心もなごむ鳥の話は


夕立

 午後1時半。一天俄にかき曇り稲妻ピカビカ雷鳴轟き夕立ザァーッとアスファルトをうつ。
 スコールである。朝から雄物川地方は入道雲がかかっていて大気は不安定な状態のようだった。気温もグングン上昇し35℃前後にはなっただろう。
 夕立後は少し気温も下がったようだが蒸し暑さは増幅されたような感じがする。

   稲妻が黒雲一閃袈裟懸けに瞬間雷鳴少女等悲鳴


鳥の話題

(その1)
 今朝、杉のてっぺんで鳴くホオジロがいる。どれ一枚撮影してみようかとシャッターを切った。撮れているか確認してみたら、羽づくろいするホオジロの空の向こうにはジェットがグングン上昇している。ジェットの後方には飛行機雲が伸びた。
 でも、空を飛ぶことに関してはホオジロが勝ってるなぁと思った。何しろ羽づくろいという高級や技を飛行機はできないのである。

(その2)
 職場にお菓子などの訪問販売の人が来訪。その人は色々な職場を回っているのでボクも二十年以上のつきあいになる。Hさんということにしよう。
 Hさんは普通の店舗では買えない珍しい外国のお菓子などを大きなキャリーバッグ(要するに大きな箱)で持ってくる。
 ボクが一番のお薦めはレトルトカレーである。スーパーではジャワカレーとかボンカレーとか多くの種類を売っている。しかし、ことカレーに関しては温めるだけのカレーはスーバーで買ったことがない。カップヌードルは買いますが・・・。中でもカップヌードルのチリトマト味がいいねぇ。カレーの話だった。銀色のパッケージに入っているカレーである。結構いけます。

 そのHさんと鳥の話をするのが楽しい。

「キジバトはまだ巣作りをするんでしょうか」
と、Hさん。
「おそらく一年に何回か巣作りをすると思います」
「人の様子をうかがってましたからねぇ巣作りかも・・・」
「産卵するかもしれませんね」

そしてボクの質問。
「羽後町の橋で繁殖したチョウゲンボウはどうなりました」
「もう、いなくなりました」
「巣立ちをしたんでしょうね」
「おそらく・・。4~5羽いました」

さらにはオオタカの話に
「六郷のある庭に大きな木のある家にオオタカが来ているんです」
Hさんが言う。
「珍しいですね」
「おそらく、そこを中心に狩りをしているのかもしれません」
「なるほどねぇ」
「鳴き声も甲高いしカラスより少し大きめですからねぇ」

などなど鳥の話でちょっとの時間ではあるが交流を持てる。その意味では珍しい職場訪問販売の方である。
 レトルトカレーの中甘を8パック購入した。

(その3)
 ムクドリが集団で飛ぶようになってきた。毎年、ムクドリが上空を大きな蚊柱が立つように群れで飛び始めると秋の気配を感じる。
 昨日のワイルド・メモのムクドリも100羽以上の個体が集まり、大空に瞬時に変わる様々な模様を描きながら群舞をしていた。間違いなく秋は近づいている。


高校野球リーグの結果

【秋田市】
 金足農 10- 3 秋田商(7コ)
 新 屋  8- 2 高 専
 明 桜  5- 3 秋田南
 秋 田  5- 3 秋田工
【由利本荘・にかほ】
 由 利 10- 3 由利工(7コ)
 本 荘 12- 0 矢 島(5コ)
 西 目  1- 0 仁賀保

朝日新聞に元バドミントン選手の小椋久美子さんが甲子園を見た感想の談話が掲載された。「悔いのない熱い戦いを」である。その中に敗者に対する言葉があった。

『負けたチームを見ると切なくなるな。南陽工の選手は今は悔しさだけだと思うけど、ここまできた頑張りは財産になる。後輩たちはその姿を見て感じてくれると思う。そして、この仲間も財産。一生付き合っていける。将来この負けた試合も,酒の席でのつまみになりますよ』

かつてスポーツ選手だった人の温かな言葉だなぁと思う。


【本日のワイルド・メモ】アオサギ・キジバト・ウグイス・ホオジロ・カラス・ムクドリ・ツバメ・ヒヨドリ


これにて本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR