本荘の活躍に向日葵を見た


本荘の健闘に大拍手
 よくがんばった。良い試合だった。粘りのある試合だったねぇ。9回表に1-2のビハインドをひっくり返し3-2にしたのは素晴らしかった。心に潜む愛郷心が目を覚まして少し涙がにじんでくる。年だなぁ。
 残念ながら9回裏に食い下がられて4-3で逆転負けに。一死二塁で4番打者を敬遠する方策をとった。これは責められない。秋田県大会準決勝対明桜戦でも明桜4番を似たパターンで四死球で出塁させ反撃を摘み取っていた。本荘にとっては当然の作戦だ。
 最後には力尽きて打ち込まれたが8回まで4安打に抑えた池田投手の170球の投球に賞賛の拍手を送ろう。
 本荘の活躍に夏の「ひまわり」を見る思いがした。と、無理矢理こじつけ今日の写真は向日葵に。
 だが、眉毛と帽子はいただけない。


甲子園で勝つことはそれほど必要か(1)
 おそらく秋田県内では「これで夏の甲子園11年連続敗退」という声がうるさくなるだろう。確かに勝ってもらえばうれしい、勝ってくれと応援する。しかし、そんなことはどうでもよろしい。甲子園に出るために懸命に努力したことが大切なのだ。
 朝日新聞7月8日の秋田県大会開催直前に伊藤護朗、戸部良一、石崎透、三氏の大会展望対談記事を特集した。その中で『甲子園で勝つために』として「強化校指定を・指導者採用幅広く」と打開策案を語るスペースがある。要約してみる。
 伊藤氏は「県外の有望選手を集める。強化指定チームを作ることを考えてもいいのではないか。秋の上位チームには強化費を支給してシーズンオフの練習に使えるようにすることでモチベーションがあがるのでは。教育的でないと言われるかもしれないが五輪も国体もそうやっているのだから。」
 戸部氏は「シニアなど硬式野球に早めに慣れる。他県のように指導者を教師資格がなくても高校野球で飯を食えるようにすると真剣味も違う。」
 石崎氏は「秋田出身で県外で社会人で活躍している選手は多い。県で採用し、事務職員でもいいので各校に派遣したらどうか。学校の先生と違う人を入れればプラスアルファが出るのでは。短期間でも呼んでみたい」。
 三氏「バスケの能代工みたいに、社会人でがんばったような人を部活に還元するのもいい。東北で秋田が強いと言われた時代を取り戻したい」。

 上にあげた三氏の甲子園に勝つための考え方には賛否両論あるだろう。で、ボクは三氏の意見には反対だ。それも大反対だ。
 伊藤氏が「教育的でないと言われるかもしれない」と話しているところに三氏の意見がすべて集約されている。今のところ高校野球(ばかりではなく他の競技もそうだが)は学校の部活動の範囲内だ。顧問を社会人等から招聘することは弊害こそあれ良いことはない。
 能代工のバスケットと雄物川のバレーについて乱暴な物言いかもしれないが「顧問の配置がおかしい」とはっきり言える。能代工の場合は有名監督が辞めるからと社会人から有名人を連れてくる。学校内でどんな職種につけているか明確ではない。採用試験をやったのかなぁ。雄物川の場合は校長が監督をやるという。変だぞ、とんでもない校長は何人も見てきた。しかし校長には校長の仕事があるはずだ。校長なんか学校に要らないことを示していると言われてもおかしくない。副校長を配置したから良いと言う問題ではない。
 能代工も雄物川もすでに高校の部活動の枠を越えていると言える。社会人から招聘した人となぜか校長になってしまった監督「業」の人を配置しているのだ。
 ここまで書いて字数が足りなくなった。次回に続く


桐生一高問題について
 電話やメールそして仲間と飲みながら桐生一高の判断は問題あるのではと話題になった。簡単に言うと納得がゆかない。と、言うことだ。
 最近、辞退した例を考えると明徳義塾、駒大苫小牧、大曲工があがる。甲子園が決まっていたか、ほぼ間違いなく決まったかの差はあれ辞退したことは事実だ。そして桐生一高は辞退しない居座った。
 確かに不祥事を起こした人数は一人だから少ない。しかし、いわゆる犯罪行為としての軽重はどうなんだろう。裁判官ではないから軽々しく言うことはできないが少なくても桐生一高の部員が起こした事件は先にあげた三校の不祥事よりも犯罪性は非常に高い。
 ボクが部長ならば「他の部員のために出場させてもらいたい」とお願いする。しかし、学校の判断に委ねる。
 桐生一高は「学校としての判断」はどうなんだろう。生徒に対して「それだけの事件を起こしても大丈夫」と指導しているような感じを受けてしまう。それは教育的ではない。
 いずれにしても高野連は判断を学校に預けるようだ。しかし、甲子園で優勝した学校と一度も出場したことがない学校には差があるような違和感は強く残る。

 本日のブログはこれにて終了。竿灯を見たことがないので電車に乗って見に行こうかなぁ。ビールを飲みながら。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR