日頃の生活が全てに通じる


少し冬型

 写真はトイカメラで撮ったスーパーセンター「トラスト」の上空。今日は日中少し晴れ上がり気温も昨日よりも少し上がった。それでも例年程度8℃前後だった。
 少々、鼻カゼ気味で鼻水ズルズルと出てちょっと苦しい。体調を当たり前に管理できなければいかんなぁ。


『砂の栄冠』

 最近、読んだコミック『砂の栄冠』(すなのえいかん)はなかなかに面白い。三田紀房著である。三田紀房と言えば『クロカン』『甲子園に行こう』『ドラゴン桜』などが知られている。『ドラゴン桜』は受験物らしいのでこちらはまったく興味がない。『クロカン』『甲子園に行こう』の2シリーズの高校野球コミックは間違いなく良い。三田紀房の作品はそれぞれ視点が違う。『クロカン』は監督の視点。『甲子園に行こう』は投手の視点。今回の『砂の栄冠』は投手の視点だが金銭がからんだりして少し趣が違っている。次のような話からスタートする。。
「埼玉県内の公立高校。創立100周年を迎えた年、野球部は夏の県大会で決勝まで勝ち進む。 しかし浦和秀学に逆転負けを許し、あと一歩で甲子園出場を逃した。 夏の大会で戦ったメンバーは3年生中心であり 新チームの戦力はキャプテンの七嶋以外は実力では相当落ちてしまい秋の大会は難しいと言われている」
 さて、そこからキャプテン七嶋の「目」を通した監督の姿、チームの姿、勝利への道のりなどが描かれていく。グイグイと面白いのである。今のところ第6巻まで発行されているのだが次号の発売が待ち遠しい。『週刊ヤングマガジン』に連載されているようだ。しかし、ボクは基本的には単行本化されてから見ることにしている。
 さて、本日の本題はこのコミックの巻末に連載されいる4ページの巻末企画「甲子園研究所」である。そのラインナップは次の通り。

 第1巻 もっともかかるのが遠征費
 第2巻 観る以上の存在!!それが甲子園の客
 第3巻 一番最初にできること。挨拶は明るく正しく!!
 第4巻 「極細眉毛」その真実にとことん迫る!!
      「極細眉毛」には指導者も手を焼いている!!
 第5巻 スカウティングが支えている強豪私立の絢爛スタメン!!
 第6巻 ヤツらは公立を舐めている!だが弱点はそこにこそあるのだ!
      弱者の戦法で、エリートの常識をぶっ壊した先に、勝利は待っている!!

と、まぁこんな感じである。この中で「極細眉毛」はなかなかに鋭い考察。この「甲子園研究所」の所長がスポーツジャーナリストの田尻賢誉氏(通称タジケン)である。だから極細眉毛などについては厳しい見方をしている。
 田尻氏は高校野球において極細眉毛は「百害あって一利なし」と断言する。ボクも常にそう考えている。以前このブログにも書いた「高野連で異例の通達」は反古になっているとも断言している。それだけ氏指導者は手を焼いている。もちろん帽子のツバの形についても全く話にならないと言う。

 簡単なこと。当たり前のことを当たり前に。日頃の生活を普通にしっかりと送れるかどうか。そこに弱者が勝つか負けるかの大きなポイントがある。ボクは睨んでいるのだが・・・。いずれにしても『砂の栄冠』の続刊は楽しみである。そして、田尻氏の著書である『高校野球 弱者の戦法~強豪校に勝つために』を購入することにした。

 ところで話変わって男子バレーボールのワールドカップでアルゼンチン戦とキューバ戦をチラッチラッと観ていた。正直言って驚いた。先日、全日本男子バレーボール監督の講話を聞いた時に選手の茶髪やピアスなどはなくなった、だから前回の北京五輪にも何大会かぶりに出場できた。と自信をもって話してくれた。当然、眉毛なども日本男子の見本になっているのかなぁと期待していた。
 ところが・・・。アリャリャりゃちょっと変です。どうももあの眉毛のために最後の1点が奪えない。あるいは球際が弱くなってしまう。最終セットを落とすのかもしれない。こんな感じをボクは受けたのである。あくまでも対戦相手が強すぎて実力で負けているのなら仕方がない。でも、あれだけの善戦をしているからこそ試合を落とすのはもったいない。つまり、全日本男子バレーボールもまだまだ発展途上なのかもしれない。 もっともボクだけの一方的な妄想かもしれませんが・・・。
 
 あらためて結論は日頃の生活がすべてに通じるってことなんでしょう。ボクも反省しなければ。



我が家のとわちゃん。このところ母乳から離されているので少々ご機嫌斜め。それでもかなり慣れてきたようで落ち着いてきた。なななんと今朝は「とわちゃんタッチ」と言うと小さな手でハイタッチをしてくれたのです。それが素晴らしくパチーンと乾いた音でタイミングバッチリ。なんとメンコイこと・・・。ガンバレとわちゃん。

  若ければ手を洗わずにいますけど孫とタッチの手のぬくもりを
   
これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR