高校野球東北大会in山形


天童スポーツセンター野球場

 朝早く出発しようと思ったのだがグダグダしているうちに午前7時になってしまった。それでも山形に向かって車を走らせた。

 到着したのは午前9時半過ぎ。試合は四回に入っている。大曲工対東北戦である。東北2-0でリードしていた。これは善戦しているのかそれとも苦戦しているのか。
 試合経過を聞いてみたら二回と三回にチャンスがあったらしい。それを実らせることができなかったとのこと。残念なり。粘り強く両チームとも得点を許さずに七回まで戦いは続いた。ところが七回になり大曲工の投手は東北高校の下位打線に四球を連発。そこから崩れた。一挙に五点を奪われた。七回コールドの状況に。
 しかし、大曲工はその裏に粘り強く2点をあげてコールドゲームを免れた。しかし、粘りもここまで。結局、試合は8-2で東北高校の勝ち。

 試合を見て率直な感想は「それほどの差はない」ということだ。けっして負け惜しみではない。しかし、どうしてこのような負けになってしまうのだろうか。それは「心」の問題だろうなぁと思う。
 大曲工の選手諸君は絶好のチャンスが訪れたときに「ピンチになっている」ような感じがする。自チームのチャンスがピンチになる。変な話だが間違いないと思う。つまり、そのチャンスを活かさなければいけないと自分自身に負けてしまうのではないかと思う。だからスイングはフルスイングができず当てにゆく。どうしても打球に勢いがない。

 この辺の克服がポイントだろうなぁと思いながら仙台に向かった。でも、大健闘である。これから冬場にかけての練習に期待したい。


ギター・キッズ

 トイザらスに行った。玄関で立ち止まってしまった。ペーパーギターというおもちゃを売っているではありませんか。小さなアンプとICが埋め込まれていてリズムボックスと簡単なロックのメロディーが演奏される。

 すぐに買い。ペーパーのアンプも売っている。もちろんこっちも買い。これからロック・ギター・キッズいやロック・ギター・アラカン(還暦)になるぜ。と、思いながらジャーンと鳴らしています。ハイ。


横手城南高校が盛岡中央との接戦をサヨナラで勝った。すごいなぁ。と、言うわけで本日は宮城で一夜を。これにてブログ終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR