作る楽しみ


ガムテープバッグ講習会

 今日は朝から秋田市イヤタカ会館に。
 近畿大学豊岡短期大学通信教育部同窓会秋田県支部に招かれガムテープバッグの製作講習会の講師だった。なお、この同窓会の名称は「豊梅会」である。

 参加の方々は同窓会の案内が届いた時「ガムテープバッグ製作」とあったので茶色の荷造り用ガムテープでどんなバッグができるのか不思議だったとのこと。

 ガムテープバッグは作り方の基本だけ覚えるとアイディアとセンス次第でいろいろなバッグを作ることができる。ボクは作り方は知っているがセンスがないのでカッコいいのはできない。それは勘弁してもらい作り方の基本を話した。

 ビリビリとガムテープをはがす時にストレス解消になる。こんな話をしたら参加者の方たちはピリピリとガムテープをはがすとペタペタと手に引っ付く。

「アヤーッ作っている間になんだかストレスになる」

と、言う声も聞こえてきた。 最初はそうなんです。正直な感想です。

 製作を始めてから小一時間経過。その頃には一人一人が色とりどりで個性あふれるバッグができあがった。完成した時に作った人たちの笑顔がとても輝いて見えた。 もうすでにストレスはなくなったかもしれない。

 ガムテープバッグを作るメリットは色々ある。まずは適当な大きさの空き箱さえあればハサミも要らない。ただテープをビリッビリッと引き裂くだけでできあがる。 ガムテープをピリッビリッと引きちぎる音で作りながらストレスの解消の効能もあるとボクは睨んでいるのだ。さらに世界に一つだけのバッグが出来上がる。

 物を作る楽しさ。できあがった時の充実感などなかなかに奥深い。良かったよかった。

 記念写真を撮影したあとに「プログに掲載してもOK」の許可を得たので皆でバッグを持っている写真です。写真をクリックすると少し拡大になります。
 どうですか色とりどりのそれぞれ工夫したバッグが出来上がっているでしょう。あとは参加者の方たちが自宅ででも作ってくれたらいいなぁと思います。
 世界に一つだけのオリジナルバッグ。ぜひとも楽しんでくださったらありがたいですねぇ。

 いろいろとありがとうございました。

    赤青のガムテープ巻きできあがるバッグは世界に唯一のもの


我が家のとわちゃん。とにかく蜘蛛が好きである。蜘蛛の巣を発見すると高いところでも上を見上げて喜びである。目の付け所が違うのだろうなぁ。いいぞ!とわちゃん。とわちゃんのお父さんは今晩短信赴任地に帰っていった。次に帰った時にお父さんを忘れてなければいいのだが・・・・。
そうそう、秋田に行ったついでにアトリオン開催されている『第44回秋田県高等学校総合美術展』も見てきた。絵、デザイン、彫刻など展示されていた。なかなかに楽しめたのは言うまでもない。具体的な感想が無くてすみません。
と、言うわけで本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR