長者の山


伝統芸能披露

 ♪盛る盛ると
  長者の山盛るなー
  盛る長者の山
  さぁさ末永くなー

  山さ野火つく
  沢まで焼けたなー
  なんぼかわらびコ
  さぁさほけるやらなー

 今日、我が職場では韓国の明文高校との交流会が行われた。韓国から15名の高校生が来訪して角館地区の学校との間で交流をおこなう事業。今日が我が職場の担当とのことだった。
 
 来訪した高校生の歓迎のために1年生は伝統芸能(民謡)、3年生は合唱を披露することになった。

 3年生の合唱は100人の声が感動をよんだ。と、ボクは思う。

 そして、今日の本題である1年生の伝統芸能は2学期に地元の民謡名人たちをお招きして1年生全学年で三味線、尺八、唄、踊りの別れて訓練を積んでいた。それを見てもらうことになった。演奏し踊った曲は「秋田甚句」そして「長者の山」。最初にかかげたのは「長者の山」の二番までである。一番は意味がわかる。二番は「野火などで春の野原が焼けるとわらびがどれだけたくさん生えて(ほげる)くるんだろう」という意味かな?。まぁ火事になっても損はないって言う前向きな唄ですな。違うかな。
 でもボクは間違いなく長者にはなれない人間だなぁ。

 少女たちはそれぞれの持ち場で一生懸命に演奏し踊り歌っていた。4人は「かすり」の着物を着て手踊りでリードしていた。ここに伝統の味があるなぁと思った。指の先まで気持ちがあでやかに表現された。と、素人のボクには見えた。
 と、言うわけで今日の写真は艶やかに踊ってくれた少女たちである。

      艶やかな少女の
         手踊りたおやかに
           異文化交流大寒の日に


本日のブログはこれで終了です。さぁ、ビールでも飲もう。そうそう思い出した。今朝、職場で隣の学校の野球部コーチに久しぶりにあった。生徒引率で来ていたとのこと。がんばっているなぁ。

 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR