DNAがたくさんできた


DNA模型
 生徒諸君が作ったDNAの模型である。もちろん、ごく一部ではある。生物の遺伝はすべてこの二重らせんのDNAが担っている。すごくかっこいい。と、思う。何しろ生物の情報を詰め込んでいるんですから。
 これを携帯電話のストラップにしてみることを勧めているが・・・。はたしてつけるかどうか。

 ところで昨夜のNHK特番では「男が消える」かもしれないという話をしていた。ビールを飲みながら見ていたので少々うろ覚えだがまとめてみる。

 男女を決定する性染色体の中で男を決めるのはY染色体である。そのY染色体ができてから長い間壊れ続けているとのこと。
 女性を決定するX染色体はペアで存在するのに対してY染色体は単独で存在する。X染色体は染色体がペアで存在するから壊れ始めるとお互いに修復して常に再生されているとのことだ。ところがY染色体は単独であるから助けてくれる相方がいない。だから壊れると壊れっぱなしでどんどん破壊してゆくとのこと。修復ができない。このへんのところがやっぱり女は強い所以か?!
 統計的に予測するとY染色体は将来的には500~600万年後にはなくなるかもしれないと計算結果が出たらしい。これはヤバイ。と、言ってもボクはその頃いないのだ。

 だが、今でも恐ろしいことに人間の精子の動きは非常に動きが鈍くなっているとのこと。要するにヒトの精子の勢いがないらしい。安定した一夫一婦制がそれをもたらしているとも言っていた。競争する必要がないために安定したのんびりとした精子の運動になっているとのこと。ウームなるほどなぁ。さらには奇形の精子がが増えているようだ。なんてこった。
 チンパンジーなどは乱婚だから雄の遺伝子を残さなければならない。だから何匹も同時に交尾しているので精子も必死で動き回るそうだ。チンパンジーとヒトの精子の動きを比較した画像を映し出していたが、何とヒトの精子諸君の動きのとろいこと・・・・。

 しかし、500万年後だからなぁ。人類が誕生してから200万年とも300万年とも言われる。だから生物として絶滅するルーティンになっているかもしれないかなと思ったりした。
 またどこまで本当かわからないが、生物学的には男(雄)は女(雌)のできそこない。つまり、生命を維持するためにとりあえず分担する役割をもっただけだという学者もいるようだしなぁ・・・。

 と、まぁそんなことをDNA模型は少し示している。いないか。

      DNA生命の海遠望す
         命の奇跡君が好きだよ


今日は朝から雨降り。寒中に珍しい。かなり雪もとけて道路は走りやすい。しかし、冬は油断できない。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR