メールは非常識?


駒ヶ岳と鳥海山

 今朝は冷えた。車の温度計は-4℃。道路も水たまりなどは凍り付いている。今冬初めて四駆にして走った。

 放射冷却現象なのでこんな冷え込んだ日は好天になる。
 昼頃に駒ヶ岳は青空にくっきりとそびえている。そして夕方は用事で西仙北町方面に出た。すると夕焼けの中に鳥海山が見えるではありませんか。良いなぁと思い1枚撮影。

ボクの勤めた職場の校歌には鳥海山か駒ヶ岳が詠まれている。
例えば大曲農業高校
「旻天高く聳え立つ 見よ鳥海の金字形」
例えば大曲工業高校
「白雪の鳥海 はるか」
例えば角館南高校
「駒形山の峰」駒形山は駒ヶ岳のことだと思う。

と、言うわけで今日は秋田県を代表する山々でした。

  蒼天にそびえる山は動かねど人の心をあたたかにする


非常識

 先日ラジオで「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン」を聞いていたら「なんてこった」と思う話をしていた。それは番組へのある主婦の投稿であった。ザッとまとめると次の通り。

『主婦の友人仲間で映画館に4人で行ったら観たい映画が違った。そこで2人ずつ別れて邦画とSFをそれぞれ観ることにした。
 シートに座って映画が始まったらすぐにメールが届いた。誰かと思って確認すると隣に座席に座っているAさんからメール
「始まるネー。楽しみだねー」と書いている。別の邦画を観に行った人たちからも一言コメントがどんどん届く。
迷惑だったので止めてもらおうと思い隣の友人に声をかけようと思ったら
「小声で話すのは他のお客さんに迷惑なのでメールで送って」
とメールがきた。結局、映画の上映時間3時間
「わー大迫力だね」
「泣けるね」
などとメールでくるのにいちいち返事をやりとりしているうちに映画は終了。どんな映画だったか全然印象にない』

 ボクも「ながら族」のはしりである。ラジオを聴きながら本を読んだり時々勉強したりするのは当たり前の世代だ。しかし、メールをしながら映画を観る気はしない。もちろん落語を聞きながらメールは打たない。いや、打てない。当然、電源はOFFである。

 そしたら吉田拓郎が話していた。中島みゆきのコンサートに行ったら前に座ってるオヤジが「中島みゆきはあーだ、こーだ」と一生懸命連れてきた女に知ったかぶりのレクチャーしていたとのこと。「バカヤロー!」と思ったそうだ。
 まったくその通り。かなり前にボクもブログに書いたがある落語会で近くに座ってるオヤジが「ワハハハ、なるほど」とか「やっぱりなぁ」とかいちいち余計な間(あい)の手を入れるのだ。許せんっと心から感じたことがある。
 映画や演劇や落語など何でも良い。泣いたり笑ったり喜んだりして感動するのは良い。全然問題はない。でも携帯やら余計な解説をしないでもらいたい。非常識である。

 こんなことを思い出しながら坂崎幸之助と吉田拓郎2人の常識に拍手をした。


職場から帰る時にボクは
「今日の昼飯食ったけかなぁ?」
ボソッと言ったら、後ろに座っている人が
「危ないですね」
と不安げで気の毒そうな顔でボクを見ていた。ウーム。
これにて本日のブログは終了。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR