ゲバゲバアニメーション?


本日のリーグ戦
 グリーンスタジアムよこてに県南地区のリーグ戦最終戦を観に行った。対戦カードは西仙北対平成。
 さて、球場に着いておもしろいものを発見する名人が照明灯を見ながら
「あれはワラビの上の方についてるものに見える」という。
「ホダだべ」とボク。
「エッ?」
 さて、それを言ってから本当にホダで良かったのかと不安になった。で、調べたがわからない。何だか民謡に「ホーダとなーる」と言う歌詞があったと思うのだが・・・。
 確かにそう言われるとワラビに見えてくる。そこでパチリと一枚。
 名人に負けまいとしておもしろいものを探した。ホームベース付近に三振振り逃げアウトの半径4メートルサークルが引かれている。名前は忘れました。
 それを見ながらこれはその昔テレビの「ゲバゲバ90分」でやっていた「ゲバゲバ」と書かれた舌を出すアニメーションに似ているなぁと思いパチリと。
 
 さて、野球はK君と「コールドゲームになるかも」と話しながら見ていた。結果的には西仙北2-9平成の7回コールドだった。結局西仙全力チームはリーグ戦を4戦やって4試合ともコールドゲームだった。トータル一勝三敗の結果となる。
 まぁ、今の時期は勝敗よりも選手育成の時と考えても良いだろう。徐々に成長していることは実感できる。あとは部員諸君の意識が変わることが大切だと思っている。そして全力で常にスイングする大切さや、投手ならば全力で腕を振れるようになるようになるための準備の時だ。ガンバレ球児たちよ。

  ワラビだねぇスタジアムに立つ照明灯見つつ我が身の小ささを知る


スタジアム大雄の話(続き)
 先日、ピンク色のスタジアムが少し変だなぁと書いた。その後、大好きな社長から電話があった。
「あの大雄のスタジアムは作った時にイベントもやれる場所とするとの由緒があるんです。」
「へー?」
「多目的な場所として田圃の中にあっても何をやっているかどうか目立つようにピンクに塗った経緯があると聞きました。」
「ウーム」
「こけら落としは坂本冬美だったはずです。」
「ホーッ」
「野球は別に招待試合をしたと思います。」
「なるほど」
 と、言うわけでスタジアム大雄の前面がピンク色だったり、正面に大きなワラの鹿島様が飾られたりしている謎は解けたのだった。ありがとう社長。


今日の甲子園から
 福島代表の聖光学院の態度がよかった。8月2日のブログに聖光学園がとても良かったと書いたことをすっかり忘れていた。今日、横浜との対戦を見ていて試合は負けたのだが帽子のアングルが普通であること。眉毛が凛々しく高校球児らしかったこと。これは絶対に特筆すべきことだ。すばらしい。入場行進で見たのは間違いなかったことを確認した。
 帽子のひさしのアーチとヘルメットのひさしのアーチは同じでないと視野が変わるのではないかと最近、考えている。普段かぶっている帽子がΩ型のひさしでヘルメットがアーチ状では見え方が違うはずだ。
 だから打撃を良くするには目の前のアーチを常にそろえる必要がある。常に視野を一定にしておく。これが打撃には大切な要素である。
 どうですか。新説でしょう。Hi-Rockの法則に入れよう。これは正しいかもしれませんぞ。

本日はこれでブログ終了。明朝は早起きで遠出です。早めに寝ます。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR