柳家三三。なかなかいいです


秋田らくご寄席

 1枚のパンレットがある。そこには『県内初!ついに「月例」落語公演が実現』として第1回目の『あきた寄席』席亭のあいさつが掲載されている。
 7月、つまり昨夜を第1回目として毎月県民会館小ホール(ジョイナス)を会場にして落語家を招いて寄席を開催することにしたとのこと。

 第1回目は柳家三三。若い落語家の中で古典落語を演じたら一流であると言われている噺家である。柳家小三治の弟子。
 三三の呼び方は「さんざ」。彼は自虐ネタだろうが「ミミ」などと言ってたのだが、とても良い落語家だった。

 昨夜の演し物は「高砂や」「悋気の独楽」「妾馬」の三話。どれも古典落語として有名なものをたっぷりと三席だった。

今日はこれにて生存証明です。詳細また明日。なんと罪な「とわ」よ・・・・
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR