ネコジャラシ


夕陽の季節

 彼岸が過ぎてこの頃は夕方5時になると夕陽になってしまう。ところで「彼岸」と今ワープロで打って日中に書いた文書に『被岸』と書いてしまったのに気づいた。まったく何をやっているのか・・・。ワープロの弊害です。まぁ、正直に言えばかなり文字を忘れているんでしょうね。明朝、すぐに直しておかなくてはいかんなぁと思っている。
 と、言うわけで最近は夕陽しか見ることがない。それでも夕陽を見ることができるだけ幸せと言えるかもしれない。それだけ好天が続いているのだ。
 今日の写真は夕陽が校舎に反射した場面を撮してみた。


東電には「心」がない

 今朝、ラジオを聴いてたら「アリャリャ」と思った。それは福島第一原発事故の被害を受けた人たちに東電が補償をするときに提出する申請文書についてだった。
 東電が提出をさせようとする申請書には「一度申請したら、あとは異議申し立てをしないこと」の誓約書を提出させることが書かれていたとのこと。誓約書を提出しなければ補償はしないとのこと。

 地震などの対策をとらないで「安全です」と言い続けてきた結果に原発事故は起こった。周辺の被害を受けた人たちに何の落ち度もない。それを想定外という言葉で事故を不可避ととらえて原発の被害を受けた人たちに最低限の補償しかやらない姿勢だろう。こういうのを言葉は悪いが「盗人猛々しい」と言うのではないかと思う。

 この東電の申請書を見て、飯舘村では全国に避難している住民に対して誓約書を簡単には提出しないように文書を送ったとのことだ。飯舘村行政としては住民のために当然のことをやったのである。
 ボクの大学の同級生も「終の棲家」を飯舘村と定めて退職後に移り住んだという。奥さんとともに雄大な山里で順調に生活を営んできた。それが原発事故によって暮らしがめちゃくちゃに壊されてしまった。
 そんな人たちの補償を異議申し立てをしないという一筆で、あとは「無し」にしようとする姿勢がひどい、東電姿勢は間違っている。
 それにしても政府も東電がこんな誓約書の提出を義務づけたことに何も反応していないようだ。ここには国や大企業は市井にに住む人々のことは考えないのだろうとしか思えない。まぁ、二人三脚だから仕方がないのかもしれないが・・・・。

 今日のニュースを見ると東電では7400人のリストラをするとのこと。今度は社員のことまで切り捨てる気なんだろう。暗たんたる気持ちになる。



我が家のとわちゃん。外によちよち歩きで出ると「ネコジャラシ」を欲しがる。1本、採って持たせると右手に持って歩く。クモの巣があればクモをチョンチョンと突く道具にする。なかなかに頭が良い。

   とわちゃんの大好きなものネコジャラシ蜘蛛の巣ちょいとつついてニコリ

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR