ジミー大西さんの絵


空あくまでも暑く

 今日は週休日であった。昨日まで4日間のアウトドア生活で少々疲れ気味もあったので休日にしてもらった。今日は開校記念日と言うことで、ちょうど良いタイミングになり、ありがたい一日。

 凶暴な暑さは続いている。九月になったからと言って手をゆるめてくれない。30℃超えは当たり前になった。カメラを持って一歩外に出るとアッと言う間に汗が噴き出してくる。

 ギラギラと輝く太陽が笑っている。家の近くを歩いていていたら薄紫色の小さな菊の仲間(だと思う)が太陽の光を一杯に浴びている。ウーム健気なヤツらだ。と、1枚撮影。

   暑き日は動かないのが一番の暑気払いなりただウロウロと


科学映画

 職場の理科室でホコリをかぶっていたビデオテープを一本借りてきた。
 その内容は「波動現象」「粒子性と波動性」「運動量」「分子運動」「円運動」「物質とは何か」とタイトルに書いている。以前、勤務されていた人たちがNHKテレビの理科講座を録画したものだろうと思っていた。

 古いビデオテープを再生してみたら何とか再生できる。そして内容を見て驚いた。1960年代に東映、学研、電通、岩波などの映画会社が20分前後の科学映画を撮ったシリーズなのだ。半世紀前に貴重なフィルムを使って製作した教育科学映画である。

 ビデオテープも劣化している。そこでハードディスクに取り込んでDVD化した。今ならばもっとスマートな映像になっているのだろう。しかし、この映画はすべて実写。だからCGなんかよりも貴重な映像かもしれない。
 一編の内容は20分。そこに多くの情報が入っているなぁと感じた。そして、当然のことだろうが50年前の科学映画を見ながら物理分野の内容は古くなっていないなぁとも思った。

 これを見せた時の現代っ子たちの反応が楽しみでもある。


ちょっと自慢話

 いつも自慢話になって申し訳ありません。フフフフフ。

 下の写真3枚を見てください。野球の絵は甲子園大会が翌日から始まる特集記事を掲載した2010年8月6日付朝日新聞のものです。
 この絵を描いたのはジミー大西さんです。

 この新聞を見て良いなぁ。と思って新聞はもちろん保存している。そして、写真にも撮っていた。
 8月7日から甲子園が始まった。その日は大阪のD高校野球部副部長のN村さんが来秋。角館や田沢湖を案内した。それについてはブログにも掲載。

 その晩、秋田市でちょっと歓迎の宴。その時の会話。

N「私の野球部のOBがジミー大西さんです」
I「エーッ昨日の朝日新聞に彼の絵が大きく載ってましたよ」
N「あの絵はジミーさんが大会のために描いたのです」
I「ヘーッ」

ボクもジミー大西さんがタレント活動から絵の活動に転向したことは知っていた。独特の絵を描いておりアフリカに渡り現地の人と絵を描いているテレビ番組も観ていた。
 デジカメのモニターで前日撮影した新聞の写真をN村さんに見せた。すると彼女はバッグからジミー大西さんの開催する展覧会のパンフレットを出して
「これプレゼントします」
と、言ってくれた。「ジミー大西夢のかれら展~色彩の渦と創造の軌跡~」のパンフである。これだけでもすごく嬉しい。

 それから10日ほどしてからN村さんからメール。ジミー大西さんからボク宛のサインをもらったとの連絡。しかも彼がサインをしている写真付きである。それから数日してから、そのサイン入りパンレットの実物が届いた。

 で、それが下の写真である。少し自慢げに嬉しさをボクは書いているのである。ありがたいことです。



のんびりと過ごしたのはいいが、何となくぼけてしまったかもしれませんね。明日から勤務開始。気持ちを切り替えよう。これにて本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR