ADXAミーティング再び


ヒガンバナ

 5年前のこと。10月に兵庫の高砂市に行ったことがある。秋田国体準備のため兵庫(のじぎく)国体硬式野球の視察だった。
 駒大苫小牧の田中将大と早実の斎藤佑樹の投げ合いが注目を浴びた大会である。現在、ロッテに入団した八重山商工の大嶺も敗戦後に試合後のインタビューを受けていた。大会は非常に盛り上がっていた。

 その試合や観客の熱狂を見たのも驚きであったが、もう一つ印象に残っているのは高砂の市民球場(だったかな)へゆくために、ホテルから電車やバスを乗り継いで長い距離を通った道路の両脇に咲いていたヒガンバナ(彼岸花)だった。
 旅館の名前は姫路からバスで揺られて行った塩田温泉の「夢乃井」だったことが判明。
 茎の上にフンワリとした花が乗っているだけの花。華やかさはあるのだが妙に淋しさを感じさせる花だなと感じていた。

 まぁ、ボクの場合は2泊3日ほどの国体視察もいろいろな事情でムダ足だった。秋田国体は蚊帳の外だったからだ。まったく・・・。そんな思いもヒガンバナにはある。
 その花が今朝から職場の廊下に一輪飾られていた。窓を通しての逆光でシルエットだけが見える。それがなかなかに良い。そして、少し視点をずらすと彼岸花特有の色が見える。季節の花だなぁ。


面白かったなぁ

 一昨日の会話はやはり色々な事があった。まずはアマチュア無線。新しいカントリー(今ではエンティテイと呼ばれるらしい)の新しいのが二つも増える。2010年10月10日から適用になるので「テン・テン・テン」と言われてると伺った。

 ブログの製本化について。その後メールなどで製本化する方法を聞いていろいろと調べてみた。ところがボクのジオログでは簡単に製本するのは難しそうだ。GTファイルとかなんとかにならないのだ。もう少し調べて見なければいけない。いずれ、現在のブログの引っ越しも考えに入れなければいけないかも。

 女子高の良さについてもいろいろと話をした。これはなかなかに奥深くボクが考えていたことに妙にヒットした。

 そうそう、ヤマボウシの実を採ろうとして葉っぱに触れたら皮膚が痛くなった話もおもしろかった。家に帰って我が家のヤマボウシを見たら実がついている。そのうち収穫して味を確かめてみたい。

 民踊の話も良かったなぁ。エンタティナーとして将来デビューすると思われる若者の話題だった。今、気づくべきことは何かを話した。

 参加してくださった方と全員とお話しする前に酔いつぶれてしまった。まったくもったいない話だ。次に期待しよう。

 先輩諸氏(アマチュア無線ではOMさんたちとよぶ)に感謝感謝である。


名前は「とわ」

 先日、生まれた子どもの名前が決まった。ひらがなで「とわ」である。いろいろな漢字も当ててみたのだがシンプル・イズ・ベストで決めたようだ。
 いいですねぇ。

  永遠のしあわせ願い両親の決めた名前は「とわ」というなり

 元気に育ってもらいたい。それだけでいい。


秋季全県高校野球の結果
【2回戦】
 横 手  2- 1 新 屋
 能 代  7- 0 大曲農(7コ)
 秋 田 10- 0 大館工(6コ)
 鳳 鳴  5- 0 本 荘

これでベスト8が決定。
明日の対戦カードは、金足農-横手、秋田-城南、西目-大曲工、能代-鳳鳴
球児たちの健闘を見守りたい。


本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR