子どもの屁理屈?


菜の花科
 今の時期は、黄色の花がめだつ。とても心和やかになる。そして妙にウキウキとする。

 川の土手に生えている菜の花科の黄色い花の根には小さな固まりがついている。これを我が村では『ノラカブ(野良カブ)』と言ってる。小さな株状だからだと思う。
 これを薄く細く切ってサッと茹でて素速く冷却。冷却したゆで汁と千切りにした根の株にうっすらと塩味をつけてすまし汁にする。

 これをスイッと飲むのだ。すると清涼な辛味が口の中に広がる。南外村の春の楽しみなのである。
 毎年、春先になればボクの弟分である(と、勝手に思っている)K君の家で一杯飲みながら良くごちそうになった。いつだったか一緒に野良株を採取に行った。その後、聞いたとおりにボクがノラ株汁を作ると全く辛味は出なかった。秘伝があるのだろう。そんなことを思い出す黄色の花だ。

   清涼な辛みにクシャミ一つして春を味わう村のノラ株


首長は難しいけれど・・・

 先日、浜岡原発停止の要請が出た時の首長たちの反応がおもしろい。と、言うよりもレベルが低いなぁと思っている。

 まずは静岡県知事。彼の反応はとても良い。言葉が「この要請は英断だと考える」と発言。このくらいの見識が欲しい。レベルが高い。

 そして、浜岡原発の現場である御前崎市の市長の発言。

「原発が危険だという認識だったら、浜岡原発だけでなく全国の原発に対して停止要請をだしてもらいたい」

ボクはこの内容を聞いて、アレッこれはどこかで聞いたことがあるなぁと思った。それもしょっちゅう聞いてきた感じがした。

 パッと思い出したのが過去に生徒諸君に注意した時の彼ら(彼女ら)の反応である。例えば整容面でズボンを腰パン状態になっていたヤンチャ坊主がいた。

「○○君。そのズボンからツンパの見えるように下げないで」
「エーッ、だって皆がやってるんすよ」
「いや、今は君の状態が悪いから言ってるけど。ちゃんと履いてくれない」
「・・・・」

まぁ、こんな感じですね。どうして自分だけが注意されるのか。もっと他に悪い奴がいるんだべ。そんな抗議をしているのだ。感覚は『赤信号、皆で渡れば怖くない』なのだ。

 そんな子どもの理屈で御前崎の市長は乗り切ろうとしているのだとボクは感じた。もしもボクが御前崎の市長だったら次のように話す。

「今すぐ地震や津波がくるわけではない。町の活性化や経済のために絶対に必要だ。そのために誘致している。浜岡原発はとめないでくれ。とめるならば抗議のために私は市長を辞める」

この程度の意気込みは欲しいのだが・・・・。


高校野球地区大会(5日目)の結果
県南地区

 準決勝
  大曲工 5- 1 大 曲
 県大会出場校決定戦
  湯 沢 5- 1 大曲農

中央地区
 準決勝
  本 荘  5- 1 秋田商
  秋 田  5- 3 金足農
県北地区
 準決勝再試合
  鳳 鳴  5- 2 秋田北鷹



と、言うわけで本日は秋田市にちょっと出て孫娘とわに会えた。良かった良かった。これにて本日は軽く一杯飲んでブログ終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR