黄桜を眺め


黄桜

 正直に言います。今日は代休のために休日でした。フフフフ。久しぶりにのんびりと目覚めることができた。と、思っていたら家の周りの雑草が伸び放題のために草刈り機の出番だ。
 朝ご飯のあとに早速稼働させて1時間以上家の周りの草刈りに汗を流した。なんと「まめなダンナ」だろうか・・・。

 さて、秋田県内で最も遅い花見ができるという東由利町の八塩公園の「黄桜」が妙に気にかかる。
 日本酒にもあるではありませんか。「黄桜ドン」ってやつが。でも、日本酒なら絶対に出羽鶴ですけどね。
 現在、勤務している所には東由利から多くの生徒諸君が通学している。黄桜を見たことがないし、東由利を一度見ておくのもいいのかなぁとソワソワする。東由利までの道のりは車で30分ほど。八塩公園の場所はわからない。だがナビに聞けばいいだろう。カメラを持って出かけた。

 東由利町に入ってからルート107からそれて八塩方面に向かう。すると前に残雪を少し残した大きな山がドーンと出現。八塩山とのこと。その麓に「八塩いこいの森」として小さなダム湖やキャンプ場などがあった。

 ダム湖の周りを車でゆっくりと走るとお目当ての黄桜が咲いている。花の先端部が少し黒っぽくなっている。それでも満開の黄桜。初めて見るなぁ。山桜のような白い桜ともソメイヨシノのピンク色とも違う幽玄さを醸し出す。

 そして八重桜は満開。もったりとした感触の花である。雪で言ったらボタン雪ですね。何だか湿りっけのある感じだ。これはこれで、うまそうだ。

 結構お客さんが来ている。すれ違う人たちは「おはようございます」「こんにちは」と気持ちよく挨拶をしてくれる。ウーム良いねぇ。その中のお一人の方が
「黄桜も終わりですかねぇ?」
と、ボクに語りかけてくる。
「そうかもしれませんね」
よくわからないが、とりあえず相づちを打った。遠くではポンポンポンとツツドリの鳴き声が聞こえる。ツツドリの鳴き声は久しぶりに聴くなぁ。標高の高い場所にいることを実感する。
 さらに、ダム湖からはカイツブリの甲高い鳴き声があちこちから聞こえてくる。ふと、「にお(カイツブリのこと)の浮巣」と言う言葉を思い出す。

 約1時間ほど「八塩いこいの森」をフラリとフラリとした。暖かい1日だった。

  黄桜の八塩公園遠くではポンとツツドリ声は初夏


【本日のワイルド・メモ】ウグイス・カワラヒワ・スズメ・ムクドリ・アオサギ・カラス・ハクセキレイ・カイツブリ・ツツドリ


先日、家の周囲を冬の除雪効率をよくするために舗装していただいた。施工主さんとしばらく歓談。いろいろな話を聞きながら楽しい一時を。と、言うわけで今日は命の洗濯日。明日からもがんばれるねぇ。本日のブログは閉店。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR