仙台の空の下で


吉野家の牛丼は???

 実は先週に引き続いて今日も仙台に出た。宮城県も昨日から今冬最低気温を記録したとラジオが言っている。
 仙台駅前からの空。ビルの屋上に灰色の空が広がっている。夜になるとこの撮影した空と反対側ではライトアップされたページェントがあるらしい。しかし、それはボクにはもっとも似つかわしくない風景なので日中だけで仙台駅前を退散することにしよう。

 昼ご飯は吉野家の牛丼を食べた。田舎者のボクは吉野家に入ったのは初めて。
 注文をとる店員の態度が機械的で好きになれない。まずは注文をとる時の態度から。メニューを1枚ボクの前に置き「どちらになさいますか」と言った。どれどれ何を食べようかなぁと思った途端に

「ご注文はおきまりでしょうか?」

 そんなに簡単に決まるわけないだろう。1~2分でもメニューを見る余裕が欲しいなぁと思った。しかし、田舎者だから場慣れした雰囲気を出そうとギクシャクしながらメニューの一番目立つところにあるAセットを注文。店員にはお見通しだったんだろうなぁ。

 注文したとたんにAセットが目の前に出てきた。オーッこれは素早い。と、思っていたら

「サラダのドレッシングは何になさいますでしょうか」

と、聞くではないか。Aセットにサラダが付属すると思っていないので一瞬黙ってしまった。すると店員さんは四角のプラスチックに入っている二種類のドレッシングを見せてくれた。よくわからないので「そっち」と言ってゴマ風味のドレッシングをもらう。味は食べてからわかったんですけどね。

 ところがこのドレッシングのかけ方がボクにはわからないのだ。仕方がない人のマネをすればいいのだ。
 牛丼に紅ショウガをかけながら周囲をチラチラと見回した。すると二つ折りにしてビューッとサラダにかけるようだ。知ったかぶりでやってみたら、何となくうまくいった。
 結局、なんだか食った気がしないうちに牛丼を胃に流し込んでワンコイン支払って店を出た。
 もう二度と行かない店になるだろう。まったく・・・

  看板はランドマークの吉野家は田舎者には重い牛丼


大河クン

 と、まぁ、ついでにと言ったらなんだけれど大河クンにも会うことができた。
 先週からちょうど一週間経過してから顔をあせたのだがすっかり大河クンはボクの顔をすっかり忘れている。ようだ。当たり前か・・・。
 日増しに動きが活発になっている。もうすぐつかまり立ちができるようになるんだろう。先日もブログに書いたが22日には徳島に帰る。次に会うときには走っているだろうなぁ。
写真はナベをドラム代わりにたたいている大河クン。
 ♪おいらはドラマー やくざなドラマー 
古い歌ですねぇ。嵐を呼ぶ男になるのかな。


午後8時過ぎに南外に着いた。すとる雪が出迎えるようにモサモサモサと降っていた。明朝も除雪だろうなぁ。これにて本日のブログは終了。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR