ガンバレ球児たちよ


秋季全県組合せ決定
 今週末から開催される第60回秋季東北地区高等学校野球秋田県大会の組合せが決まった。
 この大会は同地区の出場校が初戦で対戦しないようになっている。まぁ、いろいろと考え方はあるのだが10年ほど前からこのようになっている。
 そして、2週間にわたって大会が展開される。昨日、ブログに書いた日程と少しずれていた。前期が三日間でベスト四が出そろうまで大会が行われる。後期で東北大会出場校と第3代表が決定することになる。東北大会出場は四分の三に絞られることになる。
 いずれにしてもどこのチームも東北大会をめざしてがんばってもらいたい。

     組合せじっくり見つめて想像す
           投げ打つ走る球児の躍動


衝撃・東北高校秋季大会出場辞退
 今朝の各新聞には東北大会が部員の暴力事件のために秋季宮城県大会の出場を辞退することが掲載された。
 特に日刊スポーツでは東北版で『東北硬式野球部”春”消滅 部内暴力で活動を期限未定自粛』として大きく取り上げている。これを読んでみると部長・監督も辞意を表明したとのことだが校長に「将来有望な指導者は、責任を取って指導を続けるべきだ」として慰留されたようだ。
 また、朝日新聞には東北高校では昨年3月部員の暴力で報告遅れで部長が高野連から1年間の謹慎処分があったこと。さらには昨年の12月には部員のバイク無免許運転での交通事故で警告処分を受けていることも報じている。
 東北高校と言えば山形で開催された春季東北大会のことを思い出す。明桜との対戦の出来事である。その時にブログで書いたことをコピーしてみる。
「東北高のベンチ内のヤジがひどかった。たまたま地震で応援隊の到着が遅れてドンドコ太鼓がなかったからわかったことだが、明桜高の高橋投手が投球する前に「オッオッオッオッオッ」などとベンチ一体になって妙な声を出して威嚇する。
 話にならん。指導をしていないのかとボクはブツブツとつぶやいていた。するとメインスタンドの一角から大声で「その声の出し方は何だ!天下の東北ともあろうチームが何をやっている。部長は何を指導しているんだ!」。それから声は止まった。ひどいねぇ。秋田でも田舎チームならこんなヤジを出しているチームはある。恥ずかしい話だ。宮城県高野連よ。しっかりしてくれ。
 はっきり言う。東北高は高校野球をなめているぞと思った。それだけを感じたゲーム内容だった。(中略)強ければ良い。勝てば良いではない。何か大切なことが抜けている気がしてならなかった。」
 残念ながら東北高校の将来有望な指導者たちは高校野球の本質を捉えていなかったのではないかとボクは思ってしまう。だからこんな問題が出てしまうのだ。

 さて、ボクの経験から言えば東北高校は不祥事をもしかすれば隠蔽しようとしたのではないかと思う。なぜそう思うのか。あくまでも日刊スポーツ紙の記事の内容からだが「暴行を受けた被害部員は父親に連絡して出身地の埼玉に帰ってしまった。午後8時になって寮にその被害部員がいないことに気づいた仲間が携帯電話で戻ってくるように説得した」とある。
 これは部員が戻ってくれば部員を説得して「なかったこと」にしようとしたのではないかと感じるのだ。老婆心かもしれないが・・・・。
 いずれにしろ不祥事の隠蔽は必ず明るみに出る。ボクも部内暴力を隠蔽したことで6ヶ月の謹慎処分を受けた。部長のボクとしては部内も学校内も良かれと思ってとった処置だった。隠蔽する気など1个發覆った。
ところがその事件が起きて約1ヶ月後に突然新聞記者の取材を受けた。
「部内暴力のことをお聞きしたいのですが」
「いいですよ」と取材を受けた。
 天地がひっくり返るほどの大騒動になった。この日の夕方東京に住む弟から電話が入った。「兄貴の名前が夕刊に大きく出ている」と。
 この時に得た教訓は不祥事は生徒指導にまかせて教職員の中にオープンにして即高野連に「報告」ということだ。それが野球部も部員も守ることになる。
 結論としては野球部は多くの高校生を預かっている。タバコ、万引き、暴力、飲酒、深夜徘徊、自転車窃盗等々なにかしらのトラブルは必ずある。それは間違いない。自分が部長をしていたときもあった。対応する危機管理をしっかりすることだ。ただ口やかましく言ってるだけではどうしようもない。
 なんだか東北高校から別な方向に進んでしまった。まぁ、衝撃的な事件ではある。

 昨夜は古巣の仲間たちと一杯。久しぶりに色々と話した。楽しい一夜。本日のブログはこれにて終了。
 楽しかったさわらび温泉の写真もAGOさんから届く。感謝感謝。写真の中のボクはただの酔っぱらいだった。反省反省。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR