ねこ


空は秋だが・・・

 やはり暑さは抜けない。今日も30℃くらいの気温を示していた。常に持参している携帯熱中症計が「厳重警戒」レベルを示している。「危険」レベルにならないだけ幸せかもしれない。

 今朝の新聞によると京都ではこの夏(秋かも)一番の暑さとして39.9℃が記録されたらしい。すごいなぁ。もう少し頑張れば40℃になれたのに・・・。そんな問題ではないかもしれないが惜しいっ!

 それでも朝夕の気温はかなり低くなったので寝やすくなった。これだけでもありがたい。ノドは少し痛いのだが何となく回復に向かっているような感じだ。遊びすぎだろうなぁ。


岩合光昭写真展

 昨日、ぐりーんすたじあむ横手で高校野球を見たあとで隣接されている「ふるさと村」に寄った。ものすごく混んでいる。B級グルメ焼きそば四天王を決めるイベントがあったからかもしれない。

 ボクの目当ては四天王ではない。普通の横手焼きそばを林泉堂ラーメン屋の隣の焼きそば店で食べて腹ごしらえ。
 それから「ふるさと村」内の近代美術館で開催されている写真家岩合光昭の「ねこ」写真展を見に行くのである。

 展示会場に入ってすぐ猫とブルドッグの写真が出迎えてくれた。その2匹は帰りに購入してきた本の表紙になっている。
 猫たちの表情が生き生きとしている。ほのぼのとする。日本はもちろん海外の猫たちも、みな素敵な笑顔??をしている。

 そう言えばボクの子どもの頃のあだ名は「ねこ」だった。小学校1年生か2年生の頃の学芸会でネコの役をやったからだ。それだけボクは可愛い男の子だったのである。
 じつはそうではなくボクのネコ役は憎たらしい役柄だった可能性がある。そうでなければ「ねこ」というあだ名はつかなかったかもしれないのだ。今ではどうでもいいことだけど懐かしい思い出である。

 そうそうネコの話でした。2ヶ月ほど前に友人からネコの本「ネコと遺伝学」「イラストでみる猫学」を紹介され購入して時々ながめていた。
 それらの本を思い出しながら、ねこの写真展を観た。そして、この写真展はネコたちの表情の変化を通して「ねこの魅力」を知ることができた。

 問題は我が家の近くにもいる野良猫たちの存在である。ちょっと玄関を開けておくとドドドドと勝手に闖入してくるのだ。最近はどこかに移動したらしく少なくなったのだが・・・。エサを与える人がいなくなったからかもしれない。

 帰りに岩合光昭著「ねこ」1冊とねことブルドッグのツーショットがプリントされたクリアファイルを購入。これを含めて我が家のネコ4点セットとしよう。
 「ねこ」奥深いなぁ。なかなかいい写真展でした。

   ネコたちはつかず離れず人の世をしたたかに生き肉球ふわり


【本日のワイルド・メモ】カラス・ゴイサギのみ。



昨夜、地域の集まりがあって近くの神社に行った。帰り道は少し暗闇を歩く。頭上には天の川が流れハクチョウがいた。南を見たら山の端にはサソリが横たわり真っ赤な心臓が不気味に血を流している。そして、北には北斗七星とカシオペアが北極星を挟んで左右に輝いていた。しばらく立ち止まりボーッとしていた。考えてみたら星座はこれしか知らなかったかもしれないなぁ・・・。と、思った。
秋田県地方は現在竜巻注意情報発令。ウーム。職場からの帰り道に湯沢方向を見たらビカビカと雲の中で雷神が暴れ回っていた。恐いなぁ。これで本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR