神明社から職場をながめ


引き続き夏に鍛える

 なんと角館町の神明社トレーニングが続いている。グラウンドを20分走ろうと提案すると
「神明社の坂のぼりが良いです」
「フーンそれじゃ前回よりダッシュを一本増やすよ」
「ハーーイ」
それで決まり。GOである。

 単純な走り込みのトレーニングをいかに楽しくやるのかを彼女たちは知っているのだろう。特に今朝のように夏空が広がっている時には木陰の坂道が良いのだろう。

 神明社に到着するとお社の戸が開かれている。中からは雅楽と太鼓の音色。何かの祈願をしているようだ。彼女たちも興味深そうに覗き込む。静かに参詣してから走り込みを始めた。

 トレーニング後に例によって記念撮影。まだまだ元気いっぱい。もっと走る量を増やしても良いのかもしれないなぁ。まぁ、いいか。

 お社の場所から職場を撮影したのが上の写真。お社の正面で写したものが下の写真。

 がんばれ少女たちよ。

    着実に体力アップ少女たち
        神明社にて夏に鍛えよ


甲子園大会が近づいてきた

 今朝の朝日新聞(2009.8.2付)の『49代表そろう 左腕投手に注目』という記事が掲載された。甲子園までの各都道府県大会での特徴を検証した内容だ。
 まず、花巻東の菊池投手など左腕の逸材が揃っていることを伝えている。ボクはあまりそんなことには興味がない。ただ、そうかぁ良い傾向になっているのかと思う内容があったので転載してみる。

『大会を通して審判から「捕球後にストライクに見せかけるミットの動かし方はしない」「一塁コーチは独自の判断でセーフの動作をしない」などの注意が伝えられた。日本では技術や一生懸命さの表れと受け取られても、国際大会ではアンフェアな行為と評判が悪かったからだ。』

 これはキャッチャーのミットを動かさないことは今春から、一塁コーチャーのやるセーフの動作は数年前から指導されていた。

 今年の秋田大会は1試合しか見ていないので気にならなかった。少しずつフェアな状態になっているんだろうなぁ。
 甲子園は今日の公式練習が雨の影響で室内練習場になったらしい。少し可哀想だが天候ならばしかたないのかもしれない。


本日のブログはこれにて終了。休肝日にでもしようかな。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR