歴史の意味すること


水辺の緑

 午後から低気圧が通過し時折横なぐりの雨が降る荒れ模様の一日になった。朝方は少し霧がかかっていたが晴れ上がっていた。雄物川の岸辺に生えている木にはうっすらと緑色がつきはじめた。
 そして、遠くには鳥海山が見えた。岸辺にはアオサギが餌を探してジッと立っていた。

   水辺から緑はじょじょに広がりて覆い尽くせよ震災の地を


浪分(なみわけ)神社

 「今度津波がきたら私の会社の場所まで津波は襲ってくるよ」と、姪が言う。先日、仙台港から荒浜にかけて震災の爪痕を見た時の会話だ。姪の会社は今回の大震災で東部道路によって運良く大きな被害を受けなくて済んだ。しかし次の大地震があれば津波の可能性があると話しているのだ。

 ボクは「もうあれだけの大地震は、しばらく来ねーべ」と姪に言った。すると「そんな考え方が今回の被害の一端になった」と言われて、その通りだなぁと納得した。

 この姪の考え方はとても大切なことだと思う。東京電力や日本政府のように大地震の可能性を指摘されていながら「安全です」と言ってきたことと根は同じ考えだからだ。「もう、あり得ない」「想定外」「万が一はない」などと考えていてはダメなのだ。「必ず起きることだ」と想定すべきなのだ。

 昨日(2011.4.24付)の朝日新聞の特集記事に『道路・鉄道に堤防機能を』と宮城県知事が提案したことが報じられている。関連記事として『津波止めた仙台東部道路 道路の両側明暗 唯一の高台230人救う』と大きくとりあげている。

 姪の勤務する会社は明暗を分けた東部道路の「明」側に位置している。だが彼女に言わせると会社の近くに「浪分(なみわけ)神社」があって1000年前に津波はそこまで来ていることを示していると教えてくれた。だから、津波は襲ってくる可能性があると言うのである。

 このことは朝日新聞の記事にも次のように紹介されている。
 今から16年前、仙台に住む飯沼勇義さんが『仙台平野の歴史津波 宝文堂刊』を出版。
 この著書で飯沼さんは1000年前にあったと言い伝えられている貞観地震について分析し「巨大津波が平野を襲う」と警告した。そして高台のない沿岸部に鉄筋コンクリート三階建て以上の建物をつくるよう呼びかけていたという。さらに津波が二手に分かれたという伝承が残る「浪分神社」が紹介されている。
 
 3.11震災後のインタビューで飯沼さんは次のように話している。「歴史的に見れば仙台平野は津波の常襲地帯。津波と言えばリアス式海岸という思い込みが行政の対策を遅らせた。」

 この『仙台平野の歴史津波』は絶版になっている。しかも出版社の宝文堂は何年か前に倒産して今はないらしい。ボクの記憶が正しければ仙台の本屋の老舗だったと思う。
 古本としてアマゾンで4500円程度で販売しているとの情報を見た。だが、すでに売り切れて在庫無しだった。入手できる可能性は限りなく0に近い。

 『「絶版・品切れ」で手に入らなくなった本を皆様からの投票で復刊させよう!』というアピールで復刊リクエストができる復刊ドットコムというWebがある。そこを覗いたら『仙台平野の歴史津波』について8人かのリクエストがあった。ボクも9人目として復刊リクエストを出した。こんな人数では無理かもしれないけれど復刊されてくれたらいいなぁ。

 ネットを検索すると数年前に仙台平野の津波について研究した内容のPDF文書があった。http://unit.aist.go.jp/actfault-eq/Tohoku/06_08_03.pdf
 「いまさら」何をやっても考えても間に合わないかもしれない。しかし、対策は絶対に必要だ。今回のような大震災はこれから一生に一度もないかもしれない。何代にわたっても遭遇しないかもしれない。しかし「備えあれば憂いなし」である。当たり前のことだが教訓としなければいけない。



気仙沼に赴任していた若者から転勤しましたハガキが届いた。4月から大館に赴任したとのことだった。これで秋田県から流出していた人材が一人帰ったことになる。それにしても気仙沼の大震災は大変なことだったと思う。無事で良かった。これから秋田でがんばってもらいたい。本日のブログはこれにて終了です。

リーグ戦の結果

魁新報(2011.4.25付より)

能代地区
 能 代 14- 0 能代西
 能代工  5- 4 能代商
男鹿・潟上・南秋田地区
 男鹿工  7- 0 五城目
 秋田西  3- 1 男鹿海洋
秋田市地区
 秋田南 12- 2 明 桜(7コ)
 秋 田  3- 2 秋田工
 秋田商  7- 0 秋田高専(7コ)
 金足農 12- 3 新 屋
由利・本荘・にかほ地区
 本 荘  3- 0 由 利
 西 目 11- 1 由利工
 仁賀保  9- 2 矢 島(7コ)
県南地区
 横手城南 4- 3 羽 後
 横 手 10- 4 大農太田
 角 館 19- 3 増 田(5コ)
 湯 沢 13- 2 六 郷(6コ)
 雄物川  6- 6 大曲農

 それぞれのチーム状態に合わせて小手調べ的?な各地区リーグ戦は終了。本番の各地区大会の抽選会がおこなわれる。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR