『万引き家族』

少し肌寒い夏至

 今日は夏至。オッカアが言う「今日から昼が短くなるんだ」、と。
 確かにそうですがしばらくは昼の長い時間が続く。今日は少し晴れ間が見えたが肌寒く何となく嫌な風が吹いている。嫌なというのは結構強い風で軒先を渡る風がヒューと音を鳴らしているからであります。
 車から降りたときに車窓に映る太陽の写真を1枚。
P6210309.jpg
薄曇りでも陽射しは結構鋭く強い。


心にざわつきを覚える映画

 話題の『万引き家族』を秋田のイオンにあるTOHOシネマズで観てきた。大曲ではまだ上映していないので仕方がない。
IMG_201806212128107c5.jpg
この写真は映画館で購入したパンフレットの表紙である。

 淡々と暮らす6人の3世代同居の貧しい家族の物語。と、言えば言えなくもない。ただ、ストーリーが展開されるにつれて家族の抱える「もの」がわかってくる推理的な展開もあり,自分の心中がざわざわとしてくる。
 その「ざわざわ感」は「あまりにも現代的な内容」だからかもしれない。自分的にはこのストーリーの先にアベシンゾーがいるのではないかと思えるのも一因かもしれない。

 少なくともネットで流れる「万引き家族が日本を貶める」なんてことはない。そしてこの映画に政府の補助金が投入されたとしたら実に良い事だと思った。
 家族とは何か。親子とは何か。他人とは何かをボクに問いかけられた気がする。ネタばらしになるのでストーリーは書かないが映画を観てエガッタナァ。
 大曲で上映されるときにもう一度いって観ようかなと思っている。その時にはもう少しディテールを確認しわうかと・・・。例えば「万引き家族」はどんなものを食べていたのか。例えば学校に関する気になった台詞があったが、その内容をもう一度確認したいなどですね。


本日のブログはこれにて終了です。

    小惑星リュウグウに着くはやぶさ2驚くべきはその正確さ 

あきらめないことですね

W杯サッカー

 昨夜のコロンビア戦。2-1で日本の勝利。サッカー大国とも言えるコロンビアに勝ったのだからテレビを観ていて興奮した。まぁ、FIFAのランキングなどはあてにならないってことだろう。試合はやってみなければわからないってことなんでしょう。
 予選リーグを勝ち抜けるかは残り2試合。コロンビアよりも厳しいセネガル・ポーランドが相手だ。楽しませてもらうだけです。
 まずは良かった良かった。


紫陽花咲き始め

 紫陽花が咲き始めた。
P6200310.jpg
まだ、紫陽花特有の色はついていない。これから紫色が濃くなってくるだろう。


それにしても日本人の感覚はよくわからない。
それは最近あちこちのメディアで出された内閣の支持率などの世論調査である。アベシンゾー政権の支持率が順調に下がり不支持率が上昇していたのが最近盛り返しているようなのだ。
ところが個々の内容を見ると例えばモリカケ問題に納得がゆかないと考えているのがアベシンゾーの御用新聞である読売・産経でも70%を超えている。カジノ法案も60%以上が反対している。高プロ法案も60%近くが疑問に考えている。
それにもかかわらず支持率は上昇する。不思議な現象だ。

もしかすれば人々はどんなに納得がゆかないと思っていても「どうしようもない」と考えているのかもしれない。しかし、それでは必ず70年前の状態(独裁国家)に戻るのは目に見えている。政治家たちの好き勝手に国民は操られるってことだ。

こんな時だからこそ粘り強くダメなことはダメだと考える。そしてあきらめないことが大切だとあらためて思っている。
国会の会期延長が決まったとのこと。この会期延長で野党はモリカケ問題を徹底的にやってもらいたい。国会延長しても会期末前にアベシンゾーは手に手を取って欧州遠征をするらしい。許されるものではない。

今日、鳥海山を覆う雲が不思議な感じで1枚撮影してみました。
P6200313.jpg
何となく不穏な天気を予想させるのであります。

本日のブログはこれにて終了です。

   ウグイスとホトトギスの声似ていると君は言うけど語尾違うでしょ

映画『網走番外地』全10編

ほぼ真夏日

 気温は29℃くらいまで上昇。暑い暑い。職場からの帰り雄物川河畔を通ってくるのだが水もかなり少なくなってきた。
P6190309.jpg
この場所は南外村春木沢から物渡台に向かう途中の場所である。


懐かしい景色や家電製品

 先日、wowowで『網走番外地』の全10編が放映された。『網走番外地』としては1965年から1972年まで18本製作されたようだ。
 でも、石井輝男監督が製作したのは1965年~1967年までに撮られた10本。それで石井監督は『網走番外地』は作る気がなくなったらしい。しかし、東映ではシリーズを作ると観客が入るので続編を作り続けたという。
 まぁ、それはともかくとして石井監督の全10本を録画して見るとボクの学生時代の景色が写っている。
WS000060_2018061921515342a.jpg
と、言うわけで全10巻のDVDにして随時楽しむ事ことができるようにしたわけであります。

アベシンゾーたち悪者たちを健さん(役名は橘真一)に勧善懲悪のパターンでやっつけてもらいたい。と、思っているが・・・・。


今日は加計学園の理事長が大阪の大地震のどさくさを狙って突然記者会見したらしい。記者会見があることを聞きつけた大阪の地震取材に入っていたテレ朝の報道ステーションクルーがかけつけたら門前払いされたとか・・・。
要するに嘘つきの自分勝手な記者会見をやって「ガス抜き」をやったのだろう。もしかしたらアベシンゾーから入れ知恵があったのかもしれないと邪推してしまう。


まぁ、それはともかくとしてこれからサッカーワールドカップ、日本対コロンビアの試合の後半を見ますのでこれにてブログは終了です。

大阪で震度6弱大地震

タチアオイ咲く

 今日、通勤路の途中でタチアオイが突然咲いていた。
P6180309.jpg
夏を迎える花とも言える。梅雨明けまで咲き続けると言われるのでしばらく花を見るのを楽しめそうだ。


大阪大地震

 今朝、ボクがハマっているテレビ番組『半分、青い』を見ようと思ってテレビのスイッチを入れたら何だか様子が違う。午前7時58分頃に大阪で起きた直下型地震の特番になっている。気象庁が観測を始めて以来、大阪で震度6弱の地震は初めてらしい。
 少しずつ被害の状況が伝わってきて9歳の小学生がブロック塀の下敷きになって亡くなったということが報じられた。ブロック塀と言えば40年ほど前に宮城で起きた地震を思い出した。
 あの時は20人前後の方が亡くなったはずだ。7年前の東日本大震災の時にはブロック塀の被害はそれほどなかったと思う。対策ができていたからだと思う。ところが大阪ではブロック塀の教訓が生かせなかったのだろう。9歳の女の子の事故は気の毒な事である。

 ところで湯沢の生んだあの官房長官が緊急の記者会見をやった。見ていたら震度5以上の地名を話していた。その時に彼は「まいかた市」と言ったのである。
 「エッ?まいかた市」とボクは頭の中に????となった。確かに『枚方市』とは書くが「まいかた市」とは読まない。で、ネットを調べてみたら枚方市のホームページには『マイカタちゃいます、ひらかたです』というネタが掲載されている。
WS000060.jpg
さすが大阪。官房長官の読み間違いを茶化しているのかと思ったのであります。
 それにしても秋田弁で言う官房長官はブヂョホな人である。記者会見の時には難読だと思う文字にはルビを振ってもらえよと思った。彼の出身校の同窓会も「まいかた」なんて読む人がオエライ人だというのは恥ずかしいだろうに。

 それはともかくとして大阪の大地震。復興を祈りたい。


今日の国会。参議院の決算委員会で共産党の辰巳孝太郎氏の質問について書こうと思ったが明日以降にします。

それよりも今日の国会を開いたことが信じられない。大阪の大地震の対策をやるべきだ。アベシンゾーは大阪を蔑ろにしたのではないかと思う。
確かに地震後に官房長官による談話。アベシンゾーの囲み取材。加藤ご飯論法大臣の作業服などで「さも地震対応をしている」感は出していた。しかし、ただの見せかけ。
やはり国会は一時中断してでも大阪の大地震に向き合うべきだったとボクは思う。国会は明日もできるのだ。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    タチアオイ一輪パッと開花して梅雨明けまでの楽しみできた

忖度と同じやり口?

気温上昇

 今日は終日、とわちゃんとわかちゃんの子守り。気温も上昇してきて過ごしやすい。ちょっと時間を見て家の周りにある花を2枚撮影。
P6170309.jpg
まずはこれ。
 アヤメの仲間だと思う。小さな紫の花がたくさん咲いている。我が家では今でこそ上水道が引かれているのだが十年前ほど前は井戸水で暮らしていた。
 井戸を掘るのは地元の井戸掘り名人に頼むのだが、時には掘っても掘っても水が出ないことがあるらしい。我が家で最初に掘った井戸がそれだったとのこと。結局、空井戸になり埋め戻したと言う。そして2本目(2号井)が無事地下水にあたった。夏は冷たく冬温かいたっぷりの水がいまでも出ている。ポンプアップして使う。
 なぜ、井戸の事を書いたかというと写真の紫のアヤメが咲いているのが空井戸の上なのである。しっかりと埋め戻したはずだろうが長い時間が経過して井戸の跡が周囲よりも数センチ低くて丸い形になっている。別に水が貯まるわけではないがそこに丸くアヤメの群落ができた。
 不思議なものですね。

 そして、すぐそばにクローバーの群落あり、その花を撮影した。
P6170310.jpg
要するに雑草です。


6月10日の新潟知事選で惜敗した池田さんからラインが届いた。

『このたびは、509,568票という、たくさんの尊いご支援をいただきましたが、私の力不足で残念な結果になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
私は、これからも県民の皆さまと共に歩みたいと思います。原発ゼロをかかげて当選された新しい新潟県知事には、その実現に邁進していただきたいと望んでおります。
投票所に足を運んでいただいた皆さま。全国からご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。  池田ちかこ』

こんな内容である。残念だが新知事になった人も原発再稼働には慎重だと公約で訴えて当選した人である。そこに期待していた。

ところが・・・

東電が福島第2原発の廃炉をようやく決めた。その途端に「ある噂」が流れ始めた。
それは新潟知事選で当選した知事が再稼働を容認するのではないかというのである。立川談四楼師匠が次のようにツイートしている。

立川談四楼師匠ツイッターから
『「福島第二原発 全基を廃炉へ」東電さん、長い検討中だったね、待ち草臥れたよ。まさか福島県民から普通の生活を奪っておいて、再稼働を目論んでいたのではあるまいね。そうか、新潟知事選か。送り込まれた原発推進派が勝ったから、そっちで再稼働させるつもりなのか。あなた方が考えそうなことだよ』

どうも新しい新潟知事はアベシンゾーに忖度して柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を決めるのではないかという動きがありそうなのだ。
あくまでも推測だが、アベシンゾーのやり口そのものを真似るってことになりかねない。選挙では美味しい事を言い、選挙で勝てば公約にないことをやり放題のやり口だ。

困ったもんだ。

そうそう、今日の日経新聞のコラムに立川談四楼師匠が『落語家の危機管理』を書いていた。協和町の図書館でじっくりと読んできた。アベシンゾー政権の『ご飯論法』などを書きながら今年の漢字を予想していた。
談四楼師匠の今年の漢字予想は『嘘』だった。はたして当たるでしょうか。ボクは当たると思う。もし、清水寺で『嘘』と書かなくても間違いなく今年の漢字は『嘘』なのである。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

   灰汁だしを中途半端にやりました苦いワラビはあくまで苦い
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR