相手の気持ちに


黄色の絨毯
 昨年の今頃、古い家を解体した。その家の周りには多くの木々がある。
 今朝、その木々の中で銀杏の葉がほとんど全部落ちていた。木の根もとは葉っぱで黄色の絨毯になっている。それをパチリと。
 近所のおじさんが銀杏の実は拾って持っていってくださったとのこと。何となく銀杏の木の周りは銀杏の臭いがしている。なんとなくUNKO(ちなみにウラン・チッ素・カリウム・酸素の元素記号ではありません)の臭いに似ている。

      解体しすでに更地の銀杏に
         想い出にじみ生い立ちしのぶ


ホンジ(ホジ)その後
 先日、ブログを見ている方と話をした。その方はボクに心配そうに尋ねた。
「ホジが売り切れたんですか?」
「ハイ、そうらしいです」
「それは大変ですねぇ。新しく作っている所はないんでしょうか」
「エーッ!!??」
 ウーム。困ってしまった。本当にどこかでホジが作られて販売されると思っているらしい。売り切れになったら大変だと心配しているのだ。そこでボクは
「実は・・・・」と説明。
「冗談ですかぁ」呆れられた。おそらくボクは心から嫌われただろうと思う。なんてこった。


大切なこととは
 高知県の高知中央高校で、ラグビー日本代表の大八木敦史さんがコーチをしている模様がNHKの番組で紹介された。
 ほとんどの部員が高校に入学してからラグビーを始めたという。その生徒諸君を悩みながら指導した記録でもあった。
 そして、今年の大会では高知大会決勝まで進んだという。おそくら今日か昨日あたりが決勝だろうが結果はわからない。
 ただ、2回戦だったと思うが高知中央高校が100点差以上をつけて圧勝したシーンがあった。その時に選手たちにかけた大八木さんの言葉が良かった。
「大勝したときこそ相手の気持ちになることだ。けっしてガッツボーズなどするな。普通の顔をしていることだ」

 大切なのは勝ち負けではないと大八木さんは強く考えている。大切なのは「心」なのだと生徒たちに教えている。これはとてもとても大切なことだ。と、ボクも思う。
 すべて「全力」につながってくる。


 今日はのんびりと明日から使う教材を探しに大曲に出た。新しくできた大曲のジャスコにも行ってみた。探したけど欲しい物は無いなぁ。これからインターネットで探してみよう。
 そして、今夜は古巣の野球部OB会懇談会。これから出発だ。楽しみだ。
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR