気持ちを引くな


雨に咲く花
 家から一歩出ると雑草の中に濃いピンクの花が咲いている。色は違うが形などの雰囲気は7月3日のブログで教えていただいた「ツルニチニチソウ」に似ている。
 雨の中、家に入る時にシャッターを押した。


碁仇(ごがたき)
 毎晩、本を読んでからさぁ寝るべと思いパタンと本や雑誌を閉じる。眠りに入る前の短い時間に落語を聴く。インナーイヤーヘッドホンを耳に差し込み出囃子を聴いて枕の部分になるとアッと言う間に眠りにはいる。とても良い睡眠剤だ。
 今は古今亭志ん朝を聴いている。枕元には志ん朝のCDを10話分積んでいる。何度も同じ噺を聴いているので内容はわかっている。それでも聴く。
 昨夜は『柳田格之進』を聴いた。噺の展開はわかる。しかし、先日囲碁をやったので噺がおもしろくなり寝付かれずに全部聴いてしまった。あらすじは次の通り。
「柳田格之進は妻はなく浪人であり19才の娘キクが身の回りを見ている。碁が好きで碁会所に通ううちに、大店よろず屋の主人と会う。気が合い碁敵になった。よろず屋はわざわざ碁会所に通うこともない。自分の屋敷で碁をやりましょうと柳田を誘い碁敵の交流が始まった。
 中秋の名月。月見の夜も柳田は招待された。月見をしながら碁を打ち酒食もよばれる。碁をやっている最中に番頭が客から預かった50両のお金を持ち込んだ。柳田とよろず屋の主人は50両のことをすっかり忘れて碁に熱中し碁が終わると酒を飲み楽しい時間を過ごした。
 ところがなぜか50両は紛失。柳田に疑惑がかかる。よろず屋の主人は碁の好きな人に悪人はいないと柳田を信じる。しかし、番頭が柳田を疑い勝手に金を返せとかけあう。柳田は武士。疑われたことは武士の名折れとばかりに盗んでもいない50両を返そうとする。しかし、手元にそんな大金はない。そこで娘キクが吉原に身売りをして50両を準備しようとする。柳田は涙ながらに娘に頼る。
 1年経過。なくなったと思っていた50両がよろず屋の座敷の掛け軸の間から発見された。よろず屋の主人がそこに置いたのをすっかり忘れていたのだ。さぁ、そこから柳田の真価が発揮される。」
 これ以上はネタばらしなのでストップ。
 碁敵とは本当に気が合う人がパチリパチリと白黒の石を置いて楽しむ。「仇」と言えども「おのれ親の仇。ここで会ったが百年目。覚悟しろ」というような仇ではない。対局中は生きるの殺すのと考えているが一局終えると心から気の合う人が多い。ボクの大先輩角館の黒沢先生はそのうちの一人だなぁ。
 そんなことを思いながら「柳田格之進」を聴いた。眠れなくなってしまうのは当たり前か。寝不足常習になってきた。


今日の全力野球チーム
 雨の予報だったが午前中は試合ができそうである。久しぶりに練習試合を見た。今日は男鹿海洋高校との対戦だ。男鹿海洋は夏の大会のメンバーがほとんど残っている。特に投手の秋山君は評判が高い。夏の大会でも男鹿海洋と校名変更後記念すべき一勝をしている。その立役者でもある。
 常時130キロ前後の速球(最速136キロ)とカーブで西仙北打線を寄せ付けない。奪三振17。四死球4で9回一死までノーヒットノーラン。このままゆくのか。と、思っていたらセンター前ヒットが出て快記録は消えた。しかし、零封だった。良い投手だったと思う。
 一方、全力チーム西仙北の投手は伊藤君。ボクは新チームになってから彼が初めて登板する姿を見た。落ち着いて投げていた。
 5回に初ヒットを打たれて失策もからみ2失点。9回には失策から始まり犠打を挟んで4連打され3失点。残りの7回は無失点に抑えている。投球は落ち着いていて良かった。ボールにスピードがないからバットには当てられる。だから守備がしっかりしないと試合が持たない。
 失点はすべて失策がらみ。バントヒットになったのも守備のもたつき。一度守備が破綻すると連鎖することが連続失点につながっている。一点で止めておければまだまだ粘れる。
 全体として「気持ちが引けている」感じを受けた。どんなに好投手でも4個も四死球を出している。走者のリードの少なさ消極性が目についた。牽制球に頭からベースに返らないで足でゆうゆうと戻る。つまり2メートルもリードしていない。投手にプレッシャーがかからないから楽に投げさせてしまう。
 守備でも無死でサードゴロやショートゴロの時にセカンドの全力バックアップもない。すべては一度は教えられていることだと思う。まだまだ全力で取り組む意識が低いのだろう。
 これからだ。県南大会に向けて成長してくれ。と、思った。

      全力で低い意識をぶっとばせ努力によってつかめ栄冠


そんなわけで今日は久しぶりに試合のスコアを書いた。さぁ、それでは明日に向かってビールでも・・・。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR