アオダイショウ


冷え込んだ日には

 今朝は結構冷え込んだ。気温は一桁台になった。その分、日中は暖かくなり空にはうろこ雲がかかっていた。
 遠くには鳥海山が見える。風が強く吹いているらしく鳥海山を巻くように雲がかかっていた。少し逆光気味だったが1枚写真を撮影。

 昨日は荒れ模様で秋田県内でも竜巻のような現象があったと報じていた。
 そう言えば昨日、BS-3で阪神-読売のクライマックスシリーズを見ていた時に突然テレビが見えなくなった。見えなくなる前には激しく屋根を打つ雨の音が聞こえていた。その後すぐにテレビ画面がモザイク模様になりすぐにテレビ画面が消えてしまった。
 BSは人工衛星から到達する微弱な電波をパラボラで拾っている。だから途中に強い雨雲などがあれば電波は吸収されてしまい地上まで到達しないのだろう。
 しばらく待ったらテレビ画面は復活した。その時には阪神は負け戦の真っ最中。逆転されてしまった。まったく・・・。


ヘビの抜け殻

 ボケの実がある。そろそろ採ってみようかなと思い薮の中を眺めた。その時、一瞬後ずさりをした。ヘビが長い姿を見せているのである。
 しかし、しばらくしても動かない。アレッと思いもう一度じっくり見たら抜け殻である。この薮の中のトゲなどに自分の体をひっかけて脱皮したのだろう。全長約1mほどの長さでヘビの体全体の抜け殻が残っている。びっくりしたなぁ。
 ボケの実も採る気がなくなってしまった。なんと臆病なボク。

この時、昔話を思いだした。

『あるところにお婿さんがエダド。その家では姑がうるさくて朝草を刈りに出される。半端な量を刈ってくると刈り直しを命じられで毎朝毎朝こきつかわれでエダド。
 そこで婿さんが一計を案じたそうだ。
 ある朝、草刈りに出かけたと思ったら、すぐに少しの草を丸めて帰ってきたド。
「あやー、こんたに少ね量しか刈ってこねなが?!!」と姑。
「ンダ」
婿さんは悠々としている。
「もう1回行って、エッペ(たくさな)刈ってこいっ!!」
小さく丸めた草を持ち上げたら、バー様はその小さな草束をドダッと落として腰を抜かしてしまったド。
「ほら、それだけ重でべ」
と、婿さんはニターッと笑っていたど。草を丸めていた紐がヘビだったド』

まぁ、こんな内容だった。ボクもヘビの抜け殻がボケの実を見張っているようなのでボケの実を採れないのである。お粗末。

 ボケの木にへびの抜け殻張りつきて守り神なりボケ酒あきらめ


ここ2~3日日本酒からスタート。なかなか良いですねぇ。と、言うわけで本日のブログはこれにて終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR