迷うなら正しく迷おう


緊張の出勤日
 「祝・再デビュー!!女子高だからってニヤニヤ授業してちゃダメですですぜ。ダンナ。(笑)F.K.より。」
 ある用件の前書きとしてT社のFK君が書いてくれた手紙が玄関にあった。帰宅時に見つけた。ニヤニヤなんてそんな。緊張で顔が引きつっていた。無理に笑おうとすると目が嫌らしくなってしまう。なんてこった。まぁ、仕方のないこと。リリーフ投手再デビューの一日。気づかいをありがとうよFK君。そんなわけで再デビューの場所の写真です。

 今日は職場で旧友F先生にも会えた。妙な「腐れ縁」とでも言うべきか強烈な因縁と言うべきか再会をお互いに苦笑いした。だってF先生とは男鹿高定時制・大農定時制・大農全日制・大曲工業そして今回の学校で5校目になる。ほとんどボクが彼の後を追いかけている状態だ。不思議と言えば不思議な縁だ。

 さて、当然教壇にも立った。これは商売だから当たり前のことだ。平然と淡々とできると思っていた。しかし、初対面の知らない子どもたちの目の前に出るとどうにもいかんなぁ。緊張してしまい話す言葉がしどろもどろだ。今日はお披露目だから仕方がないと言えば仕方がないかも・・・。明日からが本番だ。と、言っておこう。

 今日、特に良いなぁと思ったのは「朝読書」の時間だ。これはとても素敵だ。あるクラスに行って読書の時間10分ほどを40名の生徒と一緒に過ごした。
 まさに「しわぶき一つない」状態で読書に集中している。こんなにも静かな教室はこれまでの経験で初めてかもしれない。この「朝読書」のことをボクは知らなかったので読むべき本を学校に持参しなかった。明日は持って行くぞ。何を持って行こうか。
 その一冊は先日あまりに登場人物が多くて読むのを一度挫折した島田荘司の『斜め屋敷の犯罪』にしよう。これじゃあいかんなぁと昨夜から読むことに再挑戦。登場人物のページをコピーして常に手元で見えるようにしたら内容がすっきりした。今は四分の一ほど読み進んだので登場人物一覧表も必要なくなってきた。これを持って行って読んでみよう。
 こうやって本を読む。本に親しむ。本を楽しむことができるのは間違いなく良いぞ。と、思った。

 激動の一日が終わり帰り道。すでに西空に太陽は沈んでしまった。茜色の空には一番星の金星がキラリと光っていた。「オーイがんばれよ」と言っているようだった。
 と、格好つけて考えていたら道路を間違ってしまった。なんだこりゃあ。もう一度引き返した。実は告白します。先日も秋田市で飲んだ後にホテルへの帰り道を迷ってしまいました。注意不足なんだろうか。道に迷う年代なんだろうか。
 それはともかくとして金星を英語でヴィーナスという。これから少しの間ヴィーナスたちとの時間を持つことになる。しっかりとやろう。

       金星が行くてを照らすはずだった
              それでも迷う正しく迷え


思ったよりも評判が良かったなぁ
 教室には教科書とチョークとワークブックだけを持って行くわけではない。その他もろもろの物体?を持参する。両手に余ることが多い。
 そこで、今回は先日作った新聞紙バッグに物体を入れて持参した。この新聞紙バッグはまだ完成品ではない。強度が弱すぎるのだ。それでも、ある程度までの重さならば充分に持ち運びできる。
 教室で新聞紙バッグから教科書などを取り出したらめざとい生徒諸君から
「それどうしたんですか」と質問がきた。
「作ったんだよ」
「エコバッグですか」
「まぁね」
「欲しいです」
 しかもその新聞紙にはたまたまアフガンで起きた『伊藤さんの遺体発見』と言う三段抜きの記事があったから妙にリアルだった。
 古新聞バッグを見て良い物を良いと言う気持ちがうれしい。自画自賛だけど。今一度研究を重ねて強度を増して作ってみようと負けじ魂がふつふつと沸いてきた。かな?

昨日、本店の社長から電話があった。「もし勤務したらブログはやめるんですか」と。いや継続します。と、ボク。
これにて本日のブログは終わります。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR