仙北市に新型インフルエンザ出現


波紋

 今朝から雨が降り続いた。すでに南東北(この表現も変だが宮城とか福島とか言ったらいいのに・・。)までは昨日には梅雨入り宣言が出ていた。だから今朝の雨の音を聞きながら秋田も梅雨入りだろうなぁと考えた。
 予想どおりに東北北部地方(要するに秋田・岩手・青森か。それじゃあ東北北部を一括して表現できるからいいのかな?)も梅雨入りしたと発表された。

 今朝の「森本毅郎の日本全国8時です」で木曜日ゲストの月尾嘉男さんが梅雨のことについて話していた。角館はラジオの感度が悪くなる。それで、ところどころ雑音で聞こえにくくなるのだが大ざっぱに書けば次のような内容だった。

『梅雨はうっとうしいのだが雨はとても大切な資源であるという話だった。それは間違いない。梅雨の時期に日本列島に降る雨は一年間に降る雨の約三分の一を占めるとのこと。だから十分に雨が降らなければ水不足になってしまう。あとは雪だ。白いダムと言われるほどの水量をもつ。これが年間三分の一の水資源になる。』

 と、言うことは秋田は水が豊富な国と言うことだ。秋田県民歌を思い浮かべた。

「秀麗無比なる鳥海山よ」
から始まり
歌詞の終わりは
「山水皆これ詩の国秋田」となる。

 まぁ、全部の歌詞を読んでみると、今では現実にそぐわない部分もある。しかし、秋田県の良さを淡々と歌い上げる良い歌だと思う。

 と、言うわけで今日から梅雨入り。とは言え毎日毎日雨が降るわけではない。レイニーシーズン楽しく過ごさねば。「森本毅郎の日本全国8時です」はなかなか奧が深いですねぇ。

 写真は雨が降っている時の波紋を写してみた。撮影は難しいです。

    梅雨入りは
      日本が日本である証拠
         水の恵みに感謝する時


20000回

 ブログのカウンターが19500回を越えた。10000回を越えた時にウームと思った。そして、今またウームとうなっている。まさかカウンターがこんなに回るとは思っていなかった。
 こんな雑文を見てくださる方がいるのだと感謝せねば。

 と、言うわけで20000回を踏んだ方はコメントでもホームページのメール連絡でもご一報いただけるとありがたいです。


新型インフルエンザ仙北市で発症者が

 さっき生徒からメールが届いた。
「とうとう仙北市で新型インフルエンザがでちゃいましたよ (;゜∇゜)」
 心配だろうなぁ。仙北市は角館・田沢湖・西木の三町合併でできた。つまり地元で新型インフルエンザの発症者が出たことになる。地元新聞のHPを見たら40歳代の女性らしい。観光地だから感染の危険性もあったんだろうなぁ。と、言うことは我が校にも可能性はある。

 あわてても仕方がない。ひどい症状にはならないとも報道されている。早めに十分な対策が必要になるだろう。



一昨日聴いた金原亭馬生(古今亭志ん朝の兄さん・古今亭志ん生の長男・池波志乃のお父さん)の落語はていねいな噺で良かった。しかし、聴き始めるとすぐに寝てしまう。落語のCDは睡眠薬である。なんてこったです。
そこで今宵はお父さんの古今亭志ん生を聴きながら寝ることにしよう。これにて本日のブログ終了。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR