プロの見立てはすごいぞ


本日の八橋球場
 夜半から雨が降り続いた。今朝、起きたら小雨模様。アスファルトは完璧にぬれているで野球はどうかなぁと思ってホテルの部屋でノロノロと起き上がった。
 時計を見ると5時半。年寄りの起きるのは早い。第一試合のスタートは10時だから約4時間半雨が降り続かなければもしかしたら試合運営はできるかもしれない。
 午前7時半前には八橋球場到着。グラウンドは水を吸って光っている。しかし、小粒の雨はすでに止んでいて霧雨になっている。
 八橋球場の水はけは天下一品だと思っている。グラウンドキーパーの方に聞いたら「試合は水を抜いてやればやれますよ。最近、あまり雨が降っていないのでグラウンドも乾いていましたのでそれほど水も浸み込んでいません」とのこと。
 なるほど。そこで気象台に問い合わせると時雨模様にはなるが大きな雨雲はないとのこと。大会本部はそれを受けて八橋球場の大会実施を決定した。
 そして、それこそ時雨にはなったが問題なく予定の試合が消化することができた。グラウンドキーパーの方の判断と気象台の予想とがぱつちり一致した結果だろう。すばらしい。10拍手だ。

 さて、試合がやれることが決定したので旗揚げ名人のボクは早速バックスクリーンにある掲揚台に向かい旗揚げ。
 旗はビシッとがモットー。
 写真は八橋球場をバックスクリーン側から、つまり球場の裏側からみた場面。曇り空に旗がはためいている。

 さて、今日は横手とこまちが順延。能代球場と八橋の二箇所で実施された。
 特に感じたのは結果だけではあるが能代球場での秋田中央対大曲の試合である。1-0で大曲の勝ち。第3シードの秋田中央がまける波乱だともいえる。しかし、大曲の左投手を見たときに「この子はいいピッチャーだなぁ」と思っていた。どこにこんな投手がいたのかと思わせるものがあった。その子が粘り強いピッチングをしたとの事。良いねぇ。自分が見て「良いなぁ」と感じた子が活躍してくれたことに喜びを感じる。

 昨日も書いたが八橋とホテルの往復。車で2~3分。あっという間に到着する。これでは考える暇がない。

 と、言うわけで本日のブログはこれにて終了。

 さぁ、一杯行くか。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR