残念なり獅子座流星群


代わりに朝の空in塩竃

 帰宅してからインターネットなどで確認すると西日本では見えたようだ。昨夜、宮城に向かう時から土砂降り。予報も全然ダメ。広域の天気予報を見ると浜松あたりからは朝方晴れのようだ。まさか、そこまで行くほどの気持ちはない。宮城塩竃でストップして晴れを願うだけ。

 そして、朝4時頃。流星のピークになると予想された時間帯。おそるおそる空を見上げると曇っている。アーァ。それでも時々外を見るのだが雲は晴れない。ウーム。とうとう夜明けの時間帯になった。すると、何と言うことでしょう。少しずつ晴れ間が見えて来るではありませんか。でも、星は朝の光の中に消えてしまった。西日本では日の出の時間が遅いので午前6時前後の時間帯でも流星は見えるのだろう。

 仕方がありません。今朝の宮城塩竃の空を撮影。あの9年ほど前の獅子座流星雨のことを思うことにしよう。

   一瞬の光の道に夢願う
      しし座流星次の機会に


加藤和彦さんの逝去

 1ヶ月前の10月17日に音楽家の加藤和彦さんが自ら命を絶った。「帰ってきたヨッパライ」「あの素晴らしい愛をもう一度」「イムジン河」などなど数々のヒット曲をきたやまおさむさんと一緒につくってきた人だ。

 大学4年の頃。深夜放送が始まった。枕元にはナショナルのトランジスタラジオがあった。商品名はワールドボーイだったような気がする。当時のトランジスタラジオにはACアダプターなんかなかった。だから消耗する電池代がもったいない。同じ下宿に住んでた電気工作の好きな福島出身のK君からAC電源からDC電源に変換するアダプターを作ってもらった。これで何時間でも何日でもラジオの電池を気にしなくてもよい。深夜放送も聞き放題状態になった。彼は今何をやってるんだろう。

 ワールドボーイで「オール・ナイト・ニッポン」をほとんど毎晩聴いた。ビタースウィート・サンバのメロディーが流れてくる。
♪パラッパ パッパラパ パッパパ パッパラパ パッパラ パッパラ。何が何だかわからないと思いますがトランペットの軽快な音とサンバのリズムでオープニングである。DJは日替わり。特に今は亡き糸居五郎の「ハーイ 糸居五郎のオールナイトニッポン ゴーゴーゴー!」で始まる日が大好きだった。妙にバタ臭くてカッコ良かった。どれだけマネをしたか・・・。下手くそでしたけどね。

 時代は今と似ていたのかもしれない。大学4年の半ばを過ぎても就職も決まらず、まぁ将来は教師をやろうとだけは決めていた。ウロウログダグダと学生生活を送っていた。でも、大学では先生にも先輩にもそしてクラスメートにも恵まれた大学生活を送っていた。その人たちがいなければ4年で無事卒業できるわけがなかった。

 そんなある深夜。DJは忘れたが「帰ってきたヨッパライ」のレコードをかけた。その曲を聴いた途端にぶっ飛んだ。こんな遊び心一杯の曲があるんだ。日本も捨てたもんじゃない。遊び心がすごい。すごすぎる。と、思った。

 それがフォーク・クルセダーズというグループと言うことも知った。そして、音楽性の源は加藤和彦さんだということもわかった。

 フォーク・クルセダーズは何曲かのヒット曲を出してすぐに解散。きたやまやおさむさんは医学生に。端田のりひこさんは別のグループ結成。加藤和彦さんは日本のポップスを代表する人となってゆく。それぞれの道に散った。

 そして、訃報を聞くことになった。惜しいなぁ。朝日新聞2009.11.16付の朝日歌壇に加藤和彦さんを偲ぶ三首の歌が選出されている。

  折々にあなたの歌をくちずさみ生きてきたのに加藤さん逝く
                      山形市 渋間 悦子さん
  分断の国を憂えし歌手逝きぬ「イムジン河」を歌い広めて
                      大阪府 金  忠亀さん
  そんなにも急がなくていいものを加藤和彦振り向かざりき
                      安中市 入沢 正夫さん

 また、一人ボクの心の中の「人」が消えた。合掌。



これにて夕方過ぎに宮城から帰宅。久しぶりの遠出。今日は典型的な冬型。宮城から岩手にかけてはカラカラの晴天。岩手県境からは雪。そして、秋田に入っては雨。気温が下がっていたら大雪の状態だろう。AMラジオを聴いていたら時々静電ノイズがジャーと入った。本日のブログ終了。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR