『はてな』を大切にしたい


ベスト8が出揃った
 1日雨で延びていたが本日ベスト8が揃った。順不同に秋田・明桜・秋田南・新屋・大曲工・大館鳳鳴・大曲・本荘である。大曲市内校が2校入っている。昔々、大農が強かった頃にと大曲も上位に食い込んでいたことを思い出す。
 明日準々決勝がおこなわれベスト4が出てから1日休養日が空いて準決勝・決勝と続いてゆく。さぁ、どうなるだろう。がんばれ球児達よ。
 
 今日の一番の収穫はなんだったんだろう。と、考えてみると角館のフルスイングだったと思う。
 とにかく全部員がフルスイングだった。全力で振るバットの潔さというか豪快さというのか、とても魅力的だった。
 これは全力チームの監督と角館の監督の接点があるからだろう。全力で振り切る。それが例え凡打でも悔いを残さないことにつながるのだと思った。当然、相手チームに与えるプレッシャーもある。確かにミートも大切だろう。しかし、フルスイングの魅力は野球のよさを教えてくれる。
 特に最後の打者になった代打の選手がファール(これはタイミングがどんぴしゃに合ったと思ったが)を挟んで4球フルスイングをした。結果は三振でゲームセットになった。しかし、すがすがしい風を感じた。素敵な野球を見た思いだった。

 好投手のピッチングも見たが、こちらはコメントしないことにする。明日の新聞を見るだけにしたい。

 そして、本日は今大会開会式以来初のこまち球場への日だった。正面玄関の写真を記念に撮っておいた。


昨日のごめんなさい
 昨日の本の紹介で『北村薫の文章作法』と書いたのだが正確なのは『北村薫の創作表現講義 あなたを読む、わたしを書く』でした。新潮選書であるもうしわけない。
 この本の奥付を観ると発行が2008年5月25日である。約2ヶ月前に出版されたことになる。
 ぜひ読みたいと思いアマゾンに注文したのが2週間ほど前。ところが新刊はなく、すべて古本扱いになっている。当然、売れ筋なのか値段ももともとの価格よりも高く設定されている。絶対に読みたいと思って発注した。すると仙台市の古本屋からほとんど新刊の本が送られてきた。なんだか不思議な本ですぜ。

 この中に人類を進歩させてきた種々の発明や発見を支えてきたのは人間が持っている「はてな」ではないのかと北村さんは書いている。そうだよなぁ。知識って学力ってそんなところが大事じゃないのかとホテルのベッドの上で読みながらつくづく感じた。
 これ以上書くと余計なことを書きそうだからやめよう。そのうち思い出したときに書こう。
 いずれ学校で教えている学力とは何か。生きるための学力とは何か。考えなければならないと思っている。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR