夢を追いかけて


秋季東北地区高校野球
 雨を心配しながら宮城県名取と石巻で開催されている秋季東北大会に行った。宮城で雨は問題なかった。良かった良かった。

 上の写真の名取市民球場の明桜ー青森山田から。両者の実力伯仲。結果的には3-2で青森山田の勝ち。
 青森山田は先発投手が2点先取されるも予定通り(だと思うが)投手を左(5イニング)・左(2イニング)・右(2イニング)と3人継投させた。
 明桜は写真の上側の投手である二木が完投。5回打者の打球が利き腕の左に直接あたり治療の時間をとった。それでもキレの良いボールが決まっていたと思う。県大会のようにコントロールも悪くなかった。3失点ながら自責点は2とよくまとまっていた。明桜の敗因をボクは次の二つだと考えた。

 その一。6回裏明桜守備の時。2-1で明桜リード。二死一、三塁。ファーストの守備位置が問題だった。一塁ベースにつかないで走者の後方に位置した。
 この時、ボクはあの伝説の横浜ーPL延長17回の死闘を思い出していた。横浜が1点リードされた8回表の攻撃。二死走者一塁。その時、一塁手はベースにつかずに走者の後ろに守った。横浜、渡辺監督はの守備を「天下のPLがこんな守備をするとは。たとえ我がチームがその段階で1点負けていようが、この試合は負けるはずがない」と語っている。そして、走者はすぐに盗塁。その後二塁打が出て同点になった。PLベンチはその場面をライトの守備位置に指示を出したことが一塁手が勘違いして後方に守ったと言っている。
 さて、その場面ととても似ている。1点リードで一塁手がベースを離れたままで二木は投球した。すぐに青森山田の走者はディレード気味の盗塁スタート。加賀捕手がすぐにセカンド方向に送球したボールを遊撃手カットしようとした時にボールが遊撃手のグラブからこぼれて。結果的にダブルスチールで同点に追いつかれた。
 こんな守備があり得るはずがない。ベンチが誰一人として気づかないことがおかしい。

 その二。8回表、2-2の同点で迎えた明桜の攻撃。交代したばかりの青森山田の右投手が、その回先頭打者の9番打者を死球で出塁させた。
 ボクが長年見てきた高校野球は8~9番打者を四死球で出した場合に得点される可能性は非常に高い。と、言うことは明桜は絶好の得点機である。
 そして迎える打者は明桜打線で最高の好打者大塚湧輔だ。相手はバントを警戒し強打も予測しているだろう。と、思っていたら簡単に2球目を投前バントで二塁に走者を送った。青森山田は労せずして一死をもらった。大塚は前の打席で二死後に安打で2点目をたたき出した。ボクはゲッツー覚悟でも大塚には強打を選択すべきだと思った。相手チームにとって一番嫌な打者は大塚だからだ。
 このバントを見てボクはデジャヴのような気分に。一度見た場面を思いだす。
 それは今年の夏の大会準決勝。明桜-本荘戦。明桜初回に四番鈴木の3ランで三点挙げ試合を有利に進めていた。誰の目にも明桜の圧勝は見えていたかもしれない。しかし、3回の攻撃、三番大塚が出塁。ベンチは前の打席で3ランを打った鈴木にバントを命じた。ボクはこの試合に万が一明桜が敗退の時はこのワンプレーが敗因だと思っていた。そして明桜の悪夢は起きたのだ。鈴木に強打される方がどれだけ嫌だったか。
 さて、話を本題に戻して。結局この回、明桜は得点できなかった。
 そして、8回裏に1点を奪われ逆転されて惜敗。と、言うよりも細かい部分を見ると明桜の完敗だったかもしれない。
 野球はあくまでも結果論と言われる。しかし、そうでないこともあるとボクは考えている。今後の部員諸君の懸命の努力に期待したい。


 そして、午後は下の写真石巻市民球場まで飛んだ。
 能代ー花巻東の試合だ。名取から石巻間は結構、時間がかかった。到着したときには3回終了。0-2で能代がリードされている。しかし、4回に1点返して粘り強い試合をしている。嶋田投手も最速128劼覆ら県大会決勝よりは調子が良さそうだ。
 花巻東も五回からプロ注目の菊池投手を投入。下側の写真だ。良い投手だ。本日の最速は139劼箸里海函6回、能代は二死ながらもその投手から2連打して一・三塁と攻めたが後続なく無得点。
 8回裏に花巻東に連打が出て、能代の守備には心配された失策が連続しておき3点もぎとられて万事休す。しかし、きびきびと基本に忠実に良い試合をしていた。がんばれ能代諸君よ。

 さらに、2試合とも、東北大会ではどうなんだろうかなぁとセカンドの動きに注目。基本に忠実にやっていたのが3チーム。これは指導者あるいはコーチたちの考え方や研究に差があるなぁとつくづく思った。
 いずれにしても、とても良い試合を見たと思っている。

  白球と球児の姿追いかけて
    自分の夢もついでに追いかけ

と、言うわけで本日はこれにてブログ終了。がんばれ高校球児たちよ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR