三遊亭遊雀


月例あきた寄席

 毎月開催されている例会も10月で5回目になるとのこと。3~4回目つまり8月と9月の例会には行けなかった。今月は時間がとれたので三遊亭遊雀の落語を聞くことが出来た。

 三遊亭遊雀。調べてみたらもともとは柳家権太楼の一門で柳家三太楼として真打ちになった。ところが5年ほど前に突然破門されて路頭に迷うことに。そこを三遊亭小遊三が彼の才能を惜しんで拾ってくれた三遊亭遊雀として再デビューしたとのこと。
 先日のブログにも書いたが、この落語会で一番前の席に陣取ったボクは突然咳き込んだしまった。すると、遊雀師匠が「ダンナ大丈夫ですか」と高座から声をかけてくれた。
 ところが、一席話し終えて、高座にそのまま残り二席目を演じようとしたときに遊雀師匠が突然咳き込み始めた。「ダンナの咳がうつったんでしょうかねぇ?」と言いながら楽屋からペットボトルのお茶をもらい咳を鎮めた。中途半端なカゼで迷惑をかけてしまったのです。

 さて、遊雀師匠の落語会。
 一席目は「熊の皮」。オッカアの尻に敷かれているお父さん。お赤飯をいただいたのでダンナの所にあいさつに行かされた。その時の口上をオッカアが教えるのだが間抜けなお父さんは憶えきれない。オッカアは最低でもこの御礼は
「私がよろしくとお伝えるんだよっ。もし、忘れたら承知しないからねっ」
と、念押しをされる。
「もし、忘れたらあんたのスネの毛を引っ張って思い出しなさい」
ダンナの家にやってきたお父さん。いろいろとドタバタあったが彼が敷いている熊の皮を触って大事なことを思い出した。
「アー、うちのオッカアがよろしくと言ってました」
お父さんは間抜けではない正直な人です。オッカアは怖いですね。まさに「おっかない」です。

 二席目は「宿屋の富」。
 金を持たない男がさびれた宿にやってきて大金持ちだと大ボラを吹く。その話を宿屋の主人はすっかり信用してしまった。そして宿屋の主人がアルバイトで商っている富くじ(今の宝くじ)が1枚残っているので一分で買ってくれと男に頼む。男はなけなしの一分を出してその富くじを買わざるをえなくなった。しかも、どうせ当たりっこないからと、もしも当たった場合は千両の半分五百両を宿屋の主人にプレゼントすると約束。これで本当の一文無しになってしまった。
 次の日、富くじの抽選会。なんと一文無しの男の持っている富くじが千両に当たる。急に半分の五百両をプレゼントすることを思い出し惜しくなる。ところが販売した人と換金に行かないと賞金はもらえない。慌てた男は宿に帰り布団に潜り込んでしまう・・・・。
 本当にうらやましい話である。ボクも毎回のようにジャンボやら年末やらを買っているが当たるのは300円也。 これじゃあ落語で憂さを晴らすしかありません。

 中入りを挟んで三席目は「明烏(あけがらす)」。
 大店には遊びをまったく知らない超真面目のお坊ちゃんがいる。そこに町の遊び人二人が吉原に誘うことになった。この誘いには大店の坊ちゃんの親父さんも応援している。だが、吉原だと知ると坊ちゃんは逃げ帰ってしまうかもしれない。そこで御利益のある神社にお参りに行くと一計を案じる。その後はいろいろなドタバタがあり烏「カー」と鳴いて一夜明けると・・・・。
 ウーム。落語は人間の業を言い当てていますねぇ。と少しかっこいいコメントをボクは残しておこう。

 三遊亭遊雀なかなか良い落語家です。その後、調べたら三太楼時代『オール・フライト・ニッポン』と言う本を出していた。中古のネットで80円也で売られていた。送料が240円と間抜けな値段だがポチッとしたら届いた。内容を見ると柳家権太楼の弟子の柳家三太楼(現・遊雀)と柳家小三治の弟子柳家三之助二人が現役パイロットや航空整備士を招いて飛行機について語り尽くしている。遊雀は飛行機オタクでもあったのです。



今朝、寒い中で起き出したとわちゃん。例によって目と目がカチンと火花を飛ばした。彼女は寄ってくるのである。そして、目配せで外出命令を出す。家来のボクは家を1周する。
すると緑色のイナゴが1匹。寒いので動けないでいた。イナゴをつまんで手のひらに乗せていたらボクの体温が伝わって元気が出てきた。とわちゃんもおそるおそる手を出してきたらイナゴはピョンと飛び去った。彼女もオッと手を引っ込めたのだがイナゴは消えてしまった。手のひらを見たら茶色のイナゴの糞(?)が残っていた。外出前のとわちゃんの写真です。

    とわちゃんは蜘蛛が大好き一歳は四十億年心の宇宙

これにて本日のブログは終了です。
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR