ハイテクゴマ-Ⅱ


関東地方の大雪を横目に・・・

 朝方の気温は低い。だからうっすらと降った雪は山の木々にホンワリと雪がついている。こんな風景もなかなか良いなぁと思いながら1枚撮影して職場に出発した。

 昨夜からテレビでは東京・横浜・大阪などの大都市で降雪のために大騒動である。この程度の雪で大騒ぎしてなんてこった。などとはまぁ言いたかありませんが。
 ニュースでは女子高生が雪の上で2度も転倒していた。「滑って転んで大分県」(古いギャグですが・・・)だよな。あんな湿った雪だったらゴチャゴチャに濡れて大変だろうなぁと人ごとながら心配した。交通関係も麻痺状態になったようだ。
 やはり雪は雪国ですねぇ。


まわってまわってまわる~~

 円広志の歌う『夢想花』の「とんでとんでとんで、まわってまわってまわる~~~」の歌詞が印象的だった。今回はその中の「まわってまわってまわる」である。

 先日、友人から「ハイテクゴマ供廚箸い写真のようなコマをいただいた。サンキュー!!。この説明書には次のように書いている。

 ※連続して約2~3時間回り続けます。
 ※LEDが綺麗に7色に自動鵜変化。
 ※コマ2個以上でけんかゴマとして遊べます。

なるほどなぁ。早速説明書通りにセットして回してみた。すると回転音がゴロゴロと妙に高い。コマの直径は約3.5僂世ら小さい。だが、回っている音はでかいのである。
 回転のエネルギー源としてボタン電池CR2032を使用している。内容はどうなっているのかわからないのだが、とにかく回っている。しかし、テーブルの上では安定しない。七色に変化もしない。赤い色のままである。
 そこでマウスパッドを薄いお椀状にして回してみたら中央で安定して回った。で、見ていると色が変わるではありませんか。赤から黄色、緑、赤、青と変化してゆく。そして回り続けるのである。

 コマは子どもの頃からずいぶんと遊んだ。自分では独楽回しの名人だなぁと思っている。だが、ボクの生まれた所で俗に言う「ジングリ」と呼ばれるコマは回せなかった。いまだに回すことができない。
 このジングリは上から見ると円。横から見ると野球のホームベースのような形で地面を回る回転部分には金属が打ち付けられていた。木の枝を5~7センチ位に切って下の部分を鉛筆を削るようにして作った簡単なコマだ。

 ジングリを回す名人は地面にたたき付けるように、ジングリをヒモから解き放していた。ジングリはうなりをあげて回転する。
 普通のコマのように「投げて引く」という明確な2段階操作がいらない。ジングリは投げた瞬間にどこかでちょっとした「引きワザ」があるらしい。ボクがやるとただ遠くに飛んでゆくだけだった。今も作っている人がいるんだろうか。懐かしい遊びだがまわせないのは少々悔しい。

 ボクはコマが大好きで民芸品のコマなど結構集めたことがある。それは子どもの頃に父が買ってきてくれた地球ゴマや、奈良のお土産として買ってきた大仏ゴマ(釣り鐘状のコマ)などに影響されたのだろう。地球ゴマはジャイロの不思議な力を感じたし、大仏ゴマでは回転したときのポーーーンと長く尾を引く音を楽しんでいた。今はすべてどこかに散逸してしまった。

 今、持っているのは磁力で空中に浮遊するコマ。小さな地球ゴマ。磁力で回り続ける小さなコマ。そして、このハイテクゴマ兇任△襦4脅婀脅佞覆里澄

  回転で色が混じって幻想の世界出現コマの不思議さ



K君が言います。

「今日は大丈夫ですか?」
「バッチリ。もう酒をやめようかと思ってるよ」」
「Sさんも年賀状に酒をやめると書いてました」
「ウーム。彼なば絶対ムリだな」
「へば・・・・ムリだんすな」

今日も見事に言い当てられてしまった。朝の一言の会話が元気を与えてくれる。これにて本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR