冬将軍


大雪だ

 朝起きてびっくり。車が雪に埋まっているではありませんか。
 今朝は除雪重機の音も聞こえてこない。だからのんびりスヤスヤと眠っていた。
 目覚ましが5時15分にはピピピピピピピと鳴る。その時まで全く知らずに寝ていた。いつもだと午前4時頃になれば除雪隊は出動しているはずだ。その音で目が覚めるはずだった。あくまでも除雪車はきてくれるだろうという自分の思いこみですけどね。ところが来ないのです。
 午前6時頃。まだ薄暗い外を見るとアリャリャだった。車が雪に埋もれてしまいそうだ。パワーのでない軽油の入った除雪機を動かして車の出入り部分を確保した。なんと働き者の機械なのか。
 その頃に除雪車が来て生活道路を確保してくれた。

 そして、午後8時前に自宅に到着。角館では積雪30兪宛紊世隼廚い覆ら帰ってきた。角館から神岡町に向かう途中でドンドン積雪が増えてくる。
 道路は圧雪の上にサラリと積もった新雪だ。その新設に車が乗り上げてスリップした。ハンドルがきかず車のコントロールできない。一瞬、緊張が走った。幸い対向車もなく無事に車は安定してくれた。2~3秒程度だろうが冷や汗をかいた。

 南外村に入ったら雪の降り方がハンパではない。モサモサモサモサと雪が降ってくる。我が家に到着するためにはメインルートから外れて約100メートルの上り坂がある。新雪の深い雪をラッセルしながら車は走る。
 ようやく家に着いたら家の前は1メートルほどの積雪。またまた除雪機出動。


ここで一言。昔は良かった。

 昔と言っても10年ほど前のこと。朝夕、村の除雪隊は生活道路をしっかりと確保していた。しかし、今は朝だけ。それも除雪してくれる時間が遅い。今晩のよう夕方から大雪になっても出動してくれない。フットワークがない。
 まぁ、言い訳は予算がないだろうけど・・・・。納得がゆかない。

 ところで今朝の魁新報一面に原口一博総務大臣のインタビュー記事が掲載された。タイトルは『平成大合併は失敗』
 理由は「地域からの自主的な合併ではなかった。三位一体改革と並行して行われたため、公共サービス格差が拡大した」ためと話している。

 普段、生活していると市町村が合併しようがしまいがあまり実感はない。しかし、冬になった途端に合併したことによるデメリットが出てくる。
 つまり除雪などの公共サービスが手薄になったことに気づくからだ。あくまでも自己責任でやりなさい。痛みを分かちましょう。などというレベルではない。雪によって生活できるかどうか。生死がかかっている。
 住民が少ないから手を抜くのが三位一体改革の本質である。だからボクの村のように人口の少ない地域は置き去りにされる可能性が高い。いや、置き去りにされている。

 原口総務相が言わなくてもボクは合併には大反対だった。もちろん今でも反対ですけど・・・。こんなことを考えさせられる大雪の夜である。

  大雪に飢饉(けがち)なしとは言われても今やまぼろし生きた政策


なんだか、除雪の疲れで腹立ちまぎれになってしまった。まだ雪が降ったばかりなのに・・・。これから三ヶ月は雪との闘いなのに。こんなに腹立ちまぎれだったら血圧が上がってしまう。まぁ、愚痴は今日だけにしておこう。
これにて本日のブログは終了。

P.S ところでカウンターを見たら30000回を超えている。もう少しで3が5桁つまり33333と並びそうである。もし、ドンピシャこのカウンターになった方がいましたら最近ボクがはまっているガムテープバッグを作ってプレゼントします。コメントにでも書き込んで下さい。
まぁ、あんなバッグは誰も要らないか?それはそれとして・・・。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR