松井秀喜のMVPはすごい


今日の空

 秋田県内は濃霧に覆われて車の運転は十分にご注意ください。ラジオではアナウンサーが話している。ヘッドライトとフォッグランプを点けて注意して通行だ。いつもだったら上の写真には道路の向こうに空が広がるのだが霧のために視界は狭い。
 こんな日は好天になる。案の定、日中は晴れ上がってくれた。これならば駒ヶ岳が久しぶりに見えるかもしれないと4階に昇ってみる。残念ながらかすんでいる。うっすらと青いそらとボーッと見える駒ヶ岳。
 そして、夕方も久しぶりの夕焼けである。この夕空は陸上競技場を見ながらの遠景である。久しぶりの晴天。


NYヤンキースの松井秀喜

 ワールドシリーズで何とMVPを獲得した。朝日新聞の天声人語でも魁新報のコラム北斗星でも、なんと赤旗のコラム潮流でもこのできごとを取り上げている。全部確認しているわけではないが他の大新聞もおそらく書いていると思う。

 松井秀喜。読売ジャイアンツにいる頃はあまり好きではなかった。しかもメジャーリーグに言ってもアメリカの読売ジャイアンツのようなNYヤンキースに入団したのだから、やはり好きにはなれなかった。
 その後、メジャーリーグで活躍するのは松井ではなかった。イチローだったりその後にアメリカに夢を求めていった選手たちだった。松井は膝のケガやスランプなどで思うように活躍できないでいた。それでも名門チームで、そこそこの成績は残していた。悩める男を見ると応援したくなるのだ。まったくなぁ。オレって節操がないんだから。

 そして、今回の快挙だ。ヤンキースの契約最終年。おそらく来年はこのチームでのプレイはないかもしれない。それにしてもすごい選手だ。

 天声人語に松井の言葉として次のフレーズがある。心したい。

「自分を裏切るな、迷った時は挑戦せよ。倒れるなら前に」


 ところでその昔映画で「くたばれヤンキース」という映画があった。おそらくボクの小学校当時のことだろう。だから観たこともない。ただ、映画のタイトルがとてもインパクトがあり忘れられない。
 あらすじは何かで読んだがおおよそ次のようだ。さえない男が突然超能力を得てヤンキースの対戦相手のチームで選手になり大活躍をする。彼の力でヤンキースをやっつけるのだ。しかし、彼の能力は次第に消えてゆく。そして・・・と、言うストーリーらしい。さしずめボクなりに言ったら「くたばれ読売ジャイアンツ」なんだろうけどね。

 どこでもアンチジャイアンツ的なへそ曲がり人間(いや、まともな人間)はいるんだなぁ。アレッ話がずれてしまった。ごめんなさい。
 松井秀喜の快挙に拍手を送りたい。



 NHKニュースでは新型インフルエンザ患者の爆発的な増加を報じている。先々週に比べて40万人も増加しているようだ。秋田県も感染危険な地域になっている。注意しなければいけないなぁ。インフルエンザに関して11月2日付の朝日新聞歌壇に次のような歌が選ばれていた。

 罪事に連座せしごとその家の者は濃厚接触者と呼ばる 可児市 前川泰信さん

 できればインフルエンザに感染したことを周りに知られたくないという日本の状況を詠んでいる。それでもドンドン感染者は増えている。知られるとか知られないではない状況になっている。いかに情報を共有してムダな感染を防ぐかが大切だと思う。

 インフルの発症聞くたび祈るだけ我を避けてよ頭痛発熱



と、言うわけで何だか鼻がムズムズする。くしゃみも出るし・・・。これにて本日のブログは終了。今夜は先日亡くなった三遊亭円楽のCDを聞いて冥福を祈りながら寝よう。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR