スタートはここから


キクザキイチゲ

 午後、日差しのあるうちに家に到着。道路脇を見たら太陽に向かって紫の花を精一杯開いているキクザキイチゲがあった。この健気さは孫娘とわが両親に甘える時に「抱っこして」と両手を出すのに似ている。いつもよりも咲いたのは遅くなった。


55003

 こどもの日です。今日からめでたく高校野球の地区大会が始まった。まずは何と言っても修英高校対羽後高校戦を観なければと思いスタジアムよこてに行った。

 油断をしてしまい試合開始時間を9時半と思って向かったら球場に着いた途端に試合が始まった。アレッと思いプログラムを見たら9時プレーボールだった。一緒に試合を観ようと思っていた人に申し訳ないことをしたぞ。
「まったくガセネタを教えて・・・」
と、ちょっと怒られてしまった。ごめんなさい。

 さて、試合は羽後高校の一方的な展開。羽後高校はとても打撃が良い。カンカンカンカン打ちまくる。1回と2回は連続で打者一巡をする猛攻だった。

 修英高校のスターティングメンバーは1年生が7人入っている。本当にチームがスタートしたばかりである。1回、2回と緊張の中で試合は進んでいる。
 残念ながら今の段階ではいろいろな場面でパワー不足は否めない。それでも3回と4回にはスコアボードに0を刻んだ。これはとても大切な出来事だと思う。0を積み重ねてゆくことに徹すれば最終的には勝利が近づいてくる。何十点取られようが1イニングを無得点に抑える意義は大きい。
 そして、公式戦で1点を挙げたのも意味がある。無得点でないことは次の試合に向けての励みになると思う。
 いずれにしてもほとんどの選手たちが中学校を卒業してまだ2ヶ月未満。体力もパワーも高校生の状態にはなっていない。しかし、一挙手一投足を真剣に取り組もうとする態度。凡打でも全力で走ろうとする気持ちなどが伝わってきた。
 これから夏の大会までの2ヶ月で大きく成長することを期待したい。良い試合を見せてもらった。

そうそうイニングスコアは下の通りである。
羽後 55003 13
修英 10000  1
5回コールドゲーム。始まりはここから。


大本営発表

 我が軍は連戦連勝である。兵隊の士気も高い。
 太平洋戦争中に大本営が発表したウソの情報である。その時、日本は連戦連敗状態だった。しかし、情報統制をし国民を欺し続けていた。
 福島第一原発の事故も似たような状態。最近、ようやく公開することにした放射能汚染広がりの予測地図SPEEDI(スピーディー)とかいうデータを隠していた。理由の一つは公開することによって放射能汚染可能地域にムダな混乱を起こさないためとのこと。
 しかし、SPEEDIの予想通りに放射能汚染は広がったようだ。まったくなぁ。こうなれば原発事故が起きてすぐにアメリカの発表した放射能汚染危険地帯80匏正しかったということになる。

 こんな状態になっても原発是か非かの世論調査をすると必要とする割合が50パーセント以上いると報じられている。やはり、日本人はどこか能天気であるかもしれない。もちろんボク自身も含めてですけれど・・・。嫌ですねぇ。


高校野球地区大会の結果(5月5日実施)

 県南地区
  1回戦
   増 田-大農太田
   羽 後 13- 1 修 英(5コ)
  2回戦
   角 館  7- 0 西仙北(8コ)
   大曲農 6- 5 雄物川
   横 手14 - 0 雄 勝
   大 曲 6- 1 六 郷
 中央地区
  1回戦
   秋田南  3- 2 中 央
   西 目  8- 4 由 利
   男鹿工13- 8 矢 島
  2回戦
   明 桜  5- 0 秋田西
   金足農  8- 3 男鹿海洋 



雄物川高校対大曲農業高校の試合も観戦。熱戦だった。雄物川チームの健闘はなかなかのもの。取り組んでいることは着実に実を結びつつある。あと一歩だと思った。
久しぶりに屋外に4時間ほど出ていた。春とは言え紫外線は強い。顔の皮膚が真っ赤になり何となく顔全体ががボーッと熱い。
写真は上がグリーンスタジアムよこて。下が大曲球場。

   パラパラの桜眺めてあの人は「中条きよしにやられましたよ」
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR