ヨタカの鳴き声を聴く


夕焼け

 何度見ても夕焼けは郷愁を誘う。
 今日の夕方は久しぶりに早めに帰ることができた。本日大仙・仙北地方は28℃近くまで気温が上昇。日中とても良く晴れていた。
 そして、夕焼けだ。ボクがいつも拝見しているブログ「こはる の つぶやき」がある。とても楽しく読ませてもらっている。こはるさんのブログにも夕陽と田圃の風景を掲載していた。とても素敵である。
アドレスは↓です。
http://kohalunotubuyaki.blog93.fc2.com/
 ボクも前に似たような写真を1枚写していたが今日の夕焼けで再度挑戦してみた。それが本日の写真である。

 夕焼けや夕日の歌はたくさんある。その中にザ・スパイダースというグループサウンズのヒット曲に「夕日が泣いている」という曲がある。2年前に急逝した大学時代の友である加藤君が大好きな歌だった。
  ♪夕焼け 海の夕焼け
   真っ赤な 別れの色だよ
と、いつもお互いに歌っていた。今年は長野で大学のクラス会がある。しかし、バレーボール命のボクは残念ながら出席できない。かつての友達と長野の夕焼けを見たかったなぁ。残念。


高校野球の記事を見て(PART2)

 今日はまず春季全県大会の結果を書いておこう。
 準決勝
  秋田中央 6-2 大館工
  秋田商業 5-1 横手
 決勝
  秋田商業 4-3 秋田中央
 東北大会第3代表決定戦
  大館工業 7-0 横手 (7回コールド)
 秋田商・秋田中央・大館工業の三校が福島で開催される春季東北大会に出場。

 さて、本日のブツブツ文句は秋田中央対大館工業戦で起きたという地元魁新聞(5月26日付)記事から引用。

『3回裏。秋田中央の打者の打った打球が左翼手の頭を越えてスタンドに入った。三塁塁審は右手を回し本塁打のジャッジ。だが、直後に「フェンス手前でワンバウンドした」と猛抗議の大館工。エンタイトル二塁打か本塁打か。協議のため、試合は約10分間中断した。「ワンバウンドしたぞ」「どこ見ているんだ」とスタンドからヤジが飛ぶ異様な雰囲気の中、協議は続いた。抗議を受けた審判側は本部の責任審判と控え審判に確認。両者はいずれも打球が左翼手と重なり、ワンバウンドは見えなかったという。確認できたのは打球がスタンドに入ったことだけだった。押し問答の末、「最後にもう一度、三塁塁審に確認を取ってください」と大館工の監督。「間違いなくバウンドせずに入った」と三塁塁審。結局、大館工側が「審判講習会の時のように、もっとフェンス側まで打球を追ってください」と注文を付けベンチに下がり、2ランとなった。敗戦後、大館工監督は「ジャッジがすべて」と淡々とした様子だった。』

 以上の内容である。審判の怠慢である。これはこれまで何回か書いてきたが「審判がストライク言えばどんなボールでもストライクです」につながる。つまり、しっかりと打球のゆくえを、どの審判員も見ていなかったのだ。と、ボクは推測する。左翼手と重なったなんていうのは言い訳以外のなにものでもない。
 この2ランホームランで大館工は序盤で試合展開で突き放された。あくまでも「たられば」の話だがエンタイトル二塁打だったら展開はわからなかった。

 4~5年前にはA商の打者が放った打球がレフトポールから左側に遠く離れて場外に飛んでいった場面があった。そうしたら驚くべきことに三塁塁審が右手を回してホームランの派手なジェスチャー。ミスジャッジがそのまま認められた瞬間を見た。まぁ、ある意味貴重な体験ではあった。あの審判の名前は永久にボクの頭にインプットされた。これってダメなんだよなぁ。まさにKUSO(きっとダメだ うまくない 審判員 オーノーの略)だ。

 審判の「心ないジャッジ(と言うことにする)」で、どれだけ多くの高校球児が涙を飲んだことか。確かに審判員の方々は仕事や家庭を犠牲にしてジャッジをしてくれている。その苦労はわかる。しかし、ジャッジは正確かつ厳正に行われるべきだ。妙なスター気取りの審判員のなんと多いことか。
 10年ほど前にあちこちで議論された「高野連の審判員」を持つ必要があるのではないかとつくづく考える。

 と、二日連続高校野球について腹立ちまぎれに書いてしまった。断っておくがボクは高校野球が大好きである。だから書くのだ。


ヨタカ

 昨夜午後8時半頃から家の周囲でヨタカ(夜鷹)が
「キョッキョッキョッキョッ・・」と飛びながら鳴いていた。久しぶりに聴く声だった。10年ぶりぐらいだろう。渡ってきたのだなぁと少々感慨深くヨタカの声に耳を傾けた。そして、深夜まで3回鳴き声を聴いた。

    キョッキョッキョキョキョ
      ヨタカの鳴き声リズミカル
        豊かさもどれ吾がふるさとよ


これにて本日のブログ終了。さぁ、ビールで乾杯。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR