希望の挙式


おめでとう!

 「大震災が起きて結婚式を取りやめようかと思った」
新郎の父はお礼の言葉の中で参加の人たちに語りかけた。結婚披露宴おひらき間近の時だ。
 しかし、今の時期だからこそ結婚式をあげても良いのではと新郎の父は郷里の大先輩の声に背中を押されて披露宴を挙行することにしたと話した。
 その後の新郎慶紀君のあいさつがよかった。型どおりのあいさつに続けて
「(新婦瑞穂さん)の誕生日に入籍しようと思いました。しかし、その時に大震災が起きて少し遅れて入籍をしました。かえってそれが忘れ得ぬ思い出となるかと思います」
さらに新郎新婦の両親に謝意を述べた。淡々とそして心からの思いを込もった話だったので参加者は涙を流す人が多かった。何を隠そうボクもその中の一人である。

 今日、ボクの友人である本店の社長の息子さん慶紀君と瑞穂さんの結婚披露宴が大曲の山の手ホテルで挙行された。とても素敵な披露宴だった。

 慶紀君は消防士である。この大震災では岩手や宮城に被災地の支援のために緊急派遣される可能性もあった。だから披露宴の実施には悩んだと言うのだ。

 本店の社長の郷里の大先輩は秋田県知事の佐竹敬久さんである。今の時期だから披露宴をやったら良いのではと話して下さったとのこと。知事は出席予定でいたが予期せぬ病気療養のために出席できなくなってしまった。そのために急遽佐竹知事の奥様が出席なさった。
 奥様のあいさつに続いて知事からテープによるお祝いのメッセージが届いているということで会場に流された。元気な声だったなぁ。

 今日の披露宴が開催されたことでボクは会場に吹く温かな空気を感じた。

 その一つは明るい話題を皆が待っていたこと。そして、新しい家族が誕生したことによる希望が見えたことに対して喜びと希望を共有している空気感だ。
 だから、新郎の父である本店の社長と慶紀君が披露宴をやろうと決断したことは大正解だったと心から思う。

 おめでとう!慶紀君と瑞穂さん、末永く幸せに。

   おめでとう二人の門出喜びと希望に満ちる山の手ホテル

 なお、本日ブログ掲載の写真はお二人に許可をもらっています。


高校野球地区大会結果(4日目)

県南地区
 準決勝
  角 館  4- 3 城 南(延長11回)
 代表決定戦
  横 手  1- 0 清 陵
中央地区
 代表決定戦
  明 桜  7- 5 由利工
  西 目  8- 7 秋田工
抽選の結果、西目は第5、明桜は第6代表に。
県北地区
 準決勝
  鳳 鳴 2- 2 秋田北鷹(延長15回再試合)
  能代商 4- 2 能 代
 第5代表決定1回戦
  大館国際12-10能代工
  十和田  4- 2 花輪

雨や雷のために残りの試合と引き分け再試合は明日実施されるとのことです。


以上、本日のブログはこれにて終了です。良い結婚式でしたので酔っ払っています。 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR