マネジメントのできる選手とは


雄物川陸上競技場にて

 来週には県南地区の陸上の新人戦がある。いつもの職場のグラウンドはトラックも短いし固めである。そこで今日の午後は地元の陸上競技場で練習することになった。

 午後1時半。先日購入した熱中症計で測定してみると気温は31℃で湿度は52%。警戒レベルであるが湿度がないので比較的サラリとした晴天だ。洗濯物ならばアッと言う間に乾くだろなぁ。部員諸君にも水分補給をしっかりするように話す。

 最近、部員諸君は少しずつがんばれるようになってきた。と、陸上素人のボクは感じている。
 陸上は自己ベストをめざせる競技だ。頑張れ若人たちよ。

 ところで、競技場の向かいにある松林からはエゾゼミのガラガラ声。キツツキの仲間であるアカゲラのキョッキョッキョッという声。畑や田圃の鳥を追うための爆音装置のドンッという音が20~30秒おきに遠く近くから響く。抜けるような青空ではピーヒョロロロとトビの鳴き声が。

「あの鳴き声は何ですか?」
「トンビだよ」

と、答えながらトビの鳴き声を知らない世代がいるんだなぁと思った。そう言えば鳥を追うための爆音装置を鳥を驚かせて追い払うために自動的に音だけを鳴らしていると教えたら

「今までズーッと本物の鉄砲の音だと思っていた」

と、言うではありませんか。追い払われる鳥よりもボクの方が驚いてしまった。自然に囲まれた広々とした陸上競技場ならではのお話でした。

  キツツキもトビもカラスもムクドリもひたすら暑き蒼天の中


四つ葉のクローバー

 昨日、グラウンドにいた時に女子部員たちが
「はい、これ」
と、言って持ってきてくれたのが四つ葉のクローバー。すぐに本の間に丁寧に挟んで押し葉にした。今朝、見たら絵に描いたような素敵な四つ葉になっていた。

 朝日新聞には甲子園を観戦した岩崎夏海さんの談話「失敗なくして成長なし」が掲載されている。この上にちょいと乗せて写真を撮ってみた。

 岩崎さんは「もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」略して「もしドラ」を書いてベストセラーになった人である。
 じつは『もしドラ』は発売と同時にボクも購入していたのだが未だに数ページ読んだだけでストップしている。そして、彼の第2弾は「甲子園だけが高校野球ではない」である。これについては次回以降に書きたい。

 さて、新聞に掲載された「失敗なくして成長なし」の中にとても参考になる言葉があったので引用したい。

『すべての選手がマネジメントするという意味でのマネージャー的な役割を果たせるチームは強いと思う』

 マネジメント。この言葉はわかっていそうでわからない。あいまいな意味を持っている。ボクなりに考えると次のようになると思う。

『自分自身を知ること。今、なにをすぺきか考えられること。練習でも試合でも道具や心の準備ができること』

 と、書きだしてみたらマネジメントとは自分自身を管理できることではないのかと気づいた。まぁ、違ったらごめんなさい。
 いずれにしても気づきのできる人間に変わることができる部員の多いチームは強くなるってことでしょうねぇ。これならわかりやすいかもしれない。
 四つ葉のクローバーとかけてマネジメントと解く。整いました。どちらも幸せを招くかもしれません。お粗末・・・。


高校野球リーグの結果

【由利本荘・にかほ】
 由利工  9- 2 矢 島(7コ)


【本日のワイルド・メモ】アオサギ・カラス・スズメ・ムクドリ・アオゲラ・トビ



陸上競技場の周囲を見て花を探したら薄紫色の小さなラッパ型の花が一本見つかった。撮影してみたが種類は不明。夏の日陰にソッと咲いていた。今日も午後から日陰とは言え外に出ていたので喉がかわいたなぁ。ビールを軽くやって休もう。これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR