爽やかサギソウ


雲とクモ

 「飛行蜘蛛」という本を持っていた。今もあるはずだが本の山に埋もれて発見は無理だろう。
 山形県の錦三郎さんという方が執筆された本である。。雪の降る頃になると蜘蛛がお尻から糸を長ーーーく出す。その糸が風に乗ったら蜘蛛は糸に乗って空中に旅立つ観察記録だった。「雪迎え」とか何とかと書いていたような気がする。

 ボクもその風景を見たことがあるようなないような。子どもの頃、秋が深まった頃になると空中には輝くクモの糸が銀色に輝いていたような記憶がある。そして雪は村に音もなく降ってきた。

 今日、職場の窓の外にはジョロウグモ(かな?)が巣をかけている。遠くには処暑ではあるが夏雲が広がっている。逆光なので蜘蛛の巣はまったく見えない。蜘蛛だけがシルエットになっている。雲の中に蜘蛛の影が浮いているようだ。足の黄色と黒のタイガー模様がかすかに見える。これはこれでとてもカッコ良いなぁ。と、思った。蜘蛛の嫌いな人はゲゲッとなるでしょうけどね。

 もちろんボクも蜘蛛の巣に顔や体がひっかかるとうっとうしいのではあるが・・・。


暑い中ひっそりと涼しさが

 昨年、勤めていた職場にも今のシーズンにサギソウの鉢植えが飾られていた。先日、現在の職場の入り口に飾られているサギソウの鉢植えに気づいた。
 写真を撮っていたら、その撮った写真を何に使うのかと声をかけてくれた。ウームと答えながらシャッターを押した。
 それにしてもシラサギの飛翔形に良く似ているもんだ。暑さの中で涼しさを届けてくれる。

   暑いから満開になる花もあり翼広げるサギソウ涼し


高校野球リーグの結果

【秋田市】
 金足農 12- 0 秋田工
 秋田中央 9- 2 秋 田(7コ)
 秋田南 12- 1 高 専(8コ)
 秋田商  5- 1 新 屋



何だかイマイチ調子が出ないなぁ。と、言うわけで本日のブログは生存証明。これにて終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR