ケガは治る、しかし心のケガをするな


全力チームを見に鳥海球場へ
 昨日、鳥海球場に行く。南外-大森-東由利-本荘-矢島-鳥海と出発前にルートをイメージすると70劼ら80劼呂△襪鵑世蹐Δ覆 そこで近代兵器カーナビで検索したら49劼澄M汁曚茲蠅なり道のりは短い。早速出発。カーナビの案内通りに進む。
 な、な、なんと人里離れた山道を進んでゆく。こんな細い山道で車同士のすれ違いできるのかと心配になる。それでもズンズン登ってゆくと峠の頂上付近でパーッと視界が開けた。見事なパノラマ。そこでパチリ。道の法面を見ると橙色のヤマツツジの色が鮮やか。それもついでに撮影。
 山道走行1時間弱で鳥海球場に到着。電光掲示板の球場である。全力チームの試合をスタンドから見た。まだまだだなぁと思える点もあり鈴木監督のストレスが溜まると思った。しかし、着実に懸命に取り組んできた成果も見えてきているのも事実。春季大会で骨折した選手もスタンドから試合を見守っていた。ケガは治る、しかし心のケガをしないことという教えが浸透している。良いチームになりつつあると感じた。がんばれ球児たち。

   
 落語について書こうかなと思ったが・・。落語を聞いている一時は全てを忘れる。でも「オチ」は難しいなぁ。詳しくは後日。書くかな?
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR