落語『妾馬』


外来の花

 マーガレットという白い花があちこちで満開である。外国から来た花は勢いが強く道端にもたくさん咲いている。一枚写真を撮ろうとしたらハナアブが一匹とまってくれた。

   他国にてマーガレットは繁茂して少し綺麗ね少し迷惑


停電

 この週末は飲んだくれていた。今朝、二日酔いの頭をかかえていると突然たたき起こされた。

「洗濯機の乾燥機を使ったいたら突然電気が消えた」
「・・・」

 ブレーカーを確認したらどれも落ちていない。しかし、家に入ってくる回路の一つが全く動いていない。困った時には仲人と言えば親も同然のjh7uxnに電話。家庭サービスの一日だったようだが、とりあえずかけつけてくれた。さすがに良い男だ。
 業務用のテスターでブレーカー周辺を確認していたら「アレッ」と言う顔である。電柱から配電されているはずの片方の電気が届いていない。おそらく電柱のヒューズが切れている可能性があるとのこと。
 電柱の領域は東北電力とのことで手が出させないらしい。そこで東北電力のコールセンターに電話。とても対応がいい人がでた。状況を話したらすぐに対応する旨を回答してくれた。
 大曲から派遣された人が電柱にスルスルと昇ってゆきヒューズの交換をして無事停電は回復。いろいろと質問したらだいたい次のことがわかった。

 切れていたヒューズは1999年製。切れたのは経年変化もあったのだと思うとのこと。切れた一本の他は大丈夫だったがついでに交換をしてくれた。いろいろあるんですねぇと納得したのである。

 結局、二日酔いは直らず午前中からウダウダと過ごすことに・・・・。


予習しておくべきだった

 柳家三三が『妾馬』を演じたことを昨日書いた。この噺をどこかで聴いたなぁと思ってDVDを探したら発見。昨年WOWOWで放映された『落語家Xの快楽』の中で柳家三三がこの噺をやっていた。オリエンタルラジオの藤森慎吾君に『幇間腹』の稽古をしたあとに師匠が『妾馬』を演じたのである。

 あらためてDVDで聴き直したのだが先日の落語会を思い出す場面が多かった。WOWOWでは時間の関係で噺の半分だけだった。だから生の落語会ではたっぷりと聴くことができた。

 この噺の内容はざっと次のとおり。殿様に見初められて妾になった妹のつるが世継ぎとなる男子を出産。妹のつるが兄の八五郎に会いたいと言うので殿様がお屋敷に八五郎を招待する顛末なのである。殿様ってのは好きな女をどんどん妾にするというまったく話にならない(うらやましい)人種なのだが・・・。            それはともかくとして八五郎が妹と殿様に話しかけた場面に泣けた。

「たとえ世継ぎを産んだとしても偉くなったわけではない。皆に支えられて生きている。だから下の人たちを思いながら暮らしてくれ。
そして、殿様。つるの母が喜んでいました。しかし、身分の違いで孫の顔を見ることもできません。私を招待したように母親も呼んでください。遠くの庭からでもいいので孫とつるを見させてやってください」 

 落語はゲヘゲヘと笑っているだけではない。むしろこんな人情話にジンとくるのが本当かもしれない。と、少し思った。

 ある人が言ってました。コンサートなどに行くときは出演する人のCDを聴いて予習してゆくと楽しみが増えます。
 本当にボクもそう思った。DVDを観て予習してゆけばもっと楽しめたのかもしれない。

 第2回目のあきた落語会は桃月庵白酒である。行きたいなぁ。と思っているのです。それにしても先日秋田で開催される落語会のパンフレットをたくさんもらってきた。これじゃあどんなに落語ファンでも出費が大変だぞ。



昨夜は孫のとわを見に訪れた。活発になったなぁ。ご飯を食べるにも動きが止まりません。目の周りにご飯粒をつけているのである。今日はビールをやめようかどうか考えてる暇はない。プチッと一杯ですね。と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    日本酒は出羽鶴でなきゃダメだよと店先で言い無くて刈穂に
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR