地域ボランティア


河川敷清掃

 朝、6時。楢岡川の河川敷を除草や清掃をする地域のボランティアがあった。
 秋田県付近は今日あたりが夏至の可能性がある。午前4時頃になると夜が明けてしまう。気の早い人は午前4時半頃から作業を始めていたらしい。

 好天に恵まれて作業は順調にはかどった。作業が終わって除草用の刈り払い機のエンジン音が止まったら川の中からはカジカガエルの声が聞こえてきた。生活用水は間違いなく流れ込んでいるのだが川の生命力まだまだ捨てたもんじゃない。と、思った。
 何人かは仕事などで帰られたが参加者で記念写真を撮影した。ブログに掲載してもいいかどうかを尋ねたら皆がOKとのこと。みんな笑顔がいいです。


うらみはありませんが・・・・

 読売Gについて。先日、選手会長である阿部慎之助選手のことを書いた。凡打のあとにバットをグラウンドにたたきつけ、ベンチに帰ってからヘルメットを投げつけたことである。その後、どうにもGの選手たちのマナーが良くない。選手会長の態度に連動しているとしか思えない。

 まずは抑えの投手として頭角を現してきたアルバラデホ選手がリリーフがうまくゆかずベンチに帰ってからタオルを投げつけている写真が日刊スポーツに掲載された。この記事を見ながら

「タオルにあたるなよなぁ」
とつぶやいていたら、我が社のK君が
「スナップがなかなかいいですねぇ」
「・・・・」
「だからボールの質が重いんですよ」

G大好きだから「あばたもえくぼ」なんでしょうねぇ。

 次に東野投手。これは実際にテレビの映像で見た。ロッテとの対戦。8回まで2失点で好投していた。しかし、走者を一塁に出してから一死をとった。その後にリリーフ投手(これがアルバラデホだ)に替えられた。ベンチに帰ってからの態度がいただけない。
 何に対して悔しいのかタオルで顔を拭きながらジーッと前をにらんでいたと思ったら、突然ベンチを蹴り上げた。オイオイ、君は何をやってるんだ。と、ボクはテレビにつぶやく。そんな乱暴なことをしてつま先でもケガしたら今後の投球に差し支えるぞ。と、老婆(爺)心ながら心配しましたねぇ。

 そして、なんとシメは原監督。デイリースポーツ 6月16日(木)9時27分配信の記事に『帽子たたきつけ大荒れ会見』と題して次の記事が掲載された。

『9回2死から逆転され。原監督の怒りが爆発した。九回2死から、痛恨の逆転負け。3連敗で、借金は08年以来となる6。巨人・原監督は顔面を紅潮させ、会見場に現れた。「試合の総括を…」と問われると、机に帽子をたたきつけ「総括なんてできないねえ!3問!質問して!」と、珍しく声を荒らげた』

 悔しさはわかる。負けたんですからねぇ。でも、勝敗だから仕方がない。切り替えるべきなのだ。それを記者にあたっても・・・。

 注目されるチームだからこそ、そのような振る舞いは良くないなぁとボクは思います。今宵は交流戦で西武と対戦する。運良くNHKテレビで中継がおこなわれる。じっくりとビールを飲みながら観戦したい。


今朝、地域ボランティアの作業が終わってから自宅に帰ったら近くの林から珍しい鳥の声が聞こえる。鳥の聞きなし(鳥の鳴き声を日本語にすることです。例えばホトトギスなら「包丁欠けたか」などなど)で
「月日星ほいほいほい」
と聞こえる。
「ムムッこれはサンコウチョウだ」
と思い。鳥の鳴き声を『日本の鳥618』で調べた。すると間違いなくサンコウチョウ。サンコウチョウとは月・日・星の三つを鳴くので「三光鳥」と呼ばれる。鳥の鳴く林は少し離れているので鳥の姿を確認することはできなかった。

   月日星ホイホイホイと鳴く鳥の明るき歌声暗き林に

下の写真は夕方の西道路である。写真の真ん中付近に虹色に輝く雲が見えるはずなのだが残念ながらあまりよく写っていない。でも、マァ記念に1枚。

と、言うわけで本日はこれにてブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR