ブリザード


冬に逆戻り
 妙に暖かな日々が続いていたが今朝は村の除雪車の轟音に夢うつつで
「アレッなんで今頃除雪車が来るのか」
すでに気持の中では春モードになっているのだ。
 布団から抜け出せずにモゾモゾしていて起き出して玄関先を確認したら20僂曚廟僂發辰討い襦
 午前6時20分。まだ薄暗い中我が家の除雪機を引っ張り出して積もった雪を吹き飛ばした。これはこれで爽快なのだ。
 今朝の雪は気温が低かったせいでとても軽い。パウダースノーである。これくらいの粉雪でスキーをやったら新雪の上にかっこよくシュプールが描けるんだろうなと少し考えた。そう言えば長い間スキーはやっていないなぁ。

 ところで雨模様の昨日。大曲にあるなじみの床屋に行った。カットする髪の毛が有るかどうかは別にして・・・。ちょうどボクが店に着いた時に床屋の前の道路には市の大型ブルドーザーが雪を敷き詰めている。普通は除雪なのだが「敷雪」とでも言うのか雪をどんどん道路に置いて固めてゆく。

床屋のオヤジさんとの会話
「今年は楽だんすな」
とオヤジさん
「ところで店の前の道路に雪を置いているのなしてだべ?」
と、ボク
「アー。大曲の綱引きで雪を敷いているんです」
「なるほど。刈和野でも敷いてましたねぇ」
「ンダンスな雪がネーばアブネグテ」

 高校生の頃。昨日行った床屋の真ん前の家に下宿していた。当時から綱引きがおこなわれていたことを思い出した。
 そして、綱引きの日とその頃に流行りだしたバレンタインデーの日とが重なり1学年下の女の子からチョコレートをもらったことも思い出した。そのもらったチョコレートを下宿している連中にアッという間に食われてしまった忌まわしい記憶も・・・。ハイエナどもめ。

 こんな能天気なことを書いたが、帰り道はひどい目にあった。畜産試験場から神岡町の13号線に出るまでの約1甸屬婆堽淵屮螢供璽匹里燭瓩飽貔先も見えない状態になった。何台かの車が連なっている状態だ。しかし前の車のテールランプがほとんど見えない。だからどの車も動けない。風が一瞬静まるのを待って少し前に進むことを繰り返してなんとか乗り切った。このルートは30年前に通っていたがこんなブリザードにあったのは当時でも5年間に1回か2回しかなかった。

 まだまだ寒さと雪は覚悟しなければならない。そんなことを思いながらの冬の逆襲に気を引き締めねば。

     春遠し三寒四温猛吹雪   
       あらためて知る自然のこわさ


昨日の断水は3時間ほどで回復。何が原因だったんだろう。浄水場などへの落雷だったかもしれない。これにて本日のブログ終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR