メモも詩的に


下ノ 畑ニ 居リマス 賢治

 大学の大先輩に宮沢賢治がいる。宮沢賢治は盛岡高等農林(現・岩手大学農学部)の土壌学研究室で学んだ。
 実はボクも農芸化学科土壌学研究室で遊んだ。学んではいない。今になってもっと勉強すべきだったなぁと反省している。
 学部の研究室に通っていた頃
「宮沢賢治の研究室だったよ」と言われたことを思い出す。
しかし、研究室には宮沢賢治の資料はなかった思うが、それは記憶の彼方にぶっ飛んでいる。

 大先輩の宮沢賢治が農学校を卒業後に花巻農学校に赴任し教育活動をしたことは有名な話である。
 そこの小黒板に
「下ノ 畑ニ 居リマス 賢治」と書いて農場にいって教育活動や研究をしていた。

 我が職場の体育館の黒板にY先生が指示した内容を見て、基本的なことを書くことは素敵だなぁと写真を写していた。
 その時に宮沢賢治が花巻農学校で黒板に書いたメモを思い出した。

 「心」ある人が書けばメモでさえ詩的になるなぁと強く思う。

 大切なことをさりげなく書いておく。自分には書けない。だいたい文字はミミズを這わせたよりもひどいものだ。


本日は職場の歓迎会。これから角館で飲み会になる。

      夕方ハ 歓迎会デ 角館ノ
        飲ミ屋ニイマス
          ニコニコ顔デ


本日のブログはこれにて終了。歓迎会の帰りはほろ酔いかげんで角館の夜桜でも見ながら電車に乗って帰ろうかなぁ。それにしても寒そうだ。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR