キス釣り大会へ


男鹿へ命の洗濯に
 佐藤君とても言いヤツです(写真の右側)。アマチュア無線の世界ではJH7UXN(以下UXN)と言えば誰でも知っている男です。知らないかもしれないが・・・。20年ほど前、彼に仲人を頼まれたことがある。二人の仲をとりもったとか二人の出会いを設定したとかの本物の仲人ではない。アマチュア無線の仲間で南外の無線クラブではボクが一番年配だから、とりあえず仲人をお願いしたいと白羽の矢がたったのである。いわゆる「頼まれ仲人」秋田弁で言えば「たのまれナガド」だ。
 しかし、仲人と言えば親も同然。でもないか。彼から電話があれば何でも彼の言うことを聞かなければいけない。アレッ逆かな。先日「もしもし毎年恒例の釣り大会があるので行きませんか」と連絡が入った。これまで何回か参加したことのあるT社主催のキス釣り大会である。これは行かなくてはいけないのだ。フフフフ。

 午前3時半。霧は深いが絶好の釣り日和。大曲インターで待ち合わせて男鹿市北浦に向かった。車中は先日の「あの」ことやら釣りのことやら子どもたちの将来のことやら色々と話して向かった。だが、二人とも心の中では自分だけは200匹のキスを釣り上げるのだ、外道として50僂離劵薀瓩鬘暇腓肋紊欧襪里世反じて対決の火花を散らしていた。
 北浦の加藤釣具店に到着し仕掛け、餌、氷などを仕入れて海の状況を聞く。海の状況を聞くなどとはボク等は釣りのプロだねぇ(笑)。誰でも聞くべと、言う声が聞こえそうです。
 ところが店のご主人の返事は芳しくない。「あまり上がっていないですよぉ」と気の毒そうな顔で話す。しかし、自分たちに限ってはそんな悪い話はあるはずがない。絶対今日から釣れ始める。天は我らに味方するんだ。と思いこんだ。

 男鹿市北浦漁港。午前5時半。霧の中を太陽が上がってきた。乗船する船が「第三勝丸」と決まった。午前6時出港。6時半に釣り場到着でから釣り開始。
 まったくあたらない。魚が餌に食いついてくれない。どうしたんだ。一緒に見てくれている、おじいちゃん船頭さん(自分も人のことを言えないが・・・)もあまりに食いつきが悪いので少々あきれ顔だ。釣具店のご主人の言う通り悪い展開である。
 それでも自称釣り名人UXNは時々ヒットしたキスを確実にあげている。隣の本当の釣り迷人のボクは滅多にない魚のあたりに「オッきた」とあわててあわせるものだから空振り。全然力が入らない。全力で向かえよイトー。と、自分に叱咤激励をする。
 突然ひらめいた。そうだ今日はUXNが車を運転してきたんだ。ボクがビールを飲んでも飲酒運転にはならないぞと言うことに気づいた。早速、魚の何にも入っていないクーラからコンビニで仕入れた500缶を取り出しプシュッと開ける。うまいねぇ。
 しかし、どんなに悪いコンディションでも少しずつキスはあがった。35~36匹ほど釣り上げて本日の釣り大会は店じまい。隣のUXNは少しずつではあるが着々とキスをあげていた。帰りの船足が速い速い。スクリューで巻き上げた航路跡がうすい青色に変わる様子を見て妙に感動した。本当にきれいなコバルトブルーになっていた。
 港に帰り、大会であるから計測。ボクはぴったり500グラムの釣果。そして今日だけは名人にしてやる(負け惜しみの強いボク)UXNが1.54キログラム。その結果な・な・なんと彼が大会の優勝者になった。おめでとう!昨年はたったの20グラム差で惜しくも準優勝。今年は栄冠に輝いた。後援している加藤釣具店から提供された釣り竿までゲットしニコニコ顔。なんてこった。
 大会参加者全員が「今年は釣れなかったぁ」と嘆いていた。それだけの悪い状況でもUXNは釣り方を変えながら確実に釣果を上げた。腕は良いと思う。
 UXNの釣りへの研究熱心さには驚くし感心する。本日の魚を釣った写真とともに昨年の悪夢の釣り行(船酔いや船上で蜂に刺されたりひどかったなぁ)の写真もメールで送ってもらった。今年のボクは輝きが違うなぁ。と、言っておこう。ありがとう。また、行こうぜ。ぜひとも誘ってくれ。

 こうやって釣りをしていると俗世間のことが一瞬でも忘れることができた。負け惜しみではないが(負け惜しみだが)釣れたとか釣れないとかではない。魚を狙って一生懸命工夫して魚とのやりとりをする。一種のギャンブル性が「命の洗濯」になったと思っている。 自宅に帰ってから可愛いキスたちのウロコをとり頭を落としテンプラ用におろした。そして、写真のキスが本日一番でかいので、それは大名おろしにして皮をひき刺身にした。数切れしかできなかったが今日の自分へのご褒美だ。さぁ、またまたビールだ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR