やっぱりりフルスイング


クガイ草

 職場の階段の踊り場には今週も花が飾られている。先週は知っていても「シラン」!!??。今週は階段を上りながら

「オッ,トラノオ(虎の尾)だ」

と,思った。でも,花穂とでも言うべき虎の尾になる部分の色が紫で自分のイメージしたトラノオとは違う。
 そこでネットで調べて見たら,。クガイ草とある。普通のトラノオとは違うが虎の尾とも言うと書いている項目もあった。
 葉の部分に特徴があって6枚ほどがきれいに輪になって何段にも重なる。輪になった葉を九段もできるのでの九つの蓋に例えて「九蓋草」の呼び名が出たとのこと。なるほどなぁ。

 で、階段にある花をよく見たら確かに輪生の葉がある。ここでは二段になっている。背の高い花なので三段だけ切り離して飾ってくれたのだろう。とても良い風景である。


飲みも飲んだり

 文化祭という行事がある。そこで廃品回収などをして資金を調達しようということで空き缶回収の計画が出た。

 我が家も空き缶ならば協力はもちろん惜しまない。最近は飲む量が減少してはいるが空き缶だけは結構あるはずだ。
 空き缶とプルタブを引っ張り出して写真を1枚。ボクの感想は「なんだこんなものか」である。もっともっと飲んでいると思ったのだが・・・。

 これをトランクに積んで回収に回した。そこで考えたのだが今後は空き缶を出さない飲み方をしようかなぁと・・・。つまり、ビンビール。あるいは日本酒。あるいはウイスキー。そして、究極は断酒までたどりつく。このように決心すること数秒。
 しかしなぁ。アサヒスーパードライの魅力には負けるなぁとすぐに腰砕けになってしまった。

  飲むべきか飲まざるべきか問題だアサヒスーパードライの魔力


打撃の違い

 セパの交流戦が終わり通常のペナントレースに戻った。これまで交流戦は6回実施されているのだが毎回パリーグの強さが際立つ。今年もそうである。12チーム並べるとパリーグが6位まで独占。
 昔から人気のセ,実力パと良く言われた。そのことを如実に現しているような感じがする。パリーグの選手たちが目の色を変えてこの交流戦に臨んでいる姿が見えるような気もする。だから交流戦は試合そのものがおもしろいのだろう。

 今朝の朝日新聞に元広島の衣笠祥雄さんがおもしろいコメントを出していた。まず、彼は元セの一員として今年の結果はとても情けない気持ちであると言っている。よくわかるなぁ。
 さらに,衣笠さんはこれだけセがパに差をつけられた原因は生きの良い投手がパリーグに多いこと。さらに打撃スタイルの違いに言及している。少し引用したい。

『パの打者は打つ球種やコースを絞って、思い切り振ってくる打者が多い。一方,セの打者は投手の球を粘り強く見極める傾向が強いという見方だ』

 これを読んで秋田県の高校野球の現状と似ているなぁと思った。県南地区のチームの打撃はどちらかと言えばセリーグ型。甲子園に出場してきた中央地区のチームの打撃はパリーグ型。あくまでも理想論を言っての話だが・・・。

 ファーストストライクをフルスイング。これが基本なんだなぁと思う。衣笠さんは良いこと言ってます。


【本日のワイルド・メモ】アオサギ・ゴイサギ・カラス・トビ・カワラヒワ・ハクセキレイ・スズメ・カワラヒワ・
キジバト←昼過ぎにおそらく米軍のジェットが数機,職場の上空を轟音を轟かせて何度か通り過ぎた。驚いて木々の間から飛び出したのがこのキジバト。昨日、北秋田で比内鶏数十羽がジェットの轟音で折り重なって死亡しているのが発見されたと報じられていたことが頭に浮かんだ。まったくあのジェットは何者だ。やめてくれ!。
帰り道でタヌキ。最近は山道を走っているのでタヌキや野生生物を轢かないように気をつけている。道ばたに出ていたタヌキはヘッドライトの明かりをピカッと反射させて薮の中に消えていった。良かったよかった。



今日は暑かった。梅雨の蒸し暑さが襲った。明朝は早起きして遠出予定。これにて本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR