籠入りのとわ


降雪なしサンデー

 3日連続で降雪なしの平穏な日が続いた。平穏と言うよりも平和なと言った方が良いかもしれない。朝方に「雪寄せ」をしない日があるだけで精神的には楽になる。
 日中は車庫横にある除雪機を収納している小屋の除雪をした。天気もいいし雪の量もそれほどではないので10分ほどで作業終了。そんな穏やかな一日も暮れようとしている。西の空にはぼんやりとした太陽が沈むところだ。


順調に育っている

 1週間ぶりに孫娘とわ来訪。赤ちゃんの成長は本当にすごい。飲んだ母乳やミルクが全部吸収されているのだろう。と、言ってもしっかりとOSIKKOとUNCHIはする。ま、当然ですけどね。

 とわは生後4ヶ月半だから首は少しグラグラするがしっかりしている。しかし、自分でお座りができない。そこで家のガラクタを整理しようとして買ってきた幅26センチ×奥行き38センチ×深さ22センチほどの竹製の籠(かご)が登場である。
 そこにタオルケットなどを敷いて入れてみたら、すぽりと収まってご機嫌である。
 このかごに入れるのも次回に来る時は無理だろうなぁ。

 このかご入り娘を見ている時に「イ(エ)ズメ」を思い出した。直径60~70センチ近くの木かワラで作られた桶状の赤ちゃんを入れておく容器(?)だ。
 昔の子どもたちは間違いなくこの「イズメ」に入れられて育った。これに入れておけばお母さんの作業が一段落するまで泣こうが、わめこうが、おしめが濡れようがそのままにしていた。
 長い時間、足を曲げたまま「イズメ」に入れられるからがに股になるなんても言われてた。でも、色々な意味で子育ての道具としては優れものだったんだろうなと思う。

 下の写真は風呂上がりにミルクを飲んでいるところ。話を聞いたら乳首の部分が新しくなったらしくミルクの出が悪いらしい。半分眠りながら懸命に吸い込もうとしてホッペタが真っ赤だ。
 赤ちゃんを見ている大人たちは「何キロ?何センチ?」と聞く。そして身長や体重を聞くと「ホーッ、おやおっきぐなったごど・・・」と感嘆の声を漏らす。もちろんボクもです。

   すさまじき成長みせる赤ちゃんもいつか言うかな私やせたい!

 よく、目に入れても痛くないほど可愛いと言われるがそんな感じなのかもしれない。目に入れたことはありませんけれど・・。単なるジジバカです。


大相撲八百長問題の発言

 昨日、書こうと思って途中でやめたことをメモしておきたい。
 東京都知事石原慎太郎氏。正直言ってボクはこの人が好きではない。でも、今回の大相撲の問題には核心に迫ることを言っている。それは認めたい。

「昔から(八百長は)当たり前のことだったよ。歌舞伎の大見得を何度も見るように、だまされて見て楽しんでいればいいんじゃないの。相撲とはもともと、そういうもんだよ。日本の文化の神髄である国技とはチャンチャラおかしい」

まったくその通りだと思う。

 相撲は歴史の古いスポーツではある。その始まりは様式美を楽しむものだった。相撲中継を観たり聞いたりすると場内アナウンスが必ず例えば「前頭七枚目豪風秋田県北秋田市出身」と放送する。
 それは相撲の発祥に関わっている。相撲は「異形」の人間つまり並み外れた怪物を見る場であった。相撲とは「異形」の人間を探して殿様が自分はこんなにすごい人間を持っているぞ。と、自慢する場所だった。今で言う子どもたちのメンコ集めみたいなものだろう。出身地を必ず言うのは「その土地にすごい人がいるんだよ」と知らせるためだった。
 
 そしてそのデカイ人間をお互いに対戦させて「どうだオレの方が強いだろう」と殿様が鼻高々になるのが相撲。そして力士たちは自分たちはこんなにカッコいいんですよと見せるのが土俵入りになった。
 あちこちから聞きかじり読みかじりで相撲の発祥を書いたが歴史の古いことは間違いない。

 石原慎太郎の言うように好きな人がプロレスでも見る気分で見る人の「いろいろな思いを込めて楽しめ」ばいいのだ。ボクは相撲が大好きだからそうする。

 すると何と言うことでしょう。大阪場所(3月場所)が中止とのこと。放駒理事長現役当時魁傑が問題が解決するまでは土俵の取り組みはできないと渋い顔で記者会見をしていた。中止は65年ぶりとのこと。その頃ボクはまだ産まれていませんでした。でも、相撲がないのは残念だなぁ。

 公益法人取り消しも政治家たちが八百長発覚の時には「いかん。話にならん。公益法人取り消しだ」と意気込んでマイクに向かっていた。
 ところが一夜明けたら「(取り消しは)一足飛びに行かない」とか「取り消しにはハードルはかなり高い」とか言いだした。そのまま公益法人のままでいなさいっ!と、ボクは思うのだが・・・。



とわが帰った。次に会えるのは今週中だ。少し待ち遠しいのぉ。これにて本日のブログは寂しく幕を閉じます。寝っ転がって「ヤバい経済学」を拾い読みしてみよう。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR