野球部の規則


暑い暑い一日

 今日は秋田県で軒並み35℃前後の気温を記録したようだ。暑かったですねぇ。夕方になったら夕焼けがとても鮮やかに燃えていた。

 そして、日中は大輪のフヨウの花が暑さにかすんでいる。真夏の一日だ。

  花びらに真夏の太陽霞んでる厳しい暑さ芙蓉も燃えて


沖縄興南高校の場合

 甲子園の組み合わせが決まりましたねぇ。

 さて、今朝の朝日新聞(2010.8.4付)に「打倒興南迫る4校」として朝日新聞の担当記者が大会の分析をしている。
 ボクはどこが勝とうがあまり興味はない。あるのは甲子園における試合展開や野球に対する考え方である。
 でも次のことは明確にしておきます。それは秋田県のチームが甲子園で十何年か勝っていないと言うことにはまったく興味がない。理由は秋田県のチームと勝つために手段を選ばず他県から選手をかき集めチームいわゆる強豪校との違いなのです。つまり、高校野球は教育の一環であると言うためである。
 秋田県民は勝つことを期待していると、よく言われる。しかし、待ってくれ。ボクも県民の一人。あまり勝ちは期待しない。だから秋田県民は勝つことを期待していると言うのはごく一部の「発現力」のある連中が言論の誘導をしていると思うのです。勝ち負けよりも選手や指導者が必死に努力していることを認めることが大切なのになぁ。

 少し話が脱線したので本題に戻ります。
 朝日新聞の分析記事の中に沖縄の興南高校の充実ぶりが出ている。この記事の中でE記者が次のように話している。

『(興南は)代表決定から約2週間。怖いのは気の緩みだけかな。5月には、野球部の規則を破った部員が練習参加を禁じられたことがあった。ただ、「なんくるなくない野球」を掲げる我喜屋監督だけに、精神面の指導も心得ているはずだ』

 「なんくるなくない」の意味はよくわからないが、精神面の指導を強く意識してることは確かだろう。そう思いながら朝刊を読んでいた。
 すると、何と言う偶然でしょう。AKT(フジテレビ系かな)のズーム・インSUPERで「春夏連覇!興南島袋」の特集が放映された。「試合に出場できないエース」という衝撃のリードでCMに入った。すぐに放送してくれよ。もしかしたら島袋投手はケガをしたのかなぁと思いながらCMの終わるまで新聞に目を戻した。

CM終了。

 放送再開。島袋投手が試合に出ることのできない理由がわかった。島袋投手たちの興南高校野球部の規則違反であった。その規則は「部員全員で準備やボールの後片付けをする」など当たり前のことが当たり前にできることを重視している。部員全員でしっかりと物事にあたることは、とても大切なことだ。

ところがバカなアナウンサーは

「こんな仕事は1年生部員がやるんですよねぇ」

何を言ってるのだ。怒りとともにあることを思い出した。

 Xチームとしよう。(エックスですバツではありません。いや×でもあります)
 そのチームを見ていたら下級生が試合前のグラウンド整備や準備をしている時に3年生のレギュラークラスがゆうゆうとグラウンド入りするのである。これじゃあ勝てない。もし勝っても「ろくなチーム」じゃない。と、心の中でバカヤローと叫んでいた・・・。気が弱いので自分自身の中で昇華してしまいましたけど。ハイ。

 興南高校に戻ろう。興南のレギュラー陣はセンバツで優勝して帰った。当然のごとく周囲からチヤホヤされる。彼らは勘違いヤローたちになってしまったのだ。チーム規則の「皆で取り組む基本」まで忘れてしまった。
 グラウンドの整備も球拾いも下級生とは一緒にやらない。ボクは試合に出る人。君たちは球拾いや準備の人状態になったのである。つまりXチームと同じようになったのです。

 激怒した我喜屋監督はセンバツのレギュラー陣のほとんどを練習から外した。もちろん地区予選などの試合にも出場させなかった。野球を続けたいのなら下働きをしなさい。と、命じた。
 もっとも、うがった見方をすれば部員層の厚さで地区大会は島袋を休ませても問題なかったのかもしれない。島袋などレギュラー陣を外すショック療法にはチームを立て直すことと、投手陣の整備などもあった可能性もあろう。座談会で記者の話にも出てくる。

『夏の頂点だけを狙い、実力を増してきた。島袋に続く投手育成も順調で、春の九州大会は島袋がほとんど投げないで優勝した』

 いずれにしても考えたいことは野球部の中で特権階級の部員を作ってはいけない。それを徹底して指導している興南高校野球部の規則と指導をボクは支持したい。

 夏の大会ははたしてどうなるだろう。楽しみですねぇ。


【本日のワイルド・メモ】ウグイス・カラス・カワラヒワ・スズメ こんなものだったなぁ。感度が鈍っているのだろうな。


今日は久しぶりに大曲を回って帰った。古巣大曲工グラウンドへ。そして本店の社長にも面会。本日のブログはこれにて終了
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR