寒い朝


放射冷却

 今朝は放射冷却の影響で氷点下まで気温が下がった。上の写真は月曜日恒例の燃えるゴミ出し場所で無事?二袋のゴミを出して大向方面を見て1枚。
 土曜日は雨。そして、日曜日は晴れて風も強く吹いたらしい。そのために雪消えが進んだようだ。
 以前、野球部の顧問をしていた頃。グラウンドに多量の積雪がありシーズンに間に合わないかもしれないと思ったことがある。雪をとかすために様々な試みをしたことを思い出す。
 まずは内野や外野から重機で雪をファールグラウンドに跳ばしてもらいプレーゾーンを作ってもらった。ところがファールエリアの雪が5月になっても残ってしまい不便な思いをした。
 その後の冬に試したのは雪の上に粉炭をまくことだ。粉炭は黒いので春の日差しを吸収して雪の溶けるのが速くなる。農業で利用される方法で田んぼの雪の上にまいて雪消えを促す。なかなか良かったと思っている。
 最も良い方法はグラウンドから雪を運び去る方法。これはボクが勤務している間には実現しなかった。その後トライしているかもしれない。
 まぁ、結論はどんなに積雪量が多くても放っておけば雪は消える時には消えてしまう。こんな簡単なことに気づいたこともあった。

 そして、雪が消える時にどんな条件が最も必要かと言う話をした。その結論は次のうちのどれでしょうか。

  ア、太陽
  イ、気温
  ウ、風
  エ、気力


あらためて驚くこと

 若い連中と福島原発について話していて少し驚いた。

「福島原発の電気は東京に送られているんだ」と、ボク。
「エッ。福島だったら福島か東北地区の電気でしょう」
「イヤー、全部の電気は東京に送ってるべ」
「それは、本当ダスカ?」
「ンダ」
「・・・」

と、まぁこんな感じ。要するに福島原発で作られている電気は東北のために使われていると思っていたらしい。なるほどなぁ。電気は空気のようになっているので、どこでどうやって電気が作られているのか運ばれているのか知らないんだと思った。良い意味でも悪い意味でも教育の大きさを感じる。
 そして、やはり東北は間違いなく虐げられているとつくづく思う。



今朝は空気がキンと冷えている。その分、我らが鳥海山も真っ白な姿を久しぶりにきれいに見せてくれた。やはり、いいですねぇ。
我が職場のK君にGが2連敗して機嫌悪くないか?と尋ねた。意外に元気で大丈夫とのこと。そして、Gの選手たちも全力疾走していると聞いた。それは良かったぞ。基本中の基本だからなぁと相づちを打つ。
さて、上の雪が消える条件で最も必要なものは「風」ということになりました。洗濯物が乾く原理と同じことなんでしょうねぇ。

   震災の痕を眺めてあらためて小さき「人」にたじろぐ自分

今日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR