの世界では旭日旗はあってはならないのが一般的というか常識なのだ。それをハシモトセイコ五輪相は東京五輪では容認すると言う。東京五輪だったら何でもやり放題なのか!?バカヤローである。
 こいつらは井の中の蛙に違いない。
 東京五輪は今からでもいいから返上しろ。と、書いておく。


フクシマ原発事故について元東電幹部3人の過失傷害などについて刑事責任を問えないと無罪判決が東京地裁で出た。結局、大企業や政治家がやった事件や事故は無罪になるってことだ。政権への忖度そのものだ。日本は悪い方向に融け出しているのがさらに加速していると思えて仕方がない。まったく・・・。でも、あきらめてはいけないのです。

本日もブツブツと・・・これにてブログは終了です。

  ネッシーやUMAの類いなり新閣僚の魑魅魍魎は

日刊スポーツ『政界地獄耳』から

すごい空

 今朝、職場に向かう途中の空はうろこ雲が一杯になっている。
P9180364.jpg
夕方の秋田県内ニュースを見ていたら朝方5時半頃の朝焼けがすごかったと写真が放映された。うろこ雲が真っ赤だった。青空に浮かぶうろこ雲はその名残だろうなぁと納得した。
 夕方、神宮寺からの帰り道。西の空を見ると夕焼け。これがなかなかにすごい空である。
P9180368.jpg
写真では光がはじけて見えにくいが真ん中よりもちょっと左側に白っぽくなった太陽の通り道が光っている。肉眼だと一本の線になって見えるが写真機ではよく写っていない。雲が覆っている夕焼けも真っ赤っかである。


内閣のレベルの低さ

 久しぶりに協和町の和ピアに行った。先週の14~15日高橋優コンサートがおこなわれて観客が1万数千人が訪れた場所である。その和ピアには日刊スポーツがおかれている。『政界地獄耳』をチェック。相変わらずピシッと政界の体たらくを指摘している。
DSC_0840.jpg

ここでは要約しないでそのままコピー。

『閣僚の顔ぶれを見ても千葉県を中心とした台風被害の対応を見ても、内閣の水準の低さを感じることが多い。自民党はいつから国民の気持ちを第一に考えなくなったのだろうか。
 さまざまなスキャンダルを内閣の一員がおこしても説明しない、混乱をわびるだけで本質については謝罪せず誰も咎めなくなった。簡単に辞任させず内閣改造で交代させる手法をとるなど、責任の所在をあいまいにさせる政治を実践してきた結果だろう。
 それは首相アベシンゾーの口癖でもある「責任は私にある。任命責任を含めて私にある」としながら、その恥ずかしい現実を聞き流すようになったからだ。森友・加計学園疑惑の関係者たちは、ほとぼりを冷ますように入閣するなど、復権し、議事録を残さないという方針を固めて事実関係はすべて闇の中だ。骨のある閣僚はいないのかと探せば「所管外」を繰り返し、すべてはあいまいな政治を突き進める。
 安全保障を声高に叫ぶものの、政権の言う安全保障は軍事的要因のことばかり。子どもの7人に1人が貧困といういう数字が抱える問題や、食品や作物の安全はなかなか優先されはしない。だが、国民は怒りの矛先を政権には向けない。
 選挙ではその矛盾に気付いた有権者が与党議員を落選に追い込むが、野党に期待が募るからでもない。いずれの政治家も国民から見れば物足りない。優先順位も違っている。以前の与野党の政治家には威厳と緊張感があったが、正義感と庶民感覚がなくなったと言えまいか。
 まもなく消費税がアップするが、数ヶ月の軽減策は複雑すぎて怒る気も起きない。すると財務相らは「増税前の駆け込み需要はない。だから反動減もない」と何も問題はないとの認識だ。さびたアンテナで政治を進める、それを批判する者もいない。これは政治ではない。すべてをあきらめた社会ではないか』

 以上である。多くの人は消費税増税を決まったもんだとあきらめたかもしれない。でも、ボクはあきらめたくはない。ブツブツとでも文句は言っていたい。言わなくてはいけない。大きな力にはならないかもしれないが常に違和感を大事にするつもりだ。
 消費税増税は今すぐやめるべきだと思うし、もし10月に増税されても消費税はやめるべきだという人たちを支持したいと思っている。
 もちろんアベシンゾーはモリカケ問題で退陣して逮捕されるべき人間だと考えている。第一、あんな嘘つきが首相の国が世界にありますか?と、アベシンゾーを何となくムードで支持する人たちに問いたい。

 それにしても「所管外」などと言ってしまい、慌てて福島に行きました。そこで30年以内に汚染土処理をする国の方針を聞かれた件のコイズミとかいう「ウラダケ大臣」。エッ「ウラダケ」って?オモテナシ(表無し)だから裏だけってこと・・・お粗末。
彼の話す内容を聞いたら、「30年後に自分は何歳かなぁ。30年後に私が健康だったら約束を守れるかどうか」などと話していた。この人はどっか抜けてるんじゃないかと呆れてしまった。まったくウラダケ大臣なのである。

と、言うわけで本日はこれにてブログは終了です。

   テレビでは消費増税決定の雰囲気流す忖度日本

週刊誌を読んで

湿気のない一日

 カラッとしていたが気温は30℃くらいまで上昇。確かに暑いのだが過ごしやすいのである。
 朝、職場に行くときに雄物川を見たら水があまりにも青いのであわてて一枚撮ってみた。
P9170364.jpg
やはり、水の青さは空の青さを映しているんだなぁと。つくづく感じることができた。

 職場からの帰り道。南外村田屋村地区には先日五合目まで車で行った鳥海山が見えている。
P9170365.jpg
朝よりは空気に湿気がこもっているようでくっきり見えない。でも、さすがの鳥海山です。


週刊金曜日

 先日のクラス会の時に友人から電車で読んで来たという『週刊金曜日』をいただいた。昨日はバタンQで読めなかったが今日は何となくパラパラと読んだ。
P9170366.jpg
記事の中で表紙に素顔が掲載されている青木理さんがインタビューに応じている『日韓関係』の内容がおもしろかった。
 この中でボクが先日ブログに書いた内容。学生時代の1965年頃に「日韓条約反対」とわけもわからずデモをしたことについて「なるほど」と理解できたことにウームとうなった。50年も経てようやく事の真相がわかるとは・・・。勉強不足だから仕方がありませんね。

 アベシンゾーが言う「日韓条約で決まっている」という内容は。1965年当時、日本が韓国に対する戦争責任をうやむやにして韓国を支援するという名目だったようだ。それによって日本企業は潤ったという。今、アベシンゾーが得意げにしゃべる「ウィンウィンの関係」を当時の日韓政権のやったことのようだ。

 ところがそのことをやめてアベシンゾー政府が「嫌韓政策」をやっているのは日本企業にとってはマイナスだと青木さんは看破しているのである。

 そんな状況でもマスコミなどを巻き込んで嫌韓をあおり自分の支持率を上げようとしているアベシンゾーのやり口は憲法改悪一直線ってことだとボクは思った。
 日本のマスコミがこぞって嫌韓報道をしている現在は異常な状況であることは間違いない。タマネギ男だと言って韓国の一官僚の悪口をこぞって言う日本のマスコミは自分の国の掃いて捨てるほどいるタマネギ人間たちを追及していない。例えばアベシンゾー・アマリ・シモムラ・ハギューダ・今回任命された大臣達・・・数え切れない。

 アベシンゾーの退陣を願うしかない。あきらめてはいけない。そして、反対や抗議の気持ちを持ち続けなければいけない。と、あらためて考えている。

一冊の週刊誌。刺激的でした。感謝感謝。


もう一つ。サウジアラビアの石油基地がドローンで攻撃されて大打撃をうけたとのこと。それを受けて来週にでも原油価格が上昇すると予想された。そんな中で消費背増税を強行するのか。消費税増税反対だ。今からでも中止しろ。
アベシンゾーのバカヤローとしか言いようがない。

何だかグダグダとわけのわからない内容で申し訳ありません。本日のブログはこれにて終了です。

  ネッシーだUMAだという人は自国の首相がそうだと思え
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR